Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

Cocomiが「漁港の肉子ちゃん」サントラにフルートで参加、メイキング映像公開

ナタリー

21/5/11(火) 8:00

「漁港の肉子ちゃん」オリジナルサウンドトラックのジャケット。

劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」のオリジナルサウンドトラックが6月9日に発売。キャストのCocomiがフルートで収録に参加する様子を捉えたメイキング映像がYouTubeで公開された。

西加奈子の同名小説をもとに渡辺歩が監督を務めた本作では、漁港の船に住む母娘・肉子ちゃんとキクコに訪れる奇跡が描かれる。明石家さんまが企画・プロデュースを担当し、大竹しのぶが焼き肉屋で働く主人公の肉子ちゃん、Cocomiが大人びた小学生キクコに声を当てた。

本作の劇伴を担当したのは「思い出のマーニー」などで知られる村松崇継。サントラに収録された楽曲「漁港の肉子ちゃん」について村松は「いろんな人生経験をし、たどり着いた漁港で新たに生活を築き始め、周りを巻き込みながらもみんなと絆を深めていく、そんな肉子ちゃんを表現していくために関西弁のノリ、テンポ感などを大事にしながら、肉子ちゃんの熱い心を表現していきました」と語る。

村松の提案でサントラにフルートで参加することになったCocomi。村松は「肉子ちゃんに寄り添うキクコの思春期の微妙な心情の変化に寄り添う音楽。これは今回の音楽作りの中で、繊細さが要求される部分でしたが、うまく表現することができたと思います」と述べ、「その成功の裏には、やはり、キクコを音楽で表現する際に、キクコを演じるCocomiさんのフルートで楽曲を表現できたことが、大変大きなことでした」と述懐した。

一方、Cocomiは「もともと村松崇継さんの『Earth』というフルートとピアノのための作品がとても好きで、YouTubeなどでいつも聴いていたので、今回、オファーをいただいてとてもうれしかったです。曲を聴いてシーンがフラッシュバックするぐらい、音楽と映像がマッチして、心にぐっとくるなと思いました。すごく自分の好みの曲だったので演奏していて楽しかったです」と振り返っている。

なおCocomiは、楽曲「肉子ちゃん“おはよう”」「ゆっくり家族になっていく」「私は決められない」「ささやかな希望、あふれ出る光」でフルートを披露。解禁されたメイキング映像には「ゆっくり家族になっていく」を演奏するCocomiの姿が収められた。サントラの詳細についてはよしもとミュージックの公式サイトで確認を。

STUDIO4℃がアニメーション制作を担当した「漁港の肉子ちゃん」は、6月11日より全国ロードショー。

(c)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

アプリで読む