Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

映画館で待ってます 第5回 観客を別世界に誘う映画館:大阪 シネ・ヌーヴォ編

ナタリー

シネ・ヌーヴォ外観

観客に作品を楽しんでもらうだけでなく、映画の多様性を守るための場所でもある映画館。子供からシニアまでが集まる地域のコミュニティとしての役割を担う劇場もある。

本コラムでは全国各地の劇場を訪ね、各映画館それぞれの魅力を紹介。今回は大阪府にあるシネ・ヌーヴォを取材した。九条駅から5分ほど歩いた場所にポツンと佇む同劇場のコンセプトは“水中映画館”。劇団維新派の松本雄吉が棟梁となり、観客を別世界に誘うための仕掛けが随所に施された。

このたびの取材では、1997年のオープン以来、関西の映画文化を守り続けてきた同劇場の支配人・山崎紀子にインタビューを実施。地方のミニシアターの存在意義や映画館で働く喜びなどを聞いた。

取材・文・撮影 / 金子恭未子

シネ・ヌーヴォ支配人・山崎紀子インタビュー

一歩足を踏み入れたら別世界

──シネ・ヌーヴォは映画ファンの出資で誕生した映画館と聞いています。

1980年代から代表の景山(理)が“映画ってこんなに多様なものなんだよ”ということを発信するために、映画新聞を毎月発行していたんです。1996年に紙面上で「いい映画をいい環境で観ませんか?」と呼びかけたら、あっという間に出資者が集まって。一口10万円という決して安くない金額だったんですが、読者の方や地域の方などいろんな方が協力してくださって、1997年にオープンしました。

──初めてシネ・ヌーヴォを訪れたとき、その独特な雰囲気にとてもワクワクしたのを覚えています。

外観・内装のデザインは、大阪を拠点に活動していた劇団維新派に手がけてもらいました。維新派は公演のために野外劇場を作って、終わったら解体して撤収するという「scrap&build」の劇団なんです。主宰の松本雄吉さんは“映画館は非日常の空間”という考えを持っていた方。一歩足を踏み入れたら別世界に行けるよう、まるで水中に潜るような印象を与えられるよう、水中映画館をイメージして内装を作ってくれました。表にはノウゼンカズラを植えて、壁面には無機質で錆びたバラのオブジェが設置されました。有機的なものに変えるのはスタッフたちの力だというメッセージが込められています。

──あのバラのオブジェにはそんな意味が込められていたんですね。

本当にすごいメッセージを受け取っています!

──山崎さんは2001年にシネ・ヌーヴォに入社されましたが、この場所で働きたいと思ったきっかけはどういったものだったんでしょうか?

当時、大阪梅田にある映画館で働いていて、ヌーヴォのチラシをよく目にしていたんです。そのときはまだヌーヴォにバーカウンターがあって軽食とかアルコールをお客さんに提供していました。インド映画を上映するときはカレーを出したり(笑)。映画と紐付いた何か楽しいことをやっていて、劇場でこんなことができるんだって、端から見ていてとっても新鮮だったんです。だから募集していなかったんですがヌーヴォで働きたい!と思って、景山さんと父が友人ということもあって、「じゃあおいでよ!」ということになりました。それからもう20年ですね(笑)。

──入社してびっくりしたことはありましたか?

いろんな国の映画が上映されていることにまず驚きました。私が今まで持っていた映画の概念なんてすぐに吹っ飛びましたね! それまでは、外国の映画ならアメリカ映画やフランス映画ぐらいしか触れたことがなかったんです。でも、ヌーヴォでさまざまな国の多種多様な作品に出会って、映画って本当に世界共通のものだなと感じました。

──今は、 “驚き”を提供する側に回っていらっしゃいますが、働き手から見てシネ・ヌーヴォはどんなところが魅力だと思いますか?

クラシック作品を多く上映していること。そして映画とお客さんの距離が近いことですね。それはおそらく、スタッフとお客さん、監督とお客さんが築き上げてきた距離感によるものだと思います。また映画を上映するだけでなく、作品について少し掘り下げてもらえるように、何かプラスαを提供できればと心がけています。

上映可能なものはできる限りスクリーンにかけたい

──シネ・ヌーヴォはかなりこだわって特集上映を組んでいらっしゃる印象です。

監督の生誕100年を記念したものや、注目を集めている書籍に関係するものなどさまざまな形で番組を組んでいます。地域と連携したものだと大阪のユーラシア協会さんとロシア映画、旧ソビエト映画を上映する機会を定期的に設けています。全体を通して言えることは、おそらく上映作品の本数はどこよりも多い(笑)。特集を組む場合は、上映可能なものはできる限りスクリーンにかけたいんです。同じことを繰り返しているというよりは、毎回新鮮な気持ちで番組作りに取り組んでいます。お客さんのリクエストをもとにプログラムを組むこともありますね。

──例えば?

浪花千栄子さんの特集は、彼女をモデルにした連続テレビ小説「おちょやん」が放送されているときに、お客さんから「浪花千栄子見たいわー、やれへんの?」ってリクエストがあったんです。コロナの影響もありますし、正直特集上映は作品を借りるためにどうしてもお金がかかっちゃうので、どうしようと悩んだんですが、浪花さんは大阪出身の方ですし「せやな! やろう」と思って。そしたらお客さんがたくさん来てくれましたね。

──印象に残っている特集上映はありますか?

日本映画だと木下惠介監督とか清水宏監督の作品はぐんぐん引き込まれましたね! 加藤泰監督の作品もすごく面白かったです! あとは、黒澤明監督の特集は「社運をかけて」という宣伝をしたらお客さんがいっぱい来てくれました。黒澤監督の作品は東宝からフィルムを借りるんですが、すごく大切にされていて、1本では貸してくれないんです。値段も高いので、満席が続いても赤字かもしれない(笑)。すごくハードルが高いんですけど、だからこそなかなか上映できなかったので実現できてよかったです。

──フィルムで作品を観られるのもシネ・ヌーヴォの魅力ですよね。

映写技師が本当にがんばってくれていますね。ボロボロで切れたりしているものもあるんですが、手で押さえながら映写機を回したり。ほとんどないですけどたまにフィルムが悪すぎて途中で切れちゃうこともあるんです。お客さんは静かに待っていてくれます。切れては再開し、切れては再開しということがあったんですが、そのときも応援してくれていました(笑)。甘えているって言われるかもしれないですけどうちは、そういうお客さんばっかりですね。

住み分けをしつつ、みんなで映画の多様性を守っている

──シネ・ヌーヴォのお客さんは映画を観るだけでなく、劇場で過ごすことを楽しんでいるように思います。数年前初めて劇場に来た際に、本棚にある本を読んだり、雑談を楽しんでいる方を目にしました。

そうなんですよね。今はコロナの影響で、全部撤去しているんですが、以前は椅子だけでなく、机もあってそこでお昼を食べたりとか本を読んだり、常連のおじいちゃん同士が劇場で出会って、仲良くなって雑談していたり。スタッフもコミュニケーションを取っていました。このご時世、シニア層が劇場から離れてしまったと聞く中で、うちはあまり減っていないんです。それこそ90過ぎたおじいちゃんが毎日来てくれる。それは映画を観るためだけじゃなく、コミュニティに接続するために足を運んでくれていると思うんです。スーパーに買い物に行くぐらい自然にヌーヴォに足を運んでくれているんだと思います。

──コロナがなかなか収束しませんが、映画館の状況はいかがですか?

休館していた去年に比べたら営業を続けられていることでましではありますが、コロナ前から考えるとお客さんは3割減でずっと低いままですね。ほかの映画館の方と、この3割というのはなかなか戻りにくいだろうねと話しています。7割の状況でどうやって継続させるか、どの映画館もいろいろ模索している。そんな中、うちでは最近デジタルの機材が壊れてしまって、急遽中古のものに入れ替えたんです。その出費も痛くて……。つらいなって思っていたら、愛知のシネマテークの方から「大丈夫?」と心配のお電話をいただきました。それだけでうれしかったですね。

──コロナ禍になって、劇場同士の関係は深まっているように思います。

クラシック作品を多く上映しているとか、お客さんとの距離が近いなどヌーヴォにはヌーヴォ独自の魅力がありますが、我々だけだとお客さんにお届けできる作品には限界があります。例えば大阪は七藝さん(第七藝術劇場)があったりシネマート心斎橋さんがあったりテアトル梅田さんがあったり、神戸は元町映画館さんがある。シネマートさんはアジア映画をたくさんかけているし、テアトルさんはミニシアター系の映画を先陣切って上映してくれる。七藝さんは社会派の映画が多い。それぞれ住み分けをしつつ、みんなで映画の多様性を守っています。だからどこがつぶれてもダメ。もしほかの劇場が「もう、ダメだー!」ってなったら全力で支えたいと思っています。お客さんのためには、選択肢はあればあるほどいい。大阪、京都、兵庫は映画の多様性、個性をまだギリギリで守れていると思うんです。やはり、そういうものを守ることは劇場で働く人間としてとても大事なことだと思っていますし、地方のミニシアターの存在意義だと感じています。

──今年の4月には休業要請を受けて、営業するかしないかなど、決断するのが難しい局面もあったと思います。

正直、営業するのはあきらめざるを得ないと思っていたんです。でもふたを開けてみたら、休業補償はないし、床面積1000平方m以下のミニシアターへは“できればお願いしますね”みたいな言葉遊びのような声かけで強制力はなかった……。だからうちは、開けるという決断を下しました。でも開けていても、閉めていてもどの映画館も苦しい。今でも、もやもやするものはありますね。

──映画館が窮状に置かれる中で、昨年はミニシアター・エイド基金、「Save our local cinemas」などが立ち上がりました。また、学生が集う映画チア部がシネ・ヌーヴォを支援するためにTシャツ販売企画「may the cine nouveau be with you」を立ち上げました。

実際、去年の休館を乗り切れたのはミニシアター・エイド基金や「Save our local cinemas」があったから。関わってくださった人たちには感謝しかないですし、どうやって恩返ししていけばいいんだろうと思っています。実は休業要請を受けて、劇場を開けるか開けないか決断を迫られているときもかなり経営が厳しい状況で……支援金を募ろうかと悩んでいたんです。そんな中、映画チア部がヌーヴォを応援したいと言ってくれました。販売するTシャツのデザインも、宣伝のためのリリースもホームページも全部自分たちで作ってくれて、うちはただOKしただけ。若者たちが映画館に来ないという嘆きを全国の劇場から聞く中で、学生が率先して呼びかけてくれたのは純粋にありがたいですし、未来への希望を感じました。

──「may the cine nouveau be with you」に山崎さんはコメントを出されていますが、チア部には厳しいことも言ったと明かされています。

言いましたね(笑)。今はイベントで赤字は背負われへんって。でも彼らはそれでも食い下がって、自分たちの力だけで、すべてやってくれたんです。本当に感謝しています。

ヌーヴォは魔物のような存在感がある

──山崎さんにとって映画館で働く喜びはどこにありますか?

去年休館していたときには2カ月ヌーヴォにお客さんが来なかったですが、とてもつらくて……。そのときにお客さんが来てくれる日常が改めて大事だと思ったんです。そんな日常の積み重ねによって、働いていてよかったなと思います。めっちゃシンプルですけど(笑)。あとは、たまにバチコーンってくる作品に出会うと、ヌーヴォにいなかったら絶対にこんな機会なかったなと思います。劇場を通して出会った人も多いので、ヌーヴォは私の人生と切っても切り離せないような存在ですね。

──辞めたいと思ったことは一度もないですか?

あります(笑)。でも悪い意味じゃなく、ヌーヴォは魔物のような存在感があるので、何かそこに吸い寄せられしまっているんですよね。変な感覚ですが。

──同じように“魔物のようなヌーヴォ”を愛し引き寄せられているお客さんがたくさんいるように思います。

ヌーヴォを愛してくれているお客さんには、ありがとうしか言えないんですね。来てくれてありがとう、応援してくれてありがとう、いろんな映画をヌーヴォで観てくれてありがとう。やっぱりそういう方たちのために、これからも魅力ある映画の上映を絶対続けますって強く思います。この状況には負けないぞ!って。作り手を交えてもっともっと映画の魅力を発信できればいいなと考えています。

──一方でこれからヌーヴォに出会う方もいますよね。

なんか怖そうというイメージを持っている方もいるかもしれないんですが(笑)。何かのきっかけでたどり着いてくれたらうれしいです。お会いする日のために、上映は続けて行きます。映画館は地域地域でそれぞれ特色があるので、そんなものも感じ取っていただければ。

──劇場に一度足を踏み入れると、逃さない魅力がありますよね

はい、ガシってつかんじゃいます(笑)。

※may the cine nouveau be with youのeはアキュートアクセント付きが正式表記

シネ・ヌーヴォで開催中および、今後開催予定の特集上映

ソクーロフ特集 2021

2021年9月25日(土)~10月8日(金)
<上映作品>
「モスクワ・エレジー」
「精神の声(デジタル・リマスター版)」
「エルミタージュ幻想(デジタル・リマスター版)」
「太陽(デジタル・リマスター版)」

ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ

2021年10月2日(土)~15日(金)
<上映作品>
「リバー・オブ・グラス」2Kレストア版
「オールド・ジョイ」
「ウェンディ&ルーシー」
「ミークス・カットオフ」

風間志織特集

2021年10月9日(土)~22日(金)
<上映作品>
「チョコリエッタ」
「火星のカノン」
「せかいのおわり」

妖怪・特撮映画祭

2021年10月9日(土)~11月5日(金)
<上映作品>
妖怪・怪談
「妖怪大戦争(1968年)」4K修復版
「妖怪大戦争(2005年)」
「妖怪百物語」4K修復版
「東海道お化け道中」4K修復版
「四谷怪談・お岩の亡霊」
「怪談 雪女郎」 
「牡丹燈籠」 
「怪談累が淵(1960年)」 
「怪談 蚊喰鳥」

大魔神・ガメラ
「大魔神」4K修復版
「大魔神怒る」4K修復版
「大魔神逆襲」4K修復版
「大怪獣ガメラ」
「大怪獣決闘・ガメラ対バルゴン」
「大怪獣空中戦・ガメラ対ギャオス」
「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」
「ガメラ対大悪獣ギロン」 
「ガメラ対大魔獣ジャイガー」
「ガメラ対深海怪獣ジグラ」
「宇宙怪獣ガメラ」
「小さき勇者たち GAMERA」

スペクタクル・ディザスター・怪奇・幻想
「釈迦」 
「日蓮と蒙古大襲来」 
「大江山酒天童子」 
「鯨神」 
「宇宙人東京に現わる」 
「蛇娘と白髪魔」 
「透明人間と蝿男」  
「首都消失」 
「風速七十五米」

第2回インド大映画祭

2021年10月16日(土)~29日(金)
<上映作品>
「火花 -Their」
「3」
「カダラムの征服者 -Kadaram Kondan」
「ゲームオーバー -Game Over」
「NGK」
「最終ラウンド -Irudhi Suttru」
「Mr.ハンサム -Perazhagan」

アプリで読む