Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スペースシャワーTVの25年 名物プロデューサーが振り返る「音楽好きの素人たちの挑戦」

リアルサウンド

13/12/28(土) 8:00

20131228-sp-01.jpg「スペシャが選ぶ200曲」は、12月29日~1月5日にかけて1日に2時間ずつオンエアされる。

 スペースシャワーTVが開局25周年を記念して、12月1日に特別企画「スペシャが選ぶ200曲」をオンエアした。番組では、きゃりーぱみゅぱみゅ、BiS、小沢健二、くるり、忌野清志郎、BUMP OF CHICKENサカナクションなど、ヒットチャートを単純に追うのとは一味違う、独自の審美眼で選ばれたアーティストのMVが並び、スペースシャワーTVならではのポップ・ミュージック史を辿った。今や音楽好きが楽しむ放送局としてすっかり定着しているスペースシャワーTVは、そのカルチャーをどのようにして育んできたのだろうか。開局直後から番組作りに携わってきた沢田房江氏(現ゼネラルプロデューサー)と、石田美佐緒氏(現エグゼクティブプロデューサー)が、同局の歩みについて語った。

――スペースシャワーTV開局当時、80年代のMTVブームでビデオクリップが普及していく中で、それをさらに掘り下げる専門局ができた、という印象でした。設立趣旨はどのようなものだったのでしょうか。

沢田: アメリカでMTVが盛り上がっている中、「日本でも音楽の専門チャンネルを」と立ち上げたのが1989年でした。真の音楽ファンが満足できるような良質な音楽を伝える純粋な音楽チャンネルにしようと。

石田: 当時の日本ではバンドブームの最中で、またJ-WAVEをはじめとするFMラジオ局が立ち上がって、音楽界全体が大きく変わった時期でもあります。また、伊藤忠商事をはじめとする大手商社が衛星ビジネスに出資していて、衛星放送のチャンネル(ソフト事業者)を募集していました。そんな中、日本初の音楽専門チャンネルとして会社が立ち上がったんです。

――当時は若いスタッフが多かったと聞いています。

沢田: プロデューサーと呼ばれる人たちも30代前半。核になっている創設メンバーがそれぞれ連れてきたスタッフは20代前半が多く、音楽業界未経験の私もその一人でした。ただ、全員音楽が大好きでしたね。当時はTHE STONE ROSESが出てきた頃で、少し後にグランジが流行りましたし、ハードロックやLAメタルやHIP HOPも盛り上がっていた。最初はそういうものが好きな人たちの集まりでしかなかったんです(笑)。最初はやはり洋楽のピックアップも多かったです。いとうせいこうさん、ちわきまゆみさん、シャーリー富岡さん、渡辺祐さん、加藤賢崇さんなど、サブカルチャーの代弁者的な方々にパーソナリティをお願いして、彼らの切り口で音楽を紹介してもらったり、その人脈でゲストを呼んでもらったりするような番組が多くありました。

――パーソナリティの面々もそうですが、紹介する音楽もメジャー路線ではなく、音楽ファンに向いたものでした。

石田: 地上波ではなかなか紹介されないけれど質の高い音楽を、全国の若い音楽ファンに届けたい、という感覚でやっていました。

沢田:バンドブームやその後に来る渋谷系のアーティストの方々とも仲良くしていました。東京から発信する音楽を紹介する、という要素もあったでしょうね。93年に六本木に移るまではオフィスが目黒区の青葉台にありました。そこが外国人用マンションでお客様は靴を脱いで入ってくることもあって、アーティストの方々も出演するだけでなく、遊びに来る感覚でよく来てくれました。

――その自由なノリは、今でも会社の気風としては継続していますか? 変化があったとしたらターニングポイントとは?

石田: 今も「音楽好きが番組を作る」という点では変わらないと思います。ターニングポイントがあったとしたら、中目黒にオフィスがあった時代、93年に制作部がSEPという会社として独立した時ではないでしょうか。当時は視聴契約世帯も30万人くらいで、「誰が観てくれてるの?」という状況で、視聴収入も少なく、広告収入も今のように一般スポンサーもレーベルからのリリーススポットもなかった中、資本金をほぼ食いつぶしてしまったそうで(笑)、そこで制作部門は収入を稼げる制作会社として独立しよう、ということになった、という話を、諸先輩方から聞いております。

――音楽業界はそこからCDの売り上げが大きく伸びていく時期になりますが、会社としての収入も伸びましたか?

沢田: 徐々に増えていきましたね。音楽のピックアップが半分以上洋楽だったものを邦楽中心にしていこうとした時期がありました。

石田: 当時は渋谷のWAVEの一角にサテライトスタジオがあり、渋谷系人気番組『BUM TV』を毎日生放送をしていたのですが、初めて番組にスポンサーがついてくださって、番組内で生コマーシャルを始めたのですが、あるVJが商品を飲んだ瞬間「マズっ」みたいなリアクションをして、スタッフが真っ青になる出来事がありました。そんな中、スポンサー対応ができる番組をということになり、そこでスタートしたのが『夕陽のドラゴン』という番組で、VJはブレイク前だったBINGO BONGOのユースケ・サンタマリアさんと、ウルフルズのトータス松本さんでした。最初は試行錯誤したのですが、この番組がすごく盛り上がったんです。視聴率もCS局ではダントツの数字で、「スペースシャワーを観てくれている人が、沢山いる!」ということにスタッフが実感したタイミングでもあります(笑)。当時、私は広報でしたが、紙媒体を回ってもごく小さな記事しか載せてもらえなかったのが、番組取材依頼が殺到する状況になり、徐々にスポンサーもつくようになり、レーベルや事務所とのいろいろな連携ができるようになり、チャンネルと番組の存在意義が周知されていきました。また「夕陽のドラゴン」を観たい!音楽チャンネルのスペースシャワーTVを観たい!という加入者も増え始め、収入についても光が見え始めていた時期だっだと思います。

20131228-sp-02.jpg25周年のキャッチコピーは「俺たちは、スペシャルか?」という、刺激的なもの。

――95年にはスペースシャワーの『POWER PUSH!』をきっかけに、スピッツの「ロビンソン」が大ヒットしました。

沢田: 当時は欧米のラジオの仕組みを参考にし、「ローテーションからヒットを出したい」という意欲がありました。『POWER PUSH!』は、小沢健二さんのソロ第1弾の『天気読み』からスタート。もともと「売れているものを取り上げる」というよりは「新しいものを発信していきたい」「半歩先をいきたい」という意志が強かったこともあって、ヒットチャートの常連ではなく、ブレイク前の曲を取り上げました。売れても、それがタイアップの効果だったら、スペースシャワーとしてプッシュする意義がない。

――小沢健二さんのケースのように、コアなファンから支持を受けていたアーティストをスペースシャワーが応援し、より多くの聴き手に届けていく……という幸福なサイクルは、今も機能し続けていますか。

石田: K-POPやアイドルのヒット曲が主流となり、2000年代に入ってからはスペースシャワーが応援してきた音楽がなかなか注目されない時代もありました。ただ、音楽とアーティストを応援していく姿勢と、音楽への目利き感覚は、ずっと持ち続けていたと思っています。デビュー前のタイミングから『POWER PUSH!』で選んだアーティストで、その後第一線で活躍し続けるアーティストを毎年何組か輩出しています。ゆず、BUMP OF CHICKEN、Superfly、サカナクション、SEKAI NO OWARI、ナオト・インティライミ、きゃりーぱみゅぱみゅ等々、音楽性が高く個性が光るアーティストが幅広い人たちに支持されているのは、とても嬉しいです。また、ONE OK ROCK、THE BAWDIES、[Champagne]、クリープハイプなどのように、音楽の方向性がスペースシャワーのコアユーザーと近く、長い間一緒に仕事をさせてもらっているアーティストがチャートを賑わすようになってきています。スタッフが音楽を大好きで、質のいい音楽をジャンルにこだわらずに応援していくのがスペースシャワーTVであり、その視点はいつの時代も変わりません。

――アーティストの多くがライブ活動を重視するようになっています。そんな中で、ビデオクリップを作って流す、ということの意味合いは変わってきていますか?

石田: 変わってきたと思います。年々CDセールスは厳しくなっていますが、ライブエンターテインメント関連の収益は年々上がってきていることが、別の収益を生んでいます。またスペースシャワーにはクリエイティブの力があり、映像プロデュースとしても優秀なプロデューサーが所属しています。それから長らく音楽とアーティストと共に歩ませていただいたスペースシャワーというブランド。それらの資産を使ってスペースシャワーも方向転換をしていく時期でもあります。

――そうした変化の中でスペースシャワーの番組の内容も時代に合わせて変わってきた部分はありますか?

石田: 最近は番組だけに限らず、オリジナルコンテンツのプロデュースに注力しています。主催イベント「SWEET LOVE SHOWER」「スペースシャワー列伝」の成功によるブランディング、番組もCSメディアでの放送だけではなく、配信や他メディアとの連動でコンテンツのウインドウをもっと拡げていきたいと考えています。また渋谷のライブハウス「WWW」も貴重な発信地となっています。

――近年のスペースシャワーは出版事業を強化されたり、映画を世に出したりと、「コンテンツを多角的に作っていくようになった」というイメージがあります。

石田: その意識は年々強くなっていっているような気がします。私は一スタッフではありますが、スペースシャワーは音楽をベースに質の良いコンテンツのクリエイティブカンパニーを目指していると考えています。もちろん放送が始まりで、今もとても重要な事業ですが、もう放送事業だけの会社ではない、とスタッフは認識しています。

沢田: スペースシャワーならではの魅力は、昔から変わらずアーティストとの距離が近いことだと思っています。25周年にあたって縁のあるアーティストさんからコメントをもらっていると、みなさんがスペースシャワーのことをとても大切に思ってくれていたことがわかり、とてもありがたい気持ちになります。その強みを活かしたクリエイティブが大切です。今回の「スペシャが選ぶ200曲」もビデオ自体はYouTubeで見れるものがたくさんあるかもしれませんが「今スペースシャワーが選ぶとこうなる」というメッセージと、「この時間帯に見るお客さんにはこれを」というちょっとしたこだわり。そういうところでこれからもやっていくのだと思います。

――この200曲はまさにスペースシャワーの歴史そのもの、という印象です。

沢田: 12月1日が開局記念日だったので、その日は特別編成で朝の6時から「スペシャが選んだ200曲」として16時間オンエアしました。きゃりーぱみゅぱみゅから始まって、一気に流しました。25周年キックオフの特番を2つくらいやって、夜からもう一度流して2:30にYOUR SONG IS GOODで終わる。解説文は、その中の抜粋の50曲です。12月29日からリピートが、1日2時間ずつ8日間あります。視聴率以上に、ツイッターの反応などがすごくて嬉しかったですね。

石田:視聴者から「あの番組がまた観たい」リクエストやコメントが非常に沢山あり、スタッフ一同とても嬉しかったです。沢田も言ったように、音楽が大好きなスタッフがスペースシャワーを作っていることはずっと変わりません。
いとうせいこうさんから、25周年キックオフの生放送で「スぺシャは新しいことを思いついて言ったらやらせてくれる実験室みたいなところ。商売っ気なくて人が良すぎて、地上波にパクられまくってるけど、これからもがんばるように。」と愛あるコメントもいただきました。(笑)

――会社の名前が変わったときには、みなさんの中で動揺はありましたか?

石田: 08年のときは、社長に社員全員が召集かけられて「株式会社スペースシャワーTVは今日をもって解散しました。明日からスペースシャワーネットワークになります」って言われて(笑)。そのときは「ああ、リストラされるのかな」と動揺しました。

沢田: 今思い出すと、よく乗り切ってきたよね(笑)。

石田:商売っ気のない素人が集まり、音楽愛だけで、よく25年間続けてこれたものだと思います(笑)。

(取材・文=編集部)

■沢田房江
コンテンツプロデュース本部アーティストリレーション部
ゼネラルプロデューサー

■石田美佐緒
コンテンツプロデュース本部 本部長代行
エグゼクティブプロデューサー

20131228-sp-01-thumb.jpg「スペシャが選んだ200曲」

■番組情報

「スペシャが選ぶ200曲」
Part.1 2013年12月29日(日)21:00~23:00
Part.2 2013年12月30日(月)21:00~23:00
Part.3 2013年12月31日(火)21:00~23:00
Part.4 2014年1月1日(水)21:00~23:00
Part.5 2014年1月2日(木)21:00~23:00
Part.6 2014年1月3日(金)21:00~23:00
Part.7 2014年1月4日(土)21:00~23:00
Part.8 2014年1月5日(日)21:00~23:00

アプリで読む