Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「新宿タイガー」ポスタービジュアル

新宿タイガーは何者?本人や関係者インタビュー交えたドキュメンタリー公開

ナタリー

18/12/20(木) 9:00

東京・新宿周辺に出没する新聞配達員、通称・新宿タイガーを追ったドキュメンタリー「新宿タイガー」が、3月22日より公開となる。

虎のお面を着け派手な格好をして、新宿で40年以上にわたり新聞配達をしている新宿タイガー。本作では新宿タイガーをポスターに起用したタワーレコード新宿店の関係者、ゴールデン街の店主たちなどへのインタビューを通じ、撮影当時69歳だった彼のお面の裏に隠された意図に迫る。寺島しのぶがナレーションを担当し、八嶋智人、渋川清彦、睡蓮みどり、井口昇、久保新二らが出演者に名を連ねた。

監督、撮影、編集を兼任したのは「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」の佐藤慶紀。本作について「編集を終えたエンディングシーンは、全く予想していなかったものとなりました。それは、ささやかな『愛』の物語としてのエンディングです」とコメントしている。YouTubeでは特報映像が公開中だ。

「新宿タイガー」は東京・テアトル新宿でレイトショー公開。全国でも順次ロードショーとなる。

佐藤慶紀 コメント

撮影時、タイガーさんは69歳でした。ぜひ本作では、新宿に生きる団塊の世代の1人の人間の生き方を観て頂きたいです。そして、編集を終えたエンディングシーンは、全く予想していなかったものとなりました。それは、ささやかな「愛」の物語としてのエンディングです。撮影素材を何回も見ている内に、物語を紡がずにはいられなくなってしまいました。テアトル新宿でご鑑賞後は、タイガーさんが今も暮らす新宿の空気を存分に浴びながら、余韻に浸って貰えたらうれしいです。

(c)「新宿タイガー」の映画を作る会

アプリで読む