Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジュリエット・ビノシュ(c)Angelo Cricch

「東京芸術祭ワールドコンペティション」審査員長が変更に

ナタリー

19/10/3(木) 15:09

10月29日に開幕する「東京芸術祭ワールドコンペティション2019」の審査員長が変更になったことが本日10月3日に発表された。

新たに審査員長に就任したのは、フランスの俳優ジュリエット・ビノシュ。先に発表されていたジャック・ラングは、本人の事情により来日できなくなった。なお副審査員長は、既報の通り夏木マリが務める。

「東京芸術祭ワールドコンペティション2019」は、「東京芸術祭2019」の1プログラム。世界各地のディレクターから推薦を受けたアジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、日本の若手アーティスト6チームが作品を上演し、上演作の中からアーティスト審査員賞、批評家審査員賞、観客賞が決定される。

演目には中国・北京より戴陳連(ダイ・チェンリエン)「紫気東来-ビッグ・ナッシング」、オーストラリア・シドニーよりシドニー・チェンバー・オペラ「ハウリング・ガールズ」、スペイン・バルセロよりエル・コンデ・デ・トレフィエル「可能性は風景の前で姿を消す」、ブルキナファソ・ワガドゥグよりシャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ「たびたび罪を犯しました」、チリ・サンティアゴよりボノボ「汝、愛せよ」、日本・大阪よりdracom「ソコナイ図」がラインナップされている。

「東京芸術祭ワールドコンペティション2019」

2019年10月29日(火)~11月4日(月・振休)
東京都 東京芸術劇場

戴陳連(ダイ・チェンリエン)「紫気東来-ビッグ・ナッシング」

11月2日(土)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト
演出・出演:戴陳連

シドニー・チェンバー・オペラ「ハウリング・ガールズ」

10月31日(木)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス
演出:アディナ・ジェイコブス、ダミエン・リケットソン

エル・コンデ・デ・トレフィエル「可能性は風景の前で姿を消す」

10月30日(水)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト
作:パブロ・ヒスベルト
演出・ドラマトゥルク:タニヤ・バイエラー、パブロ・ヒスベルト

シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ「たびたび罪を犯しました」

10月30日(水)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト
コンセプト・演出・舞台美術・キャスティング・ドラマトゥルク:シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ

ボノボ「汝、愛せよ」

11月2日(土)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト
作:パブロ・マンジ
演出:アンドレイーナ・オリバリ、パブロ・マンジ

dracom「ソコナイ図」

11月2日(土)・3日(日・祝)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス
作・演出:筒井潤

アプリで読む