Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

大久保佳代子 (オアシズ)の 人生そろばん

『呪怨』の恐怖体験

毎週連載

第106回

21/1/17(日)

前回、ハマっている映画とドラマの話をしました。昔は、レンタルショップでDVDを借りるというのが主流でしたけど、今はAmazonプライムやNetflixなど動画配信サービスで専ら観ていますね。

ちょっと前の話ですが、『呪怨』というホラー系ドラマ(6話完結の連続もの)をNetflixで試聴したときのこと。前もって言いますが、超怖い体験をしてしまったんです。みなさん尿漏れパットのご用意を。

そもそも、この『呪怨』というドラマ、知り合いの映画監督さんがTwitterで「呪怨が面白すぎて、もう2週目」みたいなことをつぶやいていたので観ることに。基本、ホラーは好きじゃないんです。心臓に悪いから、ほとんど観てこなかったんです。最後に観たオバケ系作品が「キャスパー」ですから。特に『呪怨」なんて、実際に起こった事件、例えば「女子高生コンクリート殺人事件」などがストーリーの中に組み込まれているから超絶リアルでヤバいんです。なので、観始めたものの、結局、怖すぎて2話目の途中で一旦断念してしまって。

でも翌日になり、やはり先が気になってしまったので再チャレンジすることに。再生ボタンを押せば、前回の続きから自動的に始まるはず。なのに、再生された場面が全くピンと来なくて。「あれ?だいぶ話が進んでる? 昨日、寝ちゃったかな? いや寝てないよな」と不可解に思いながらも、各話のエピソードが表示される画面に戻し、どこまで観終わっているかを確認することに。進行状況バーが赤くなっているところまでが観終わっているということ。

すると既に5話の途中までが赤くなっていて。2話の途中だと思っていたら5話まで進んでいたんです。この時点でちょい怖さを感じつつ、ここからですよ。みなさん、尿道をキュッと絞めてください。驚くことに、2話も3話も4話もすべてのバーが途中まで赤くなっていたんです。つまり、どの回も途中までしか観てないということに。こ、こ、こ、怖くないですか? もし眠ってしまっていたのなら自動的に次のエピソードへ進むので、全て回が観終わっているはずで、バーが最後まで赤くなってないといけないわけですよ。

つ、つ、つ、伝わってますか? 私、1人暮らしだから、他の誰かが観るはずないんですよ。ビビり過ぎて動けずにいると、どこからともなくウンチの臭いがしてきて。振り返ると、愛犬パコ美がモリモリ脱糞中。急激に現実に戻され、急いでウンチをトイレットペーパーで拾い上げてトイレに流しましたが。ウンチを放置するとパコ美が食べちゃうもんで。これはこれでホラー並みに怖いけど。

このことを人に話すと「それ自体もNetflixの演出なんじゃない?」と言われるんですけど、そんな演出しますかね? 地味にめちゃめちゃ怖い演出。システム的にできることなのかしら? 一応、Twitterで「呪怨 全て途中まで 演出 怖い」などのワードを入れて検索しましたが、一切、引っかからないです。みなさん、この現象、なんだと思います?それ以降、『呪怨』には、全く近づいてないので謎のままなんです。



構成・文:松田義人(deco)

プロフィール

大久保佳代子おおくぼ・かよこ

1971年、愛知県生まれ。相方・光浦靖子とともに、1992年にオアシズを結成。OLと並行してお笑い芸人として活動をし、2010年以降はお笑い一本に。数多くのレギュラー、連載を持つ。
http://www.p-jinriki.com/talent/oasiz/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む