Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BOYSぴあSelection 第21回 塩野瑛久

「泥臭さが、いちばんの武器」

CLOSE UP

PART2

19/7/24(水)

PART1でデビューまでの歩みを語ってくれた俳優・塩野瑛久くん。PART2では、「やっと本気になれるものが見つかった」と熱を込める俳優業について、たっぷりとおうかがいしました。

精巧な人形のように均整の取れた顔立ち。でもそんな麗しき容貌からは想像もできないほど、素顔の塩野くんは泥臭くて、一途で、一生懸命。きっともっと塩野くんのことが好きになる、そんなインタビューをお届けします。

─── ジュノンボーイを経て、芸能界に足を踏み入れたわけですが、当時の気持ちはワクワク? それとも不安? どっちでしたか?

紆余曲折しましたね。ワクワクもしましたし、不安で押し潰されそうにもなりましたし。ただ、お芝居をすることに対しては欲と希望しかなかったです。もっとこういう役がやりたい、表現の幅を増やしたいっていうことは今も常に思っています。

─── それほど役者という仕事にのめり込んだのはなぜなんでしょう?

すごく影響を受けたのが、劇団☆新感線さんの『髑髏城の七人』(2011年上演版)です。映画館でゲキ×シネ(劇場中継を映画館で上映するもの)のポスターを見かけて、面白そうだなと思ってふらっと入ってみたら、本当に面白くて。もう衝撃だったんですよ。

─── いったい何がそんなに面白かったのでしょう?

まず単純に僕はそれまで舞台という世界を知らなくて。ドラマや映画の場合、カット割りや編集がありますけど、舞台は役者の演じたものが直接伝わるというか。それは熱量もそうですし。身体全体の動きなんかもまるごと見られるわけで。舞台って役者の力がすごく働くものなんだってことを目の当たりにして。その衝撃が大きかったのかなと。

そこでお芝居ってこんなにも魅力的なんだってことを知って、一気に火がつきました。『髑髏城~』はその後劇場に2回行って、DVDも買って、今まで30~40回は見ている作品。自分もこんなお芝居をやりたいと思いましたし、そこからお芝居を見る目も変わりました。

─── では、ご自身の出演作の中で最も自分を成長させてくれた作品と言えば?

『純平、考え直せ』ですね。

─── 塩野さんの初主演舞台ですよね。やはり主演というプレッシャーが成長を促した面も?

プレッシャーというのはそんなに感じていなくて。それよりも、僕は『純平~』みたいなお芝居がずっとしたかったから、そこに出られるワクワクというか。演出家さんがすごく厳しいと有名な方だったので、何か変われるチャンスだとも思ったし。プレッシャーというより、もっと自分を変えたいっていう向上心の方が大きかったですね。

─── 稽古で厳しくされるのは?

わりと好きです(笑)。はっきり言われないとわからないのではっきり言われたいですね。

─── 稽古の中で学んだことは何ですか?

禁止事項が多くて。ポッケに手を突っ込むの禁止、腕を組むの禁止、相手を指差すの禁止、相手にふれるの禁止とか。

─── それはなぜなんでしょう?

言われたんです。板の上に“ただ立っている”ことをしろって。

─── 台詞がないときとか、つい手持ち無沙汰になるから、何かわかりやすいポーズをしている方が落ち着きますもんね。

たぶんそれが守りに入っていることなんだと思います。写真とかでもそうですけど、女の人って、ただすっと立ってと言われても堂々とできちゃうんですよ。でも男はできない。絶対にカッコをつけたがる。守りたがるんですよ、プライドが高いから。自分というものを守りたくて、身振り手振りをつけたがる。

でも、それは必要ないと。言葉だけで伝えられるものに対して、何か身振り手振りを付け加えたくなるのは、伝えたよっていう安心感がほしいから。それが無駄な表現なんだっていうことを学んだし、それはいまだにそうだなと思います。

─── でも、ただ立っているだけで成立させるのって、めちゃくちゃ難しいですよね。

難しいです、板の上でその人として立っているのは。手の行き場が難しいんです。大事なのは重心の落としどころで。ちゃんと地に足がついているかどうか、なんです。でも、そうやってただそこに立っていることができるようになるだけで、舞台の上での居方がはっきり変わりました。

─── 公演期間のあいだで印象的だったことはありますか?

最後に長台詞があるんですけど、それが終わって、そこからずっとカーテンコールが終わっても涙が止まらなかったことがありました。それも千秋楽でも初日でも何でもない日に。

まだ芸歴も浅いくせにカッコつけて、カーテンコールではスンッてしていようって決めていたんですよ。でも、その日だけは嗚咽が止まらなくて。その後、面会に来てくれた人にも会えないぐらい涙が止まりませんでした。

─── なぜそんなにも感情移入したのでしょうか?

アプリで読む