Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「中島 愛 10th Anniversary Live ~Best of My Love~」の様子。

中島愛の三十路初ワンマン「Best of My Love」時間遡行で10年の歴史めぐる

ナタリー

19/7/22(月) 23:39

中島愛のデビュー10周年記念ライブ「中島 愛 10th Anniversary Live ~Best of My Love~」が、昨日7月21日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで行われた。

2008年6月に「ランカ・リー=中島 愛」名義によるシングル「星間飛行」で歌手デビューを果たし、2009年1月発売のシングル「天使になりたい」で個人名義による音楽活動をスタートさせた中島。30歳の誕生日を迎えた今年の6月5日には10年間の歴史を凝縮したベストアルバム「30 pieces of love」がリリースされた。「Best of My Love」と題した今回のライブではこのベストアルバムの収録曲を軸に、新しい楽曲から時間を遡行するように進む、本人曰く「10年間のヒストリーを旅するライブ」が展開された。

ライブは「30 pieces of love」のために書き下ろされた新曲「Love! For Your Love!」で幕を開け、さらに2018年夏のシングル「Bitter Sweet Harmony」、同じく昨年発表されたランカ・リー=中島愛の最新楽曲「ランカとBrand New Peach」と3曲が連続で披露された。中島はブルーのワンピースに身を包み、西脇辰弥(Key)、外園一馬(G)、BOH(B)、前田遊野(Dr)の演奏に乗せて軽やかに歌う。「Love! For Your Love!」ではフロア一面がピンクのペンライトで染まったかと思えば、「ランカとBrand New Peach」ではランカを思わせるグリーンにペンライトの灯りを切り替えたりと、観客も一体となって10周年の特別な空間を作り上げた。

「自分の30歳の誕生日にベストアルバムを出すだけでもうれしかったのに、こうして10周年イヤーを締めくくるライブができるなんて本当に幸せものだなって。これは誇りをもって……三十路のまめぐ、30代になって初めてのワンマンライブです!」と、中島は10年の歳月を経てこのステージに立つ喜びを爆発させた。次のブロックでは「サタデー・ナイト・クエスチョン」「ワタシノセカイ」とソリッドなギターロックを連発。この2曲はいずれも、約3年の休止期間を経て新たな一歩を刻んだ2017年の楽曲だ。中島は続けて2013年8月に活動休止前最後のシングルとして発表されたバラードナンバー「ありがとう」を歌詞を噛みしめるように歌い上げた。「ここからけっこう体力使うよ? 心の準備はいいですか?」という中島の予告から始まった、3rdアルバム「Thank You」から2ndアルバム「Be With You」までの2014年から2012年のゾーンは、「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」「マーブル」「愛の重力」「TRY UNITE!」「Hello!」とバリエーション豊かな楽曲が並ぶ。「愛の重力」はプログレを基軸にフュージョンやAORの要素を取り入れた難解な楽曲で、中島は「この変態的な曲を書いてくれた張本人がここにいるので紹介します。西脇辰弥、チャッピー大先生!」とバンマス西脇をおなじみの愛称で呼んだ。バンドメンバーとマニュピレーターの須藤豪を1人ずつ紹介した中島は、「この作品は私に大きなものをもたらしました」と、アニメ「たまゆら」の関連楽曲「神様のいたずら」「夏鳥」を披露。「神様のいたずら」では西脇が得意とするハーモニカの優しい音色が響き渡った。

これまでの歴史を遡ってきたライブは、2010年発表の1stアルバム「I love you」のゾーンでいよいよクライマックスへ。「Raspberry Kiss」では「私の若気の至りを一緒に真似してもらいたい」と当時ファンと一緒に行っていたサビの振り付け“くるりんぱ”をレクチャーし、観客は中島の「装備!」の合図でポーズを構える。かわいい振り付けで一体感を作り上げたあとは、同じく1stアルバムから「Sunshine Girl」「Shining on」を歌い、最後はデビューシングル「天使になりたい」でフィニッシュ。会場が赤いペンライトで染まる中、中島は10年前よりも熟成された歌声を届けた。

盛大な「まめぐ!」コールを受けてバンドメンバーと共に再登場した中島が「もう1曲のデビュー曲を」とつぶやくと、フロアは大きな歓声に包まれる。フロアはすぐさま緑一色に染まり、中島はここで「星間飛行」をパフォーマンスした。そして秋にファンクラブ限定のアコースティックツアーとバスツアーを行うこと、さらに11月にニューシングルをリリースすることを発表すると、そのニューシングルから新曲「水槽」を初披露。続けて「劇場版マクロスF サヨナラノツバサ」のエンディング主題歌「ホシキラ」が歌われた。「なんとか歩いてこられました。みんなのおかげです。世の中に何万曲もあって、何万人の歌手がいる中で私を選んでくれてありがとうございます。いつでも扉は開けてますので、人生に中島愛が必要になったらいつでも来てください」と改めて感謝の言葉を口にした中島は、定番曲「金色~君を好きになってよかった」でライブを締めくくり、「今日みんな本当に最高でした。みんなはなまる! また絶対ステージで会いましょう!」と笑顔で手を振った。

アンコールで披露された新曲「水槽」は10月からスタートするテレビアニメ「星合の空」のオープニングテーマで、作詞は新藤晴一(ポルノグラフィティ)、作曲は矢吹香那、編曲はトオミヨウが担当。11月にリリースされるシングルにはこの曲のほか、吉澤嘉代子が作詞作曲し、清竜人が編曲を手がけたテレビアニメ「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」のエンディングテーマ「髪飾りの天使」も収められる。

中島 愛 10th Anniversary Live ~Best of My Love~
2019年7月21日 恵比寿ザ・ガーデンホール セットリスト

01. Love! For Your Love!
02. Bitter Sweet Harmony
03. ランカとBrand New Peach
04. サタデー・ナイト・クエスチョン
05. ワタシノセカイ
06. ありがとう
07. そんなこと裏のまた裏話でしょ?
08. マーブル
09. 愛の重力
10. TRY UNITE!
11. Hello!
12. 神様のいたずら
13. 夏鳥
14. Raspberry Kiss
15. Sunshine Girl
16. Shining on
17. 天使になりたい
<アンコール>
18. 星間飛行
19. 水槽
20. ホシキラ
21. 金色~君を好きになってよかった

photo by BETO(Sketch), KOBA(Sketch)

アプリで読む