Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ダチョウ倶楽部、ハロウィーン期間中は「ダチョウ区長」に

ナタリー

「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」発表会に出演した、ダチョウ倶楽部。

今週10月16日(土)より「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」と題した催しがオンラインで実施される。その発表会が昨日10月12日に行われ、公式サポーターを務めるダチョウ倶楽部とモデルの世良マリカが出席した。

「バーチャル渋谷」は東京都渋谷区公認の配信プラットフォーム。ハロウィーンフェスは10月31日(日)まで行われるもので、社会貢献しながら楽しめる「FUN FOR GOOD」がコンセプトだ。ダチョウ倶楽部はハロウィーンにちなみ、発表会に渋谷区長をテーマにした仮装で登場。同席した実際の渋谷区長・長谷部健氏の公認を受け、今年のハロウィーン期間中は「ダチョウ区長」なる異名を名乗ることになった。

バーチャルハロウィーンのポイントは「オリジナルアバターで渋谷に行ける」「友達とワイワイ楽しめる」「人気アニメやアーティストのライブやトークショーなどのコンテンツ」の3つ。イベント内にはダチョウ倶楽部のオリジナルアバターも登場した。そのクオリティを目の当たりにしたダチョウ倶楽部・肥後は「リアルの上島はダチョウ倶楽部クビ」と上島をクビにしようとする。これに「待て待て待て! なんで俺をクビにするんだよ」と憤った上島が足踏みして周囲の人々がジャンプする恒例のくだりも会場の笑いを誘った。

「ダチョウ区長としては、バーチャルに参加して、全員で一緒のギャグをやってみたい」(肥後)、「いっぱいギャグあるから、全部教えるんで、やってもらおう」(上島)、「バーチャルで体張ってもらおうよ」(ジモン)とバーチャルハロウィーンに期待を膨らませる3人。最後に上島が「今年のハロウィーンは、バーチャル渋谷に“来る”りんぱ」とおなじみの帽子ギャグを披露した。

(c)KDDI・au 5G / バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021

アプリで読む