Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

月城かなと&海乃美月『ダル・レークの恋』開幕! 千秋楽前日にはライブ配信も

ぴあ

21/2/16(火) 7:00

『ダル・レークの恋』

2月16日(火)、宝塚歌劇月組公演『ダル・レークの恋』が、東京・赤坂のTBS赤坂ACTシアターで開幕する。本来なら、昨年9月に全国ツアーをおこなう予定だったが、コロナ禍で延期になり、今回、日程と会場を変更して、2月に東京、3月に大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、改めて上演されることになったものだ。

インド・カシミール地方のダル湖を舞台に、騎兵隊の大尉ラッチマンと、領主の孫娘カマラの身分違いの恋を描いたこの作品は、菊田一夫が書き下ろし、1959年に、大スター春日野八千代が自ら演出・主演を務め、月組で初演された。その後、97年には、酒井澄夫の潤色・演出で、華やかなレビューシーンを加えた一本立てにリメイクされ、星組が麻路さきの主演で再演、2007年には月組が瀬奈じゅん主演で全国ツアーとして上演している。

14年ぶり4演目となる今回は、酒井が監修に回り、新たに若手の谷貴矢が潤色・演出を担当する。谷は、『アイラブアインシュタイン』でアンドロイドを、『出島小宇宙戦争』では宇宙人を登場させるなど、宝塚に新風を吹き込んだ気鋭の演出家だ。この作品でも、初演の台本をベースに、新たに“水の精”を通し役で作り、新曲を入れ、フィナーレも作り替えるなど、伝統を守りつつも、名作に現代の視点を加えている。

主演のラッチマンを演じるのは、すっきりとした二枚目からアクの強い個性的な人物まで、幅広く繊細に演じ分ける演技力の高さと、際立つ美貌で人気の男役スター、月城かなと。初演の春日野八千代が大切にした品格を備え、代々の男役が追求してきた美学を受け継ぐ月城が、複雑な心情表現が求められるこの役を、舞台上でどう息づかせるか、期待が高まる。

ヒロインのカマラは、大人の女性役が似合う海乃美月。月城とは、『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』でも、主人公フィッツジェラルドと、その妻ゼルダ役でコンビを組んでいる。今回も息の合ったところを見せてくれるにちがいない。物語の重要な鍵を握るペペル役は、東京公演では暁千星、大阪公演では風間柚乃が役替わりで演じる。これも見どころのひとつだろう。

なお、東京公演千秋楽前日の2月27日には、タカラヅカ・オン・デマンドでライブ配信も実施される予定だ。

文:原田順子

宝塚歌劇月組
グランド・ミュージカル『ダル・レークの恋』
作:菊田一夫
潤色・演出:谷貴矢
監修:酒井澄夫
出演:月城かなと / 海乃美月 / 他

【東京公演】
2021年2月16日(火)~2月28日(日)
会場:TBS赤坂ACTシアター

【大阪公演】
2021年3月14日(日)~3月21日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【ライブ配信】
2021年2月27日(土)15:30公演
「Rakuten TV」および「U-NEXT」にて配信
視聴料:3,500円(税込)、2月27日(土)15:00まで販売
ライブ配信についての詳細は下記「タカラヅカ・オン・デマンド」サイトにてご確認ください。
https://www.tca-pictures.net/vod/live2020/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む