Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

建築をみる2020 東京モダン生活 東京都コレクションにみる1930年代

20/8/19(水)

東京都庭園美術館は年に一度、建物公開の展覧会を行っているが、今年のテーマは「東京モダン生活(ライフ)」。現在の東京の原型が生まれた大きな契機といえば、多大な犠牲をはらった1923年の関東大震災だ。残念なことに、江戸・明治の面影をほぼ失ったが、「帝都復興」を目指し、近代都市として生まれ変わったのである。たとえば、地下鉄銀座線は1927年に浅草〜上野間開通、1934年に全線開通している。現在の東京都庭園美術館本館、朝香宮邸が竣工したのが1933年。そんな時代。モダンで洒落たファッションをまとったモガ・モボ(モダンガール・モダンボーイ)たちが銀座の街を闊歩した。のちに戦争の惨禍に巻き込まれるまでの間、日本の都市文化の中心だった。絵画や家具、写真、雑誌、衣服などでその時代を蘇らせる。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む