Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

櫻井和寿とSalyu。(Photo by NAKANO Yukihide)

櫻井和寿、宮本浩次、Salyu、青葉市子ら出演「RAF2019」開幕イベントに5400人動員

ナタリー

19/8/5(月) 14:42

宮城県の牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾で開催される芸術祭「Reborn-Art Festival 2019」のオープニングを飾る音楽イベント「転がる、詩」が8月3、4日に宮城・石巻市総合体育館で行われた。

2日間で約5400人を動員した本公演には、櫻井和寿、宮本浩次、Salyu、青葉市子のほか、「Reborn-Art Festival」の実行委員である小林武史(Key)、名越由貴夫(G)、TOKIE(B)、椎野恭一(Dr)、四家卯大(Cello)、沖祥子(Violin)がバンドメンバーとして参加。歌詞を映し出す演出と中山晃子のペインティングによって、それぞれのアーティストの世界と“詩”の持つエネルギーが引き出された。

小林武史 コメント

「Reborn-Art Festival 2019」の準備は、「アート」も「食」も「音楽」もこの8月3日(土)の開幕に向けて進めてきました。
その先陣を切る形で、2日間の「転がる、詩」オープニングライブが終了しました。
この石巻という場所でやるために、言葉に寄り添って視覚で音楽を感じてもらえるように作り上げたライブでしたが、会場の皆さんの熱気とともに、その臨場感が演出のすべてとなりました。まさに、「RAF2019」のテーマである「いのちのてざわり」が満ち溢れていたライブでした。
タイトル「転がる、詩」は、バンド Rolling Stones「転がる、石」にかけていることをステージで櫻井くんも言っていましたが、願っていたとおり、想いはここにとどまらずに9月29日まで行われる「RAF2019」にずっとつながっていく、まさにそういう始まりのライブになったと思っています。

アプリで読む