Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

KinKi Kidsとふぉ~ゆ~に感じる共通点とは? ゆるさ、メンバー愛、自然体な姿から考察

リアルサウンド

19/10/1(火) 6:00

 越岡裕貴、松崎祐介、福田悠太、辰巳雄大からなるふぉ~ゆ~。彼らはCDデビューをせずにジャニーズJr.を卒業した異色のグループで、最近ではジャニーズ事務所初のLINE公式アカウント開設、レギュラーLINE LIVE『ふぉ~ゆ~達やっちゃいなよ!る~るるる~』の配信など、目覚ましい活躍を次々と見せてくれている。先日はメンバーの福田悠太と辰巳雄大が、コンビ「つ~ゆ~」として『M-1グランプリ2019』の1回戦を突破したという驚きのニュースもあった。

(関連:Snow Man 佐久間、向井、目黒……番組リポーターとしてそれぞれの持ち味をどう活かす?

 こうして次々と活動の幅を増やしているふぉ~ゆ~はの雰囲気は、どことなくKinKi Kidsに通づるものを感じるときがある。そこで今回は、筆者が感じるふぉ~ゆ~とKinKi Kidsの共通点を挙げてみたい。

■思わず癖になる、「独特のゆるさ」
 KinKi Kidsの魅力といえば、堂本光一と堂本剛が織りなす独特のゆるい空気感だろう。冠番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)を見ると、その様子がよく分かる。たとえば、9月28日放送回では和菓子の練り切り作りにチャレンジ。あんこが苦手が光一は、始まる前から「興味がない」と言い、オリジナル練り切り作りでは着色していないシンプルな白い練り切り餡を丸め、それと同じ餡で顔を付けて終了。一方剛は、サイケデリックな色合いのしずく型練り切りに紫蘇をトッピングしたオリジナル練り切り「シイタマ」を一心不乱に作る。ゲストの紗栄子に忖度する様子も一切なく、マイペースに練り切り作りに取り組んでいた。

 ふぉ~ゆ~のLINE LIVE『ふぉ~ゆ~達やっちゃいなよ!る~るるる~』も然り。9月19日の配信回では、大阪のお好み焼き屋でビールを飲みながら配信。注文したものを食べつつ、ビールもおかわりしながらゆるゆると番組は進行した。「イイ感じ(に酔っ払ってきた)」と言いつつ、ハイテンションに喋るメンバーたち。越岡裕貴が「僕レベルになるとヘラで直接(お好み焼きを)食べるんですよ」と言うと、松崎祐介は「ヘラクレス」とボソリ。完全なる飲み会のワンシーンだがこのゆるい雰囲気が視聴者の心を掴んでおり、両者の共通点とも言える。

■溢れ出て止まらない、「メンバー愛」
 KinKi Kidsはソロ活動が多いものの、2人の相性は抜群。時として「夫婦」と称されるほど、お互いを思い合っていることが端々から伝わってくる。剛が突発性難聴を患い、光一が一人で出演した『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』(日本テレビ系)で「Anniversary」の2番を歌ったことについて「いないけど、いるだけでありふれた日々がとてもアニバーサリーなんだよっていう歌詞のほうがしっくりくるな、と思って2番を歌わせてもらった」と語ったことは大きな話題になった。普段は1人ずつパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)でも、2人揃って出演する際には、息の合ったトークが繰り広げられる。

 そして、ふぉ~ゆ~にも似たものを感じる。LINE公式アカウントには、メンバーからのメッセージが定期的に流れてくるのだが、自分以外のメンバーに向けたメッセージであることが少なくない。越岡がオリジナルミュージカル『THE CIRCUS!-エピソードFINAL-』に1人で出演したときには、「こっしーサーカス初日おめ。激レアなふぉ~ゆ~頑張ろうぜ!大阪にいるすり~ゆ~より」と発信。それに対して越岡は「すり~ゆ~さんきゅ~。ん?これふぉ~ゆ~のLINEグループで送ればよくない?笑」と返信。彼らのメンバー愛は、実に微笑ましい気持ちになる。

■飾らないからこそ美しい、「自然体」
 KinKi Kidsはいつだって自然体なやり取りで視聴者を楽しませてくれるが、比較的クローズドなラジオ番組ではアイドルらしからぬ下ネタでバキューン音が連発することも珍しくない。時には土曜昼間放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』でも下ネタをぶっ込むことも。さらに、光一は様々な番組で1万円超えのTシャツを見るたびに「Tシャツで1万超え?! 布だぜ!」と発言し、話題を呼んでいた。そんな飾り気のない2人の雰囲気が長年ファンに愛され続ける理由の一つでもあると思う。

 一方のふぉ~ゆ~は、9月21日に放送された『激レアさんを連れてきた。あの人、実は超スゴい人なんだよスペシャル』(テレビ朝日系)に出演し、苦節エピソードを披露。アイドルたるもの隠しておきたいような売れない時代の話でも、出し惜しみなく話し、ポジティブな姿勢を見せるふぉ~ゆ~たちは、スタジオにいたオードリー・若林正恭や梅沢富美男はもちろん、先輩ジャニーズ、同期ジャニーズからの賞賛を受け、リスペクトを集めていたのである。

 何かと共通点があるように感じるKinKi Kidsとふぉ~ゆ~。老若男女問わず幅広い人たちに愛される先輩のKinKi Kidsに続くよう、ふぉ~ゆ~の活躍も見守っていきたい。(高橋梓)

アプリで読む