Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ユニコーン100周年ツアー“百が如く”」東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール公演の様子。(撮影:三浦憲治 / チームライトサム)

ユニコーン最新作「UC100W」仕様の「百が如く」開幕、EBIの54歳も祝った葛飾公演

ナタリー

19/10/5(土) 21:15

ユニコーンの全国ツアー「ユニコーン100周年ツアー“百が如く”」後半戦の初日公演が、本日10月5日に東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールで開催された。

再始動10周年、ABEDONが加入し現メンバーになってから初めてのアルバム「服部」のリリースから30周年、川西幸一が生誕60周年を迎えることから、これらの数字を合計して2019年を“100周年”と銘打って活動中のユニコーン。彼らは約8カ月にわたるツアーで「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」というスローガンのもと、“100周年だから100分で終わる”ライブを展開している。今日の公演はニューアルバム「UC100W」リリース後初のライブということもあり、注目が集まっていた。

メンバーがそろいの衣装に身を包んで登場すると、ホール内に割れんばかりの拍手と大歓声が響く。5人はアイコンタクトを取ると、オープニングナンバーを盤石のアンサンブルで奏で「百が如く」の後半戦の幕開けを告げた。セットリストは「UC100W」の楽曲を中心にした内容に一新されていたほか、映像や照明演出も曲に合わせて変わっており、メンバーは口々に「今日が初日のようなものです」と新鮮な気持ちでこの日を迎えたことを明かす。一方で奥田民生は「いろいろ変わってますが、変わってないのは100分で終わること。終わってみたらわかります。さわやかな感じです」と100分ライブの魅力についてもアピールした。なお、ツアー前半戦にも盛り込まれていたメドレーコーナーもアップデートされており、オーディエンスを大いに楽しませ、ときには爆笑させていた。

奥田、EBI、手島いさむ、川西、ABEDONは曲の合間にゆるいトークを繰り広げつつも、しっかり100分以内でライブを完遂。すべての楽曲が披露されたあとには、「UC100W」発売日の10月2日に54歳を迎えたEBIの誕生日を祝うべく、ケーキが運び込まれ、ホール中に温かな「Happy Birthday to You」の大合唱が起きた。EBIはメンバーとファンの祝福を受けながら「54歳ってすごい! 目標は特にないけど、健康が一番かな。皆さんも気を付けて!」と客席に向かって呼びかけた。そして、開演から100分が経過したことを告げる「ハッタリ」が流れる中、ABEDONは「後半戦もよろしくお願いします!」と挨拶をしてこの日の公演を締めくくった。

ユニコーン100周年ツアー“百が如く”(※終了分は割愛)

2019年10月12日(土)広島県 呉市文化ホール
2019年10月13日(日)広島県 呉市文化ホール
2019年10月19日(土)兵庫県 尼崎アルカイックホール
2019年10月20日(日)兵庫県 尼崎アルカイックホール
2019年10月26日(土)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年10月27日(日)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年11月2日(土)鹿児島県 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
2019年11月3日(日・祝)熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2019年11月6日(水)東京都 オリンパスホール八王子
2019年11月9日(土)群馬県 ベイシア文化ホール 大ホール
2019年11月15日(金)北海道 カナモトホール(札幌市民ホール)
2019年11月16日(土)北海道 小樽市民会館
2019年11月22日(金)香川県 サンポートホール高松 大ホール
2019年11月23日(土・祝)徳島県 鳴門市文化会館
2019年11月29日(金)山形県 やまぎんホール(山形県県民会館)
2019年11月30日(土)山形県 やまぎんホール(山形県県民会館)
2019年12月4日(水)東京都 中野サンプラザホール
2019年12月5日(木)東京都 中野サンプラザホール
2019年12月7日(土)石川県 本多の森ホール
2019年12月8日(日)富山県 オーバード・ホール
2019年12月16日(月)大阪府 フェスティバルホール
2019年12月17日(火)大阪府 フェスティバルホール

※記事初出時、本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

アプリで読む