Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第76回ヴェネツィア国際映画祭レッドカーペットでの様子。左からリヴ・タイラー、ジェームズ・グレイ、ルース・ネッガ、ブラッド・ピット。

ブラッド・ピット「アド・アストラ」の出来に自信、ヴェネツィア映画祭で上映

ナタリー

19/8/30(金) 16:46

「アド・アストラ」が現地時間8月29日に、第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で上映され、キャストのブラッド・ピット、リヴ・タイラー、ルース・ネッガ、監督を務めたジェームズ・グレイがレッドカーペットセレモニーと記者会見に登場した。

本作は、宇宙飛行士ロイ・マクブライドと彼の父親を軸にしたスペースアドベンチャー。太陽系の彼方で行方不明になった父が生きていることを知らされたロイが、宇宙へと旅立つさまが描かれる。

主人公・ロイ役と製作を兼任したピットは「本作はこれまで自分が手がけてきた中でも、もっともチャレンジングな作品だったと言わざるを得ません。3年前、監督と最初に本作について語った方向性そのままの作品ができあがり、大変満足のいく出来となりました」と自信を見せる。ロイのパートナーであるイヴを演じたタイラーは「私のキャラクターはロイの記憶や夢の中で登場するの。そしてこの物語はロイと父との関係が多く描かれているわ」と語った。

「それでも夜は明ける」「ムーンライト」などで知られるプランBエンタテインメントが製作した「アド・アストラ」は、9月20日より全国で公開。

※記事初出時、イベント開催日時に誤りがありました。お詫びして訂正いたします

(c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

アプリで読む