Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

清原果耶、『なつぞら』再登場で迫真の演技 17歳とは思えない母親役

リアルサウンド

19/9/16(月) 12:00

 ついになつ(広瀬すず)が生き別れた妹・千遥(清原果耶)と再会を果たした。

 マコプロダクションを訪れた『なつぞら』(NHK総合)第25週初日で千遥はアニメ『大草原の少女ソラ』の大ファンだという千夏(粟野咲莉)の笑顔をみて、何かに気づいたなつ。なつに声をかけられ、振り向いた千遥は顔を強張らせたままだ。「千遥だよね。わたしが分かる?」と千遥に歩み寄るなつ。ゆっくりとうなづいた千遥に、なつは感極まって涙した。

【写真】『なつぞら』の子供の頃の千遥(清原果耶)登場シーン

 清原演じる千遥がはじめて登場したのは第79話。北海道にやってきた千遥は、なつの妹だと察した富士子(松嶋菜々子)によって迎え入れられた。なつと咲太郎(岡田将生)とは電話口で“再会”したが、千遥は彼らを待たずに姿を消した。結婚を控えていた千遥は、先方に戦争孤児であることを知られないようにする必要があった。再会してしまえば別れられなくなると感じ、「会わない」決断を下した千遥。

 清原はインタビューにて、なつに会いに行こうとした千遥の思いを「再会できた時の嬉しい感情を求めるためにだけ行ったわけではないんだろうなと思っていました」と答えていた。また現場では、再会のリアリティを出すために、なつと咲太郎演じる広瀬と岡田に会わないようスタッフが配慮していたという。

 再会した千遥となつの間には確かに距離があった。涙を流し、再会を心の底から喜ぶなつとは対照的に、千遥は表情を崩さない。なつと頑なに目を合わせず、敬語で話す表情からは、やはり突然の再会に動揺を隠せない様子が伺えた。だが、娘の千夏から「さっきの人(なつ)、お母さんのお友達?」と聞かれると、千遥は笑顔を見せる。千遥にとってもなつとの再会は、心底、嬉しいことだったのだ。

 再会を喜ぶ一方で、なつの「どうして千遥は今になって会ってくれる気になったんだろう」と同じ疑問が浮かぶ。どうやら千遥は何らかの理由で夫と別れ、今の場所を離れなければならないようだ。「ごめんねお母さん、ちゃんと千夏に家族を作ってあげられなくて」と涙を滲ませる千遥。17歳の清原が演じているとは想像もつかない母親としての娘を見る姿だった。『なつぞら』に再び登場を果たした清原が、母としてさらに磨きがかかった演技を見せてくれそうだ。

(片山香帆)

アプリで読む