Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

コミック原画200点! 『DC展 スーパーヒーローの誕生』キービジュアル公開

ぴあ

21/4/22(木) 14:00

「DC展 スーパーヒーローの誕生」 DC SUPER HEROES and all related characters and elements © & ™ DC Comics. WB SHIELD: © & ™ WBEI. (s21)

続きを読む

DCの特別総合展『DC展 スーパーヒーローの誕生』が6月25日(金)から9月5日(日)、六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビューで開催される。この度、当展示のために制作された日本オリジナルのキービジュアルと「バットポッド」やスーパーマンのコスチュームなど展示の見どころの一部が先行で公開された。

会場では劇中で実際に使用されたアイテムやコスチューム、貴重なコミック原画などここでしか見られない展示が多数公開される。

例えばクリストファー・ノーラン監督の映画『ダークナイト』シリーズ部作の中で、2008年に公開の『ダークナイト』で初登場したバットポッドも展示。ゴッサム・シティでバットマンの宿敵・ジョーカーとカーチェイスを繰り広げるシーンや、2012年に公開の『ダークナイト ライジング』でも使われた。バイク型の仕様で全長約3.7メートルもあり、前輪部分にはマシンガンなどが搭載されている。

また2016年に公開されたザック・スナイダー監督の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で俳優ヘンリー・カヴィルが着用したコスチュームも。

さらに初期の『アクション・コミックス』や『ディテクティブ・コミックス』、『バットマン』、『ワンダーウーマン』、『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』など80年の歴史を誇るDCの貴重なコミック原画を200点近く展示される予定だ。

2021年は、ワンダーウーマンがDCコミックスに初登場してから80周年を迎える記念すべき年。また『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』が5月26日(水)にデジタル先行配信、6月25日(金)にはブルーレイ&4K UHDの発売、『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』が8月13日(金)に公開と、ますますDCが盛り上がりを見せている。

展覧会とともにぜひ“DCの世界”を味わってほしい。

数々のアメコミ関連本を手がける翻訳家・アメコミライターでDC展日本語監修の光岡三ツ子、アメコミ系映画ライターの杉山すぴ豊からのコメントは以下の通り。

<杉山すぴ豊(DC展ガイド)>
子どもの頃『月刊スーパーマン』という翻訳誌に自分の投稿が掲載されたのがライターとしての“デビュー”。あの雑誌が僕を素晴らしい DC 世界に導いてくれたのです。以来、DC のヒーローや時にはヴィランにどれほど励まされてきたことでしょうか。今度は僕が『DC展』を通じ一人でも多くの方がDCファンになってくれるよう、お手伝いをさせていただきます。バットマンやワンダーウーマンたちがきっとあなたの親友になってくれますよ。

<光岡三ツ子(DC展日本語監修)
『DC 展 スーパーヒーローの誕生』は、豊富なアートと、映画用コスチュームやプロップの展示で、DC の全貌に迫る展覧会です。それはアメリカのポップカルチャーの歴史そのものであり、日本でも親しまれたキャラクターたちの思い出の回廊でもあり、エキサイティングな新娯楽作に出会える場所でもあります。どうぞこの貴重な機会をお見逃しなく!

■展示情報
『DC展 スーパーヒーローの誕生』
6月25日(金)~9月5日(日)
会場:東京シティビュー
開館時間:10:00~22:00(最終入館:21:00)

※情勢により営業時間の変更や休業の可能性あり。

アプリで読む