Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮沢りえがアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』に声の出演 実写版の約30年後

CINRA.NET

19/9/30(月) 5:00

12月13日から公開されるアニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』に宮沢りえが参加していることが発表された。

同作は、1988年に宮沢りえ主演で実写映画化された宗田理の小説『ぼくらの七日間戦争』をもとにした作品。実写版から約30年後となる2020年の北海道を舞台に、一週間後に東京に引っ越す幼なじみ・千代野綾の本音を聞いた鈴原守が、友人たちと古い石炭工場を秘密基地にして7日間のバースデーキャンプを行なうが、工場に潜んでいたタイ人の子供マレットを連れ去るために武装した入国管理局の職員が突入してきたことから、敵の撃退作戦を決行する、というあらすじだ。守役の声を北村匠海、守が片想いする綾役を芳根京子が演じる。

宮沢りえは自身の女優デビュー作となる実写映画『ぼくらの七日間戦争』で演じた主人公・中山ひとみの約30年後を演じる。実写映画版の中山ひとみは、仲間を鼓舞して大人たちに反抗した学級委員というキャラクターだった。

監督の村野佑太は宮沢の起用理由について「原作でも映画でも、大人達はインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか...それは脚本段階からの一番の関心ごとでした。宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を越えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます」と明かしてる。

村野佑太監督のコメント

原作でも映画でも、大人達はインチキなだけではない存在でした。
そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました。
かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で「7日間戦争」に戻って来てはくれないだろうか...それは脚本段階からの一番の関心ごとでした。
快諾してくださった宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を越えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます。
時代が変わり子ども達を囲む環境に変化が訪れたとしても、きっと変わらぬ何かがあるはずーーー
決して色褪せない永遠の少女像である中山ひとみは、それを誮よりも説得力のある言葉で伝えてくれます。
そしてそれこそが、「7日間戦争」から「七日間戦争」へ贈る最大限の敬意になると考えています。

アプリで読む