Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「HELLO WORLD」劇中音楽を手がけた「2027Sound」参加アーティスト。左上から時計回りにNulbarich、OKAMOTO'S、Official髭男dism、STUTS、OBKR、Yaffle、BRIAN SHINSEKAI。

OKAMOTO'S、ヒゲダン、Nulbarichが映画「HELLO WORLD」に主題歌提供

ナタリー

19/7/16(火) 8:00

9月20日全国公開の映画「HELLO WORLD」の主題歌としてOKAMOTO'S、Official髭男dism、Nulbarichが新曲を提供。また劇中音楽をこの3組ほかによる新プロジェクト「2027Sound」が手がけることが発表された。

「HELLO WORLD」は「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」で劇場アニメ初監督を務めた伊藤智彦の最新作。2027年の京都を舞台に、内気な男子高校生・直実と10年後の未来から来た自分自身だと名乗る青年・ナオミ、2人が救おうとするヒロイン・瑠璃の物語が描かれる。直実役を担当するのは本作が声優初挑戦となる北村匠海。ナオミ役は松坂桃李、瑠璃役は浜辺美波が務める。

主題歌に使用されるのはOKAMOTO'S「新世界」、Official髭男dism「イエスタデイ」、Nulbarich「Lost Game」という3つの新曲。劇中音楽を手がけるプロジェクト・2027SoundにはOKAMOTO'Sを中心にOfficial髭男dism、NulbarichのほかOBKR(小袋成彬)、Yaffle、STUTS、BRIAN SHINSEKAIといった同世代アーティストが集結し、43曲におよぶ劇伴曲を制作した。 さらにオープニング曲のボーカルとしてAAAMYYYも参加している。

本日7月16日に公開された予告映像ではOKAMOTO'S「新世界」、Official髭男dism「イエスタデイ」の一部を聴くことができる。2017年にDISH//のメンバーとしてOKAMOTO'Sと対バンし、2018年に発表されたOKAMOTO'S「Dancing Boy」のミュージックビデオにも出演した本作キャストの北村は「こんなにも多く音楽シーンを担っている凄い音楽人達が連なっているのを初めて見ました」「僕の大好きなアーティストしかいません」とコメントしている。

北村匠海 コメント

自分が声で出演した作品の映像が出来上がってきているのを見て、すごく世界が広がっていると感じました。
早く完成形が観たいです。

2027Soundについて
こんなにも多く音楽シーンを担っている凄い音楽人達が連なっているのを初めて見ました。
これだけの方々が集まってくれたことで化学反応が凄く起きていると思います。僕の大好きなアーティストしかいません。
今回、松坂桃李さん、浜辺美波さんとご一緒させて頂いたのですが、お二人と同じくらい凄いキャスティングだなと思いました。映画館という大きいスピーカーもある特別な空間で、その音楽を聴けることはかなり幸せなことだと思います。

今回主題歌を担当するOKAMOTO'Sについて
OKAMOTO'Sさんが作り出す音楽はエネルギーが違います。難易度の高い音楽で、各々のスキルも凄いと思います。ベースのハマオカモトさんは僕が日本人で一番好きなベーシストです。OKAMOTO'Sさんに音楽をやってもらえて僕も凄い光栄でした。

OKAMOTO'S コメント

OKAMOTO'Sとして初めての映画音楽制作でした。脚本だけを手渡されそこから制作を始め、すぐに書き上げた曲が主題歌である「新世界」で監督から「新世界」以外ない!と、ハッキリ言ってもらえた時はとても嬉しかったですし、もうこれしかない、という妙な確信と共に劇中の音楽もこの曲に導かれるように少しずつ書いていきました。音楽は、自分達の周りにいるミュージシャンと2027Soundというチームを組み俺たちだけではできないこと、作れない音を、信頼できる仲間達と共に作りました。台詞もかなり覚えてしまい、北村匠海くんの声マネをしながら曲を考えたりも。何より初めて映画制作というものに携わってみて、心の底からこの映画を愛してしまいました。
沢山の人の愛しい子であり結晶であるこの映画がたくさんの人に届いてくれること、そして2027Soundの楽曲がお客さんと映画の間にかかる架け橋のようになってくれたら、と願っています。

Official髭男dism コメント

色んなアーティストが音作りに取り組む映画という点が魅力的でしたし、『HELLO WORLD』の世界観が一瞬で好きになりました。 人を想う心の強さや、その裏側に潜む苦悩のさまを、美しいメロディに乗せて表現することを大切にしました。

Nulbarich コメント

Nulbarichとして映画音楽を担当するのは、初めての経験だったのですごく嬉しかったのと同時に、どうやってやろうって思いましたね。
でも、劇中のとても大事な場面でスケール感も含めて、僕たちバンドがトライしたい方向にもリンクしてるのもあって、自分達らしさがしっかり出ればと思い自然にできました。
主人公と自分を同化させて、自分の言葉としてそこに入り込んだイメージで作りました。
普段は自分が感じたことを元に音や言葉で表現しているので、自分がしっかり主人公になるってところが難しかったですね。

アプリで読む