Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

岡田将生&志尊淳がサプライズ登場! 『さんかく窓の外側は夜』森ガキ侑大監督ティーチインイベント

ぴあ

『さんかく窓の外側は夜』監督ティーチイン<サプライズ登壇>イベント (C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

現在公開中の映画『さんかく窓の外側は夜』で監督務める森ガキ侑大に「直接質問をしたい!」という熱い“さんかく窓ファン”の向けたティーチインイベントが2月2日、新宿ピカデリーにて開催。イベントの後半には、本作でW主演を務める岡田将生、志尊淳がサプライズで登場した。

本作はヤマシタトモコによる同名コミックを原作としたミステリーエンタテインメント。岡田演じる霊が〈祓える男〉冷川と、志尊演じる〈視える男〉三角のふたりが“除霊”という特殊能力を使い怪奇事件に挑んでいく。

映画の上映後、ステージに登場した森ガキ監督は、集まったファンに向けて「今日は本当にこれだけたくさんの“さんかく窓ファン”の方にお集まりいただきありがとうございます。そして、いつもTwitterなどで勇気づけられるコメントを頂いて感謝しております。今日は楽しみましょう」と挨拶。早速「北川景子さんが、エリカ(平手友梨奈)に呪いをかけられる役でかなり短いシーンで出演されていたかと思いますが、なぜあのシーンでの出演だったのですか?」と北川にオファーをした経緯について聞かれると、「元々、平手さんと北川さんが仲良くされてたこともあり、急遽、北川さんが友情出演してくださるという話がありました。その時にはもう配役がほとんど決まってたので、あの役しかなかったんです。平手さんとセッションするとしたらこの役しかないのですが、やっていただけますか?というオファーをしましたところ、受けてくださったんです」と回答した。

また、続編の可能性について問われると、監督は「正直、まだないのですが、今はこの映画の余白を楽しんでいただけたらと思っています。全部説明をせず、皆さんに色々と考えてもらう映画にしたかったので。続編については頑張って企画できるように頑張りたい気持ちはあります(笑)」と素直な気持ちを語る。数ある作品の中でこのコミックを映画化した理由については、「最初はプロデューサーチームから、映画化の話を頂いたのですが、まず最初に感じたのは、新しいジャンルの作品だなと思いました。今までにないような色々な要素が詰まってると思ったのと、世の中にこんなに色々な要素がミックスされた作品はないと思い、挑戦してみたいと思いました」と振り返った。

イベントが後半に差し掛かると、MCの呼びかけに合わせて岡田と志尊が本作のTシャツを着て登場。森ガキ監督もふたりの登場を知らなかったようで、「ふたりとも忙しくて仕事が終わらないって聞いてたから!」と驚いた様子だ。岡田は監督の髪型に注目し、「監督、今日、髪の艶すごいですよ!(笑)」とツッコミ。それに対して、森ガキ監督は「『志尊淳にしてくれ!』って言ったんですよ!」と答えて観客を笑わせた。

ここでMCから三人に対して映画に関する質問が。「公開して1週間が経ちましたが、周りの反応はいかがですか?」という問いに、森ガキ監督は「うちの母親はいつも(息子の作品に対して)酷評なのですが、今回は『映画として本当に良かった、役者がみんなよかった!興奮して泣いた』って連絡が来ました。それだけうちの母親の心は掴んでいましたね」と回答。志尊も家族の反応について、「母は『もう一回見たい!』、祖母は『ちょっと怖かった』、姉は『淳の顔が近い。顔が近くて集中できなかった』とそれぞれから感想をもらいました。姉としては、僕の顔もうそんなに見たくないんでしょうね(笑)」と振り返る。

また、森ガキ監督について「一番最初に、僕らふたりで死体を見つける場面があるのですが、2人の動きがシンクロするんですよね。このシンクロさせることの重要性を、演出を受けているときに気が付いて、監督ってすごいなと思いました」とエピソードを明かした岡田。さらに志尊が「森ガキさんって役者の意見を尊重してくれて否定しないんですよね。その上で客観的に的確に指導してくれるので役者も安心して演技ができるというか。あと、今回CGの部分も多くて、(出来上がりは)どういう音がしているかとか想像しなければいけない部分が多かったのですが、森ガキさんは蛾の標本を持ってきて、『この蛾が、何匹くらいこういう風に迫ってきます。音としては、こういう音が、キーン!と三角君にだけ聞こえます』という風に、具体的に見せて教えてくれたのがとてもやりやすかったです」と語ると、森ガキは「ありがとうございます!嬉しいですね」と微笑んだ。

最後に三人からそれぞれファンに向けてメッセージ。志尊は「皆さんありがとうございました。もう皆さんに伝えることはないですね。こうやって、劇場に足を運んでいただいて、この作品を皆さんの中で解釈してくださることが一番です。そして、今日は皆さん一人一人がメディアですので!たくさんの方に広めてもらえたら嬉しいです」と呼びかけ、岡田は「淳くんと同様ですが、皆さんには一人でも多くの方に拡散していただいて、長く愛される作品になってほしいなと思います。それと、今日の夜はとても冷え込んでいるので、暖かくしてお帰りくださいね(笑)」と体調を気遣う。

そして、森ガキ監督が「新しいものが作れたと思っています。皆さんからのツイートとかに本当に勇気づけられています。さんかく窓ファンの皆さんには感謝しかありません!来週、再来週と上映は続きますので、皆様のお力が必要です!楽しみながら盛り上げてもらえたら嬉しいです。今日はありがとうございました」と締め、イベントは幕を閉じた。

映画『さんかく窓の外側は夜』
公開中

アプリで読む