Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BRIAN SHINSEKAIが改めて考える、音楽の魅力「色んな境界線の向こう側に連れて行ってくれる」

リアルサウンド

19/9/22(日) 18:00

 9月20日に公開となった映画『HELLO WORLD』の音楽を担当するプロジェクト“2027Sound”への参加で注目を集めているシンガーソングライター、BRIAN SHINSEKAI。2018年1月にニューウェイブやEDMを基調にしたコンセプチュアルなアルバム『Entrée』をリリースし、以降は配信限定で「Solace」やそのリミックス曲、「三角形のミュージック」や「ピクチャー・オブ・ユー」などをリリース。今年に入ってからは5月より「多国籍ポップ・ミュージック」をテーマにした連作シングルを発表。彼がその連作の最新版として、配信限定シングル「SUBURBIA」を完成させた。この楽曲は、レゲエ~ダンスホール的なビートに乗せて、〈サバービアの向こうで/踊ろう〉と歌うゆるやかなダンスチューン。そのうえで、じっくりと聴いていくと、彼らしい様々なアレンジのこだわりが顔を出すような楽曲になっている。「自分のやりたいことが見つかった」と語る彼に、今年の連作と最新シングル「SUBURBIA」に共通する今のモードを聞いた。(杉山仁)

「やりたいことが見つかった」という感覚 

ーーBRIANさんは2019年に入ってから「多国籍ポップ・ミュージック」の連作をはじめていますが、これはもともとどんなきっかけではじまったものだったんですか?

BRIAN SHINSEKAI:2018年の1月にアルバム『Entrée』を出してから、自分の中で「これからどういう音楽を作っていこう?」ということを模索した時期があったんです。『Entrée』のときは、エレクトロにとらわれすぎていた部分があったんですが、僕はもともとロック出身ですし、ライブをする中でも、ライブ感が失われてしまったような気がして。そこで、リハビリ的に、僕の中のポップス感を出した「三角形のミュージック」などを、2018年にリリースしました。そうしたら、一気に目の前が開けたような感じがしたんです。自分の昔のことも思い出しつつ、それを『Entrée』の作風と融合させたようなものを作ったことで、一気にみなぎってきたというか。それで、「今の自分のスキルや年齢、積み重ねてきたものでどんなものを新しく作ったらいいだろう?」と考えたときに、僕は昔からアフロポップもたくさん聴いていたことを思い出したんですよ。ロックでも、Talking Headsが大好きでしたし、T.Rexにもそんな曲がありましたよね。それ以外にも、もちろん本場のアフロポップも色々と聴いていて。そういう要素にヒップホップの感覚も取り入れて、民族的な打楽器のようなアフロポップの要素も取り入れた、最新版の曲を作りたいと思うようになりました。そう考えていたら、するすると曲ができていったんです。なので、自分としては、「連作を作ろうと思った」というより、「やりたいことが見つかった」という感覚でした。

ーーなるほど。ライブでの体験も大きなきっかけとしてあったということですね。実際、「三角形のミュージック」は、とてもライブに映える楽曲になっていました。

BRIAN SHINSEKAI:ありがとうございます。あの曲は完全にライブを意識した曲でした。僕にとってはもともとあった引き出しの中から作った曲ですが、あれを作ったことで、「自分にとって新しい要素を使って、イチから曲を作っていく」ということに向けての方向性が、完全に見えた感覚があって。それを反映させたのが、今年の5月頃からリリースされている「WAIT」「ATTACHMENT」「TAIWAN」などの楽曲になっているんです。

ーーアフロポップというと、BRIANさんはどんな曲を聴いてきたんですか?

BRIAN SHINSEKAI:僕が音楽の魅力に目覚めたきっかけがニューミュージックのような音楽を知ったことだったんですけど、その中でも、たとえば井上陽水さんの曲のように、どこかその要素を取り入れたものにしっくりと来た感覚があって。アメリカのものをそのままやるというよりは、そこに日本的な要素を加えたり、イギリスやアメリカ以外の地域の要素が入ったりしているものに、自然と惹かれるような感覚が昔からありました。僕はLÄ-PPISCHもすごく好きですし、THE BOOMや平沢進さんの音楽も、聴いていてすごくしっくりと来た感覚があって。それで、ブラジル音楽やトルコ音楽のコンピレーションを聴きはじめたりしました。

ーー思えば『Entrée』のときも、ニューウェイブやEDMなどを基調にしつつも、そういったオリエンタルな要素が音楽にも歌詞の中にも登場していましたよね。

BRIAN SHINSEKAI:僕は音楽を作るときに日本に生まれた日本人であることを重視したくて、欧米のものでかっこいいものを見つけても、それをそのままやりたいとは思わないんです。音楽が、僕自身のパーソナルな要素とシンクロしてしまうので。それもあって、たとえば、YMOさんのように、海外の要素も取り入れながら、そのうえで日本的な要素も表現できるような人たちに惹かれます。たとえば、荒野に映えるエレクトロをかっこいいと思ったとしても、それを自分でやることには違和感があるというか。僕自身は、東京の下町で長く育ってきて、横浜の海の近くに住んだり、歌謡曲や演歌が好きなおじいちゃん/おばあちゃんの影響があったりするので、その全部を出さないとしっくりこなくて、結果的に、色んなものが混ざったものになるのかもしれません。

 それはたとえば、ブラジル音楽のようなものも似ている部分があると思うんですよ。現地の母国語で歌っているために、素晴らしいアーティストでありながら、英語圏には伝わりづらくなったりもして、その感じにすごくシンパシーを覚える部分がありますし、それは、日本語詞の歌詞が海外では受け入れられづらいこととも、どこか似ていると思うので。実際に、言語が通じないために欧米では認知されていないけれども、日本にも素晴らしいアーティストはたくさんいますよね。そういう意味では、欧米の音楽よりも、僕はそれ以外の文化圏で生まれた音楽の方が、自分に近いものだと思っているような気がします。あとは、ゲーム音楽の影響も大きいと思います。たとえば、『ゼルダの伝説』の音楽には、アジアの音楽もケルトの音楽も入っていたので。今年リリースした「TAIWAN」にしても、『ゼルダの伝説』のサウンドトラックを聴きなおしたら、「もしかしたら無意識のうちに影響を受けているのかもな?」と、思った部分がありました。

BRIAN SHINSEKAI – TAIWAN (Official Video)

ーー「WAIT」「ATTACHMENT」「TAIWAN」という形で続いてきた今年の5月からの連作曲を通して、改めて気づいたことはありましたか?

BRIAN SHINSEKAI:この3曲の中で、最初に作ったのは「WAIT」に続いて6月にリリースした「ATTACHMENT」だったんですけど、この曲ができたときに、自分の中で完全にオリジナルなものが作れたような感覚がありました。「これがBRIAN SHINSEKAIだな」と、自分でも思えたというか。やっぱり、僕はニューウェイブが好きで、ヒップホップ的な要素も馴染む感覚があってーー。結局、「ホットな音楽」が好きな人間なんだと思います。たとえば、ケンドリック・ラマーのライブって、めちゃくちゃかっこいいじゃないですか。クールでありつつも、同時に熱を感じるというか。そういうヒップホップ的なものや、アフロポップなども含めた熱を感じさせてくれる要素を加えたものを、自信のあるものとしてアウトプットすることができたのが連作を通しての大きな気づきだったと思います。でも、実は「ATTACHMENT」は(メロディに焦点を当てた)「ピクチャー・オブ・ユー」を出したばかりの頃にできたものだったので、どうしようとも思って。それで、そのときにオカモトレイジくん(OKAMOTO’S)に「ATTACHMENT」を送ってみたんです。そうしたら、「絶対にこっちの方がいいよ!」と言ってくれて。僕とレイジくんは10年以上前からの知り合いで、信頼もしているので、その彼に自分が似合っていると思う曲を、「似合っている」と思ってもらえたことで、自信が出た部分は大きかったと思います。

BRIAN SHINSEKAI – ATTACHMENT

ーーその時点ですでに、オカモトレイジさん率いるOKAMOTO’Sが中心になって担当した映画『HELLO WORLD』の劇伴のためのプロジェクト、2027Soundの話はあったんですか?

BRIAN SHINSEKAI:まだ全然何の話もないときでした。でも、「ATTACHMENT」のときに、レイジくんにはアレンジの相談に乗ってもらっていて、ちょうどそのときに、レイジくんも『HELLO WORLD』の劇伴について、色々と考えていたそうなんですよ。そこで、メロディも書けるトラックメイカーとして、「BRIAN、どう?」という感じで声がかかりました。なので、「ATTACHMENT」の作業と2027Soundの作業は並行して行われていて、その2つの楽曲がお互いに影響を与え合って生まれていったような感覚があったと思います。

ーーオカモトレイジさんの存在は、今年の連作に大きな影響を与えていたんですね。

BRIAN SHINSEKAI:『Entrée』の頃は、「自分が好きなものと世間との接点はどんなものなんだろう?」ということを探りつつ作品を完成していったんですが、今回は自分の中でもEDMへの興味が落ち着いて、ヒップホップへの興味が出つつ、同時に世界的に流行っている裏ノリの音楽への興味もありつつという感じで、そこに自分が寄せていくというよりも、何も考えずに作った曲にもかかわらず、時代が自分の好きなものに合ってきた、という感覚がありました。ここ最近は、低音をがっつり聴かせるラッパーやシンガーの楽曲もヒットしていますけど、僕はもともと自分の声が低いということにも、コンプレックスを感じていたんです。でも、今は自分の曲と他の曲と混ぜてプレイリストを作っても、違和感がないように感じていて。そういう意味でも、今年リリースしている楽曲は、もしも2年前だったら、できていても世には出していなかったかもしれないです。

ーーなるほど。確かに、「WAIT」にはトラップのフロウを思わせる部分があったりもして、それがBRIANさんの低音が印象的なボーカルとも合っているように感じました。

BRIAN SHINSEKAI:ありがとうございます。そうやって、色々なことがいいタイミングで巡ってきたような感覚がありました。

BRIAN SHINSEKAI – WAIT

「ここじゃないところに行きたい」 

ーーでは、最新曲「SUBURBIA」は、どんなふうに生まれた曲だったんでしょう?

BRIAN SHINSEKAI:この曲は、基本的には今年に入ってリリースしている楽曲の雰囲気を引き継いでいる曲ですね。でも、「ATTACHMENT」の頃は、まだ『Entrée』からの流れを汲んでいた部分があって、音色にしても、(『Entrée』の収録曲)「トゥナイト」に近いものにしたりしていて。そこから、「SUBURBIA」はもっとビートが緩いものにしたいと思って作りはじめました。色んなアーティストのライブを観る中で、緩いビートの中で踊りながら、歌詞が聞こえてくるような瞬間の享楽的な雰囲気というか、押せ押せのビートでガンガンに乗っていないのにすっと霧が晴れていくような感覚をいいなと思うことが多くなっていたんですよ。

ーーそれで、「SUBURBIA」はレゲエやダンスホールのビートを取り入れたものになっているんですね。

BRIAN SHINSEKAI:そうですね。でも実際、最近のライブでは、お客さんもこの曲を一番ノリノリで聴いてくれています。歌詞もそんなに明るいものではないですけど、こういうメロディで、こういうテンポ感だからこそ、芯を得たことを伝えられるようにしたいと思いました。僕の人生観には、こういうビートの方が合っているのかもしれないですね。飄々と生きるのが好きなのかな、と(笑)。

ーーレゲエやダンスホールの要素は、一昨年頃からアメリカのメインストリームのポップミュージックでもまた取り入れられることが多くなっているものでもあると思います。

BRIAN SHINSEKAI:はい。もちろんそういう音楽も聴いていますし、他にも、タイラー・ザ・クリエイターの新作も、レゲエやダンスホールではないですが、以前よりもメロディアスになって、コード進行もサイケデリックロックっぽいものになっていて。あの作品にもグッときました。あとは、フランスのストロマエの、ラテンっぽいノリの曲も大好きなんですよ。もとを辿れば、セルジュ・ゲンスブールも好きなので、生き方としても、僕はそういうムードが好きなんだと思います。自然にノレて、緩い雰囲気もあるんだけれども、歌詞では実は鋭いことや深いことを言っているもの。その雰囲気を上手く出せるものが、「SUBURBIA」のサウンドだったのかな、と思います。それから、この曲は特に、サビでシンガロングできるようなものにしています。僕自身も、サビで歌えるダンスミュージックに感情移入する経験があって、「あの人もこういう悩みを抱えているのかな」と、Pet Shop Boysを聴きながら考えたりしていたので。とはいえ、この曲には他にも色んな要素が入っていて、ニューウェイブっぽさもありますし、グラムロック的な……特にグラム期のデヴィッド・ボウイ的な雰囲気もありますし、同時に最近のアメリカのダンスホールを取り入れたポップミュージックの要素もあって。その全部を詰め込んだ楽曲になったと思っています。

BRIAN SHINSEKAI – SUBURBIA (Official Video)

ーー歌詞の「SUBURBIA=郊外」というモチーフは、どんなふうに想像したんですか?

BRIAN SHINSEKAI:もともと、Pet Shop Boysの「Suburbia」もそうですし、デヴィッド・ボウイの「Buddha of Suburbia」もそうで、自分にとっては曲名としても馴染んできた言葉なんですけど、僕は昔から、郊外というか、「ここじゃないところに行きたい」という気持ちがずっとあって。もともと音楽をはじめたのも、今いる空間に打ち解けられないところから、音楽を使って「新しい場所に行きたい」という気持ちがあったからなんです。音楽って、そうやって新しい場所に連れて行ってくれるものだと思いますし、何十年前に亡くなったアーティストでも、その音楽を聴けば繋がれるものでもありますよね。それって、ここで聴いていない音楽、たとえば、黄泉の国で聴いているような音楽、という感覚もあると思っていて。そんなふうに、色んな境界線の向こう側に連れて行ってくれることって、「音楽の魅力だよな」と最近よく思っていたので、この曲では、「郊外の外に行こう」ということを歌ってみました。

ーー確かに、タイトルは「SUBURBIA」ですが、実際に歌詞で歌われているのは「サバービアの向こうで踊ろう」ということですね。

BRIAN SHINSEKAI:そうなんですよ。結局、郊外も想像できる場所だと思うんですが、「そうじゃないところに行こうよ」という曲になっているんです。

ーーBRIANさんの中では、この曲に出てくる郊外に、特定の景色が想像できるのでしょうか? 聴かせてもらって、色々な人種が混ざっている、ボーダーレスな風景を想像しました。

BRIAN SHINSEKAI:確かに、色んな人種が混ざっているような場所ではあるのかもしれないですね。お面とか、色々な民族的な衣装もあって……各国の民族的なものが溢れているような場所なのかもしれません。『Entrée』も、色んな国に行くと同時に、時代的にも貴族の時代から未来的な時代まで、様々な時代が出てくるような作品だったと思いますし。言われてみれば、僕の原風景というのは、もともとそういう景色なんですよ。

ーー他に歌詞で工夫したところはありますか?

BRIAN SHINSEKAI:「SUBURBIA」には〈令和に何を残すのか/どこか遠くもっと遠く/自由な場所で荷物おろそう〉という歌詞が出てきますけど、この部分は、結構悩んで書いた箇所でした。今回の「SUBURBIA」では、僕の中にある旅の一例を歌詞にしていったんですけど、それだけでは終わらせたくなかったので、今の自分がリアルに思っていることも入れようと思ったんです。この部分がないと、「旅路の果てには何があるんだろう?」という、旅の目的がないまま曲が終わるような気がして、それだとふわっとした曲になると思ったんです。人って、色んな十字架や色んな重荷を背負って生きていますよね。それはたとえば、職とか、部下とか、人によって色々で、そういうものを背負いながら日々旅をしていて。そのとき、音楽はそれをちょっと軽くしてくれるような存在でもあると思うんです。音楽を聴いたからといって持っているものは変わらないけれど、気持ちはちょっと軽くしてくれる。それは、ライブにも言えることだと思っているんです。僕はワンマンライブをできるときには、その2時間の中では最後にみんなが束の間は背負っている荷物を下ろせるようなライブをしたいと思っているので。それで、曲の中に未来に向けてのことを書き残しておこう、と。

ーーなるほど。歌詞の内容も相まって、BRIANさんのこれからに向けても、また新たにスタートを切っていくような雰囲気の曲になっていると感じました。

BRIAN SHINSEKAI:これまで、僕はスタートの切り方をよく分かっていなかったんですよ。たとえるなら、(ゲームタイトルの)『バイオハザード』で同じところでくるくる回っていた人が、やっと進む方向を分かった、という感覚というか(笑)。『Entrée』のときは、「自分が思っていることを素直に出していいのかな?」と思っていた部分もあったんですが、その後実際に自分の興味をそのまま出して曲を作ってみたら、手応えを感じはじめて、いいタイミングで『HELLO WORLD』の劇伴の話もいただいて……。そんなふうに、ちょっとずつ進んできた旅の中で感じている僕の気持ちと、聴いてくれる人たちの気持ちが、シンクロしてくれれば嬉しいな、と思っています。「SUBURBIA」の歌詞は、無理やり届かせようという歌詞ではないので、聴いてくれた人たちが、自然とシンクロしてくれればいいな、と。前は、もっとガチガチに考えて、がんじがらめになってしまっていたんですよ。でも、「WAIT」以降の歌詞は、そんなふうに変わってきた気がします。あくまで自分の歌詞を書いて、それに共感してくれたら、それでいいのかな、という感覚で。

ーーそれは次の作品に向かううえでも、大きな気持ちの変化なのかもしれませんね。

BRIAN SHINSEKAI:そうですね。次の作品は、僕の音楽観や人生観が、世間のトレンドに左右されるのではなくて、BRIAN SHINSEKAIという自分自身を軸にした作品にしたいと思っています。周りに合わせて自分らしさを失ってしまうのではなくて、何も考えずに自分らしいものを作って、その結果時代がこっちに来てくれたらいいな、と。そういうふうにした方が、何故か色んな人たちが、「こっちの方が絶対にいい」と言ってくれるんですよ。そういう意味でも、次の作品はナチュラルに作ろうかな、と思っています。考えすぎない方が、僕らしいものになりますし、その方が受け入れてもらえるのかな、と思うので。たとえば今回も、イントロの「ハァイヤ~」という部分は、昔なら、「こういうものは流行ってないし……」と考えていたはずなんですよ。でも、今回はデモの時点で自然と入れてしまっていて、「これは自分だからこそ出てきたものなんだな」と感じました。次の作品は、そういう要素をガンガン入れていくようなものにしていこうと思っています。

(取材・文=杉山仁/撮影=三橋優美子)

■リリース情報
「SUBURBIA」
発売:2019年9月18日(水)
配信先はこちら

「TAIWAN」
発売:2019年8月7日(水)
配信先はこちら

「ATTACHMENT」
発売:2019年6月26日(水)
配信先はこちら

「WAIT」
発売:2019年5月29日(水)
配信先はこちら

オフィシャルサイト

アプリで読む