Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大正ベルエポックプログラム「秋の放浪ツアー2019 展覧会形式の演劇作品 Contondo #14「青年と死[秋]」チラシ表

Contondo「青年と死[秋]」は入退場自由な“展覧会形式”、4会場で上演

ナタリー

19/9/8(日) 10:24

Contondo「青年と死[秋]」が9月に愛知、10月に大阪で上演される。

大正時代の戯曲を上演する大正ベルエポックプログラムの一環として上演される本作は、Contondoが4・5月に愛知と大阪で上演した作品のリクリエイト版。芥川龍之介の短編戯曲「青年と死」が、“わたしが生まれてからの物語”として紺野ぶどうの構成・演出で立ち上げられる。

“展覧会形式”で上演される本作は、上演時間中、入退場自由となっている。公演は9月22日に愛知・ささしまスタジオ、23日に愛知・フィオリーレ、10月12日に大阪・てんしば、13日に大阪・Tina Lenteにて。

大正ベルエポックプログラム「秋の放浪ツアー2019 展覧会形式の演劇作品 Contondo #14『青年と死[秋]』」

2019年9月22日(日)
愛知県 ささしまスタジオ

2019年9月23日(月・祝)
愛知県 フィオリーレ

2019年10月12日(土)
大阪府 てんしば

2019年10月13日(日)
大阪府 Tina Lente

作:芥川龍之介
構成・演出:紺野ぶどう
出演:今川裕美、ことね、笹ゆきみ

アプリで読む