Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

かが屋ファン納言・幸の母、コウテイ下田の祖母ら応援「チャップリン」決戦明日

ナタリー

19/12/17(火) 15:03

かが屋を応援する納言・薄幸の母(左)、薄幸(中央)、プラス・マイナスを応援するプラス・マイナス兼光の父(右)。

明日12月18日(水)、「そろそろ にちようチャップリン」(テレビ東京系)で展開されている「お笑い統一王座GP」のグランドチャンピオン大会がオンエアされる。

今年7月にスタートした「お笑い統一王座GP」では11回の予選が実施され、各予選を勝ち上がったからし蓮根、プラス・マイナス、ネルソンズ、かが屋、ジェラードン、たくろう、アインシュタイン、しゃもじ、ラフレクラン、しずる、コウテイと、敗者復活戦を制したGパンパンダがグランドチャンピオン大会に集結。Aブロック、Bブロックに分かれて1本目のネタを披露し、もっとも得点の高かった各ブロックのトップが最終決戦で争う。

内村光良をはじめとするMC陣に加え、各芸人の応援団も観覧席に。かが屋の大ファンという納言・幸の母は「どのネタもそうですが、2人とも無言の中でも表情で伝わってくる」とうっすら涙を浮かべ、付き添いの幸は「こんなところで親の涙を見られるとは」と苦笑い。さらに母はネタが始まる前の暗転中にかが屋が客席に向けて深々お辞儀する姿にキュンとしたと細かなところにまで目を配る。

しゃもじには、沖縄で暮らすたーにーの子供からビデオメッセージが到着。コウテイ下田の祖母から届いた手紙が代読された場面では、スタジオが感動に包まれる一方で、祖母から「真面目」「優しい」と表現された下田が「全然真面目じゃない」と反発してみせる。収録中にはラフレクラン応援団で西村、きょんの同居人でもあるスカイサーキットとまんじろう大寺が中説を務める一幕も。彼らは応援席からも存在感を放ち、会場の盛り上がりに一役買っていた。

内村は「本当にいい大会。拮抗していました」と全組の奮闘を称え、ハリセンボンはるかも「いい大会すぎる」と総括。特別審査員のスピードワゴン井戸田、アンガールズ田中が若手のネタをどう見たか、そのコメントにも注目しながら大会の行方を見届けよう。

そろそろ にちようチャップリン プレゼンツ お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会

テレビ東京系 2019年12月18日(水)21:00~22:54
MC:内村光良 / 土田晃之
進行:千鳥 / ハリセンボン
特別審査員:スピードワゴン井戸田 / アンガールズ田中
ゲスト審査員:小西真奈美
アシスタント:角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
応援団:プラス・マイナス兼光の父 / しずるの母 / 納言・薄幸&母 / Gパンパンダの元同僚会計士 / ラフレクランの同居人

決勝大会進出者(予選での得点)

第1回:からし蓮根(98点)
第2回:プラス・マイナス(92点)
第3回:ネルソンズ(100点)
第4回:かが屋(90点)
第5回:ジェラードン(98点)
第6回:たくろう(94点)
第7回:アインシュタイン(98点)
第8回:しゃもじ(96点)
第9回:ラフレクラン(100点)
第10回:しずる(94点)
第11回:コウテイ(92点)
敗者復活:Gパンパンダ(92点)

(c)テレビ東京

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む