Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

重岡大毅が多部未華子にプロポーズ 『これは経費で落ちません!』最終回を前に経理部に波乱

リアルサウンド

19/9/21(土) 6:10

 多部未華子が主演を務めるオフィスドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合/毎週金曜22時)。青木祐子氏の同名小説シリーズが原作で、領収書や請求書を通じて見えてくる思わぬ人間模様がコミカルに描かれている。第9話は「水曜日の領収書の巻」。今回は色んな人物の様々な思惑が錯綜する、波乱の展開だった。

参考:多部未華子、吉高由里子の主演作が高評価 2019年のお仕事ドラマに現れた“ルール遵守”のヒロイン

 冒頭、森若さん(多部未華子)と山田太陽(重岡大毅)の浴衣デートのほのぼのとした微笑ましいシーンから始まる。その裏で、天天コーポレーションの公表前の売上データが情報漏洩するという非常事態が起きていた。そもそも売上データにアクセスできるのは管理職か経理部の人間に限られている中で、なんと森若さんのパスワードが使われた履歴が残っていたのだ。

 これを受けて経営のスリム化を図る専務の円城(橋本淳)は、経理部のアウトソーシング化を本格的に検討し始めるという。

 そんな折、共有システムのメンテナンスの更新履歴から秘書の有本マリナ(ベッキー)が怪しい動きをしていることが浮上。森若さんの無実を証明しようと意気込む麻吹美華(江口のりこ)と佐々木真夕(伊藤沙莉)によって、有本マリナが提出した領収書の接待場所である六本木のクラブで、彼女がホステスとして副業していることを突き止める。

 有本のホステスのシフトが入っている水曜日に必ず早めに退社する営業部長の吉村(角田晃広)、総務部長の新島(モロ師岡)。空接待を疑った経理部女子3人は現場であるクラブに、刺客を送り込み潜入調査を敢行する。

 そこには競合会社の執行役員と企業売買コンサルタントと一緒に談笑する部長たちの姿があった。天天コーポレーションの急激に下降している売上データが出回れば株価も急落、そこで今勢いのある競合会社に買収を持ちかける、というシナリオを描いているらしい。どうやら専務の急速な社内変革を面白く思わない管理職たちが結託して良からぬことを考えているようである。何より経理部3人が目を疑ったのは、その場にもう1人、まさに経理部長の新発田(吹越満)も居合わせていたことだ。

 これまでになく、売上データの流出、森若さんへの濡れ衣、空接待疑惑、そして買収談合と1話内には収まりきらないほどトラブルに見舞われ続け、不穏な流れが加速する中、専務側にも考えがあるようだ。

 専務は、経理部の勇さん(平山浩行)と太陽を、香港の急成長している会社に出向させ、若手育成を考えていると本人たちに伝える。これを勇さんは「チャンスと捉えている」と言う。勇さんと言えば広報部の皆瀬さん(片瀬那奈)との関係も気になるところだが、彼女の魂胆も明らかになった。専務から一目置かれている勇さんを通して、自分のことを彼に売り込みたいようだ。

 また、これまでも本心が見えてこなかった山崎(桐山蓮)だが、有本と接触していた終盤のやり取りでは何を企んでいるのか、ますます捉えどころのないキャラクターが浮かび上がっていた。彼は森若さんにとって敵なのか、味方なのか。

 ラストシーンではまさかの太陽が森若さんにプロポーズ。気になる森若さんの返事は? 次回いよいよ最終回を迎える本作、経理部存続の前に、天天コーポレーション自体の行く末は? 第9話で一気に明るみになったそれぞれの思惑がどう収束していくのか。同じ方向を向いているかに見えた経理部は空中分解してしまうのか。クライマックスも大いに期待できそうだ。

■楳田 佳香
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで2018年の劇場鑑賞映画本数は96本。

アプリで読む