Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「惡の華」のトークイベント付き試写会の様子。左から井口昇、押見修造。

「惡の華」を原作者・押見修造が絶賛、玉城ティナ演じる仲村に「恋をしてしまった」

ナタリー

19/7/31(水) 11:50

「惡の華」のトークイベント付き試写会が7月30日に東京・秋葉原で行われ、監督の井口昇と原作者の押見修造が登壇した。

押見の同名マンガをもとにした本作は、内向的な文学少年・春日高男と、彼につきまとうクラスの変わり者・仲村佐和の奇妙な“共犯関係”を描く物語。春日を伊藤健太郎、仲村を玉城ティナが演じた。

25組50名の枠に、およそ1500通の応募があったというこの試写会。観客と一緒に改めて映画を鑑賞した押見は「また泣いてしまいました。教室をめちゃくちゃにするところとか、夏祭りのところとか……」と具体的にシーンを挙げていく。井口が「初めて映画を観たとき、開口一番『仲村さん、完璧です!』とおっしゃってくださいましたよね」と振ると、押見は「仲村さんに恋をしてしまいましたよ」と笑った。

映画の春日について、井口は不安げに「中学生に見えました?」と質問。「中学生にしては身長が高いし、(伊藤は)意外と筋肉があるので……。でも、あれでも相当落としてもらったんです」と続ける。これに押見は「あれは春日のセルフイメージだと捉えました。春日自身は、自分はあれくらいだと思ってるんじゃないかと」と返し、「ナルシスト春日。自分はその感じがしっくりきました」と述べた。

また押見は、佐伯奈々子役の秋田汐梨を「目の演技がすごい。秘密基地のシーンとか、目のスイッチが入るときがあって」と称賛。飯豊まりえ演じる常磐文については「出てくるだけで救われる気がする」「本棚を見られるところがすごくかわいかったです」と語った。

井口は「キャストを公開したとき、仲村さん役が玉城ティナさんだと、かわいすぎるんじゃないかと言われたんです」と述懐。「『仲村さんはかわいくていいか問題』と呼んでるんですが、どう思いますか?」という井口の問いかけに、押見は「かわいくていいに決まってるじゃないですか!」と断言し「“かわいい”にもいろいろありますけど、そういうことをぶっちぎって、仲村さんが一番かわいい。こんなにかわいい人、好きにならざるを得ないだろうと思っていたので、そりゃかわいいですよ」と「かわいい」を連発した。

最後に押見は観客に向けて「『マンガもいいけど、映画もすごいぜ』と太鼓判を押してくれたら、この映画のファンの1人としてうれしいです」とアピール。井口は「なるべく原作に忠実にしたいと思って作りました。いろんなことが起こっている世の中ですけど、生きづらいと感じている人たちをこの映画で救えたらいいなと思っています」と話してイベントを締めくくった。

「惡の華」は9月27日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

(c)押見修造/講談社 (c)2019 映画『惡の華』製作委員会

アプリで読む