Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『小説の神様 君としか描けない物語』 (c)2020映画「小説の神様」製作委員会

『小説の神様』メイキングムービー公開 橋本環奈のビンタ&スネキックに佐藤大樹の反応は?

ぴあ

20/4/3(金) 7:00

相沢沙呼の同名小説を映画化する『小説の神様 君としか描けない物語』が、5月22日(金)に全国公開される。この度、撮影現場の裏側が切り取られたスペシャルメイキングムービーが公開された。

『小説の神様』は、ナイーブで売れない作家×ドSな売れっ子作家という、すべてが真逆なふたりの高校生小説家が、まさかの共作を果たし、大ベストセラーを目指すという青春ストーリー。

売れない高校生小説家・一也役を演じるのは、EXILE/FANTASTICSのパフォーマーとして活躍する一方、『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』などに出演し、俳優としても人気を集める佐藤大樹。ヒット作を連発する高校生小説家・詩凪役を、『銀魂』シリーズ、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』をはじめ、数々の話題作に出演し、幅広い役を演じる橋本環奈が務める。そして監督には、『HiGH&LOW』シリーズの久保茂昭を迎えた。

この度公開されたメイキングムービーでは、予告編でも印象的なシーンである、橋本演じる詩凪のビンタ&スネキックシーンの裏側が明かされる。「おもいっきりビンタいいですよ!!」と気合い十分な佐藤に、遠慮がちだった橋本も次第にテンションが上がったようで、「(申し訳ないと謝りながら)しっかりやろうかな!」と、シーン撮影に臨んでいる姿が確認できる。あまりに強烈なスネキックの映像を確認している久保監督や橋本が、「痛い痛い痛い……」と、思わず声に出すなか、当の佐藤は「全然、痛くないよ!」と役者魂を見せている。



また、佐藤と橋本にくわえ、佐藤流司と柴田杏花による文芸部4人の和気あいあいとした現場メイキングも。佐藤と橋本が「現場で一番のムードメーカー」と語っている佐藤流司は、炎天下の撮影でも、「大奥ぐらい囲まれてる!」「今日42度あります」と冗談を欠かさない。 さらに、『HiGH&LOW THE WORST』でも話題になった、ワイヤーにカメラを吊るすアクションシーンをワンカット撮影するなど、撮影にも強いこだわりがある久保監督渾身による印象的な部分の映像について、佐藤と橋本が「浮くの!?」と、驚いたことを語っている。

『小説の神様 君としか描けない物語』
5月22日(金)全国公開

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む