Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ジュリアン・ムーアとミシェル・ウィリアムズ共演「秘密への招待状」が公開決定

ナタリー

20/11/18(水) 12:00

「秘密への招待状」ポスタービジュアル

ジュリアン・ムーアとミシェル・ウィリアムズが共演した「After the Wedding」が、「秘密への招待状」の邦題で2021年2月に公開される。

第79回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされたスサンネ・ビアの監督作をハリウッドリメイクした本作。オリジナル版では男性2人の物語だったが、主人公を女性に変更し、ニューヨークでメディア会社を経営するテレサ、インドで救護活動に人生を捧げるイザベルという、住む世界も考え方もまったく異なる2人の姿を描く。イザベルはテレサに自身の孤児院を支援してもらうためニューヨークを訪ねた際、「少し時間が欲しい。娘の結婚式に来てくれればもっと話せる」と招待を受け、訝しがりながらも参列する。しかしその結婚式でイザベルは、テレサの夫が元恋人オスカーであり、目の前の新婦グレイスがオスカーと自身の娘だと気付く。

ムーアがテレサ、ウィリアムズがイザベルを演じたほか、ドラマ「ザ・モーニングショー」のビリー・クラダップ、アビー・クインも出演。ムーアとともにプロデュースを担当し、彼女の夫でもあるバート・フレインドリッチが監督を務めた。YouTubeでは予告編が公開されている。

「秘密への招待状」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)ATW DISTRO, LLC 2019

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む