Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

事故物件 恐い間取り

20/8/27(木)

ホラーの鬼才、中田秀夫監督、主演・亀梨和也の最新作は「事故物件住みます芸人」の松原タニシのベストセラー・ノンフィクションを原作に、ホラーと芸人の青春がほどよくミックスされた娯楽作だ。近年の中田監督作ではベストの出来栄え。怖いし、笑いもある。 一口に霊といっても、守護霊、背後霊、浮遊霊などざまざまな種類があるが、最も怖いのは地縛霊だ。なんらかの理由で場所から離れられない地縛霊は、周囲に悪い影響を与えるとされる。Netflixオリジナルドラマ『呪怨』に登場するのも地縛霊だが、これも相当怖かった。 売れない芸人、山野ヤマメ(亀梨)は関西ローカルの番組の企画で、自殺、殺人などが起こったワケありの事故物件に住むことに。定点カメラに謎の物体が映ったり、幽霊にも遭遇。自身も不可解な事故に遭うが、売れっ子になっていくにつれ、むしろ事故物件にハマっていく……。 芸人の青春グラフィティーにもなっているのが出色。どん底から必死に這い上がろうとする主人公。それを心配そうに見守る霊感のあるヒロイン(奈緒)、ある出来事をきっかけに事故物件から離れていくコンビの相方(瀬戸康史)。この三者三様の物語がよくできている。 亀梨は、お笑いシーンから恐怖の体験までバラエティーあふれる表情を見せる。特に、ホラーではいちばん大事な恐怖におののく顔が自然。脇では、事故物件に導く不動産会社社員役の江口のりこの怪演が光る。 ラストの物件はサービス過剰の感もあるが、全体の満足度は高い。今後もしばらく暑い日が続くだろうから、ホラー映画はうってつけ。デートムービーとしてオススメしたい。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む