Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

プロから初心者、観客まで!谷賢一の“恩返し”は「DULL-COLORED POP演劇学校」

ナタリー

21/1/17(日) 14:14

谷賢一

DULL-COLORED POP演劇学校」が始動する。

この企画は、DULL-COLORED POPがさまざまな学びの場を“学校”として提供するもの。「演劇学校」ではDULL-COLORED POPの主宰で作・演出家の谷賢一が劇団で培ってきたノウハウを生かし、俳優・劇作家・演出家といった次世代のアーティストの育成、観客や演劇ファンが演劇に触れられる場として、ワークショップや講座を展開する。

クラスには、戯曲を読んだり、書き方・演出論・演劇史を学ぶ「演劇論クラス」、入門者・経験者・上級者にレベル分けされた「演技クラス」、不定期でエチュード講座や演劇合宿、個人授業などが開催される「演技クラス」特別編などがラインナップされた。また昨今の状況を踏まえ、オンラインでの見学コースも設けられる。

谷は「観客向けの講座も考えました。演劇は、ただ見ても面白いけれど、知れば知るほどさらに面白く、奥深くなります。この取り組みから良い俳優や良い観客が生まれてくれることを願っています」とコメントした。

また、今後は本企画の受講者選抜メンバーによる試演会や公演の開催を予定。なお、「演劇学校」支援のためのクラウドファンディングも行われている。詳細は劇団の公式サイトで確認を。

谷賢一コメント

僕は演劇に恩があるので、演劇界全体に恩返しがしたい。書物や先輩・先生たち、様々な現場で学んできたことを体系化して、若い人たち、一人でも多くの人に伝えたい。そして観客向けの講座も考えました。演劇は、ただ見ても面白いけれど、知れば知るほどさらに面白く、奥深くなります。そしてこの取り組みから良い俳優や良い観客が生まれてくれることを願っています。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む