Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

深川麻衣の、マイペース語り

深川麻衣、連載はじめます #じぶんのこと。

隔週連載

第1回

20/11/27(金)

はじめまして!今回からここ『ぴあアプリ』で連載をスタートさせることになりました。深川麻衣です。連載のタイトルは『マイペース語り』。熱く語り尽くす!というより、プライベートで日々思ったことやお仕事の裏バナシがゆるく話せたらいいなと思っています。今までやったことのないチャレンジ企画とか、変身企画とか(?)新しいことにも挑戦できたらおもしろそう。

そんな連載第1回は、はじめましての方も多いと思うので、テーマは#じぶんのこと。

自分のことを、知らない誰かに自己紹介するのって実は難しいですよね。皆さんは自分自身を客観的に見て、どんな人だって思いますか? 私は……うーん。よく人からも言われるし、自分でも思うのは、負けず嫌いな性格だってこと。仕事でショックだったりうまくいかないことがあったりすると、その時はすごく悔しくて凹むんです。でもその後は、悔しさをエネルギーに変えるタイプ。悔しいからこそ「もっとやるぞー!」って燃えてくるんですよね。

特に、今回主演した映画『おもいで写眞』の現場では、自分の中の負けず嫌い要素がかなり爆発。演じた結子のキャラクターは、喜怒哀楽の表現がすごく激しくて、自分が準備して、想像していた以上の感情を出すことを求められました。監督からも「もっと出して!もっと出して!」と日々言われ、本当に難しい役でした。私の演技を引き出そうと、監督も粘り強く撮影してくださったのですが、演出を受けたことに対してうまく返せない自分がすごく悔しくて……。

撮影中は毎日新しい気持ちで、「今日はがんばるぞ!」と思いながら現場に行くんですけど、家に帰ってくるころにはもう心が折れてる。1日を振り返って「もっとこうできたのに!」って思うと悔しくて、ほぼ毎日泣いていたような日々でした。

昔の私だったらこういう状況だと、落ち込んでからの谷が深くてなかなか立ち直れなかったんです。でも、今はズルズルと引きずらず、ちょっとでも生かして、こう変えていこう!って思えるようになったのが成長できたところかな。うまくいかなかった自分も、全力でやった結果と思うと許せるようになったし、認められるようになった。心の切り替えが早くできるようになったんだと思います。

『おもいで写真』の試写で初めて繋がったものを見たときに、「私、この時こんな顔してたんだ!」って結構びっくりして。今までにない表情を出せたのは、負けず嫌いな思いで必死に食らいついて作品を作り上げたからこそ。グループに在籍していたときには「怒ることってあるんですか?」と言われたり、常にニコニコしているイメージがあったみたいで……。良くも悪くも感情が見えにくい印象だったのかなって振り返ると思うんです。でも今回は、怒ったり、手が出たりetc.感情むき出しの役柄を演じているので、見た方は結構びっくりすると思いますし、そんな新たな一面も楽しんでいただけたらうれしいです。

負けず嫌いがゆえに、1回1回考えすぎたり、自分のことに必死になりすぎるのは悩みかな……。今回共演した事務所の先輩でもある、高良さんや香里奈さんを間近で見ていて、もっと周りが見える人になりたい、もっと頼もしい人になりたいっていう目標ができました。常に周りに気配りができて自分も楽しめる、壁にぶつかっても楽しんでバネにできるって、本当に素敵だなと思ったので、いつか私も後輩の子と仕事したときに、そう思ってもらえるようになれれば…。そのためにも色々なことに挑戦して、できることの幅も広げて日々成長していけるよう頑張ります。

#最近手作りしたもの

写真左
映画のシーンで出てきて、すごく印象的だった魚のモビール。似たようなのないかな?ってネットで探してみたんですけど見つからなかったので、自分で作っちゃいました。映画で見たものは、木製っぽかったのですが、本物の木を切ったり削ったりはさすがに難しいなと思い、木目の厚紙で制作。裏が白かったので、厚紙と厚紙を張り合わせて、両面に木目が見えるようにしました。見よう見まねで作った割には、結構いい感じに仕上がってませんか?

写真右
粘土で作った犬の置物。ヨークシャテリアとシュナウザーです。おうちのインテリアはウッディなものが好きで、ベッドや棚などのインテリアも木製でそろえているのですが、お部屋に飾れるアイテムがなかなか見つからなくて……。結構探していたんですけど、理想のものに出会えなかったので、自分で作ってみようと思い制作したのがこれ。一見難しそうに見えますが、石粉粘土という柔らかくて扱いやすい粘土を使っているので、本当に簡単。べたべたしていないから手に付きにくいし、初心者にもおすすめです。

欲しいものが見つからなかったら作っちゃえって、普通はあんまり思わないんですかね?(笑)。うちは母が何でも自分で作る人で、棚とかの家具、ウォールペイントなどのインテリア小物、最近では革製品のアイテムまで自作してて、小さいころからいろいろと手作りする母の姿を見てきたから、私も似たのかな。自然と「これ私でも作れるかも」って思考回路になっちゃいました。また何か作ったらここで紹介していきたいと思います。

じゃあまたね~👋

★おしらせ★
深川麻衣さんにこの連載でやってほしいこと、聞きたいことを募集します! コメント欄にぜひ書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしております!

プロフィール

深川麻衣(ふかがわ・まい)

1991年3月29日生まれ。静岡県出身。O型。
2011年に乃木坂46の第1期生として活動をスタート。その後2016年、女優業に専念するためグループを卒業。NHK連続テレビ小説『まんぷく』『日本ボロ宿紀行』『まだ結婚できない男』をはじめとしたドラマ、『愛がなんだ』、『空母いぶき』『水曜日が消えた』など映画作品にも多数出演。初出演にして初主演を果たした映画『パンとバスと2度目のハツコイ』ではその演技が評価され、第10回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞を受賞。次回作の2021年1月29日公開予定『おもいで写眞』では、夢に破れ東京を離れた後、地元で“遺影写真撮影”という新たな仕事を通して成長するヒロイン、結子を熱演する。

深川麻衣 official web site
https://fukagawamai.com/

撮影/高橋那月、取材・文/滝紀子、企画・構成/藤坂美樹、ヘアメイク/小澤 麻衣(モッズ・ヘア)、スタイリング/樽山リナ、衣装協力/チェックシャツ¥17,000/nicholson&nicholson(ナカガワ )、サロペット¥19,000/ JOHNBULL(ジョンブル )、中に着たブラウス、ソックス/スタイリスト私物

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む