Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第4弾「さなぎの教室」より。(撮影:青木司)

松本哲也が主犯の女性を“人間らしく”演じる、「さなぎの教室」開幕

ナタリー

19/8/30(金) 11:09

オフィスコットーネプロデュース「さなぎの教室」が、昨日8月29日に東京・駅前劇場で開幕した。

本公演は、大竹野正典の没後10年を記念した上演企画のラストを飾る第4弾。4人の女性看護師による実在の保険金連続殺人事件をモチーフにした大竹野の戯曲「夜、ナク、鳥」へのオマージュとして、小松台東の松本哲也が新作を立ち上げる。出演者には松本のほか、佐藤みゆき、吉本菜穂子、今藤洋子、朝倉伸二、青年団の古屋隆太、Studio Lifeの小野健太郎、新納敏正が名を連ねた。

上演にあたり、松本は「今回は作・演出、そしてこの事件の主犯のヨシダという女性を演じます。彼女は夜布団に入ったら5秒で爆睡出来るくらい物凄いエネルギーで、1日を過ごしていたと思うんですよ。そんなヨシダを演じるのはとても疲れますが、ただのモンスターではなく、彼女の人間らしさを魅せられたらと思っています」と役作りについて述べつつ、「今回はセンター舞台なので、4人の女優の顔が座席によって、見える顔と見えない顔があるでしょう。それも含めてお楽しみ頂けたら」と観客にメッセージを送った。上演時間は休憩なしの約1時間55分、公演は9月9日まで。

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第4弾「さなぎの教室」

2019年8月29日(木)~9月9日(月)
東京都 駅前劇場

作・演出:松本哲也
プロデューサー:綿貫凜
出演:佐藤みゆき、吉本菜穂子、今藤洋子、松本哲也 / 朝倉伸二、古屋隆太、小野健太郎、新納敏正

アプリで読む