Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ラスト・ムービースター」

2人のバート・レイノルズが共演?主演作「ラスト・ムービースター」本編映像

ナタリー

19/8/27(火) 11:00

2018年9月に82歳で死去したバート・レイノルズの最後の主演作「ラスト・ムービースター」より、本編映像の一部がYouTubeで解禁された。

アメリカ・ナッシュビルの小さな映画祭に招待されたかつての映画スター、ヴィック・エドワーズを主人公とする本作。彼が思いがけず過去の栄光や淡い記憶を脳裏によみがえらせていくさまが描かれる。ヴィックのキャラクターにはレイノルズ自身のキャリアが反映されており、作中では彼の出演作「ガンスモーク」「脱出」などが引用されている。ヴィックをレイノルズが演じ、ヴィックの専属運転手を務めるリル役でアリエル・ウィンターが共演した。

映像には空港へと向かう帰路、自身が生まれ育ったノックスビルの標識を見たヴィックが行き先の変更を求めるシーンが収録されている。リルが仕方なくハンドルを切ると、映像はレイノルズ本人が主演を務めた1977年製作のカーアクション「トランザム7000」のワンシーンに。助手席に座るヴィックは、かつてレイノルズが演じたバンディットと言葉を交わす。問答無用で車を加速させていくバンディットに、ヴィックが「老いぼれだがまだ死にたくない」とおびえて声をかける様子も。

A24が製作した「ラスト・ムービースター」は、レイノルズの命日である9月6日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次ロードショー。「デトロイト・ロック・シティ」のアダム・リフキンが監督を務めた。

(c)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

アプリで読む