Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「仮面ライダー滅亡迅雷」上映会、砂川脩弥「ピンチのときに集まる絆が4人らしさ」

ナタリー

左から中山咲月、砂川脩弥、山口大地。

「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」の舞台挨拶付き上映会「滅亡迅雷ナイト」が、8月24日に東京・新宿バルト9で開催され、キャストの砂川脩弥、山口大地、中山咲月、プロデューサーの近松知佳が登壇した。

新作「ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー」の上映開始“前夜祭”として実施された同イベント。舞台挨拶では「仮面ライダー滅亡迅雷」の結末について、雷役の山口が「びっくりしました。ただ滅亡迅雷は悪役なのでその形を変えずに最後を迎えられたのは幸せだと思いました」と、亡役の中山が「ショックではありましたが、今まで行ってきた悪事が清算されたわけではなかったので、この終わり方には納得できました」と語る。

この日、迅役の中川大輔が欠席していたことから、滅役の砂川は仮面ライダー迅のフィギュアを持参。そんな砂川は、滅亡迅雷.netらしさについて聞かれると「ピンチのときに、別々に行動していた4人が集まる絆は滅亡迅雷らしい」と述べた。

中盤では山口から近松へ、各キャストにオーディションで会ったときの印象について質問が。近松は、中山がオーディションではなくキャスティングを経た出演だったことを明かしつつ、砂川に対して「沖縄出身のすごくうまい人がいるといううわさを聞いていて、この人だと思った。やはり上手でした」と、山口に対して「そもそもオーディションに呼ぶなんて恐れ多いと恐縮しつつも、行きたいと言われ来ていただいたんですが、悪役には色気が必要なんだと教えてもらいました」と言葉を送った。

またイベントの最後には、山口が「ファンの皆さんが『バンドやって』と言うから、実際に動き始めます!」と、滅亡迅雷.netの4人で音楽活動をするため行動を起こすことを宣言した。

「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」のBlu-ray / DVDは現在販売中。「ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー」は8月27日から期間限定上映される。

(c)2021 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (c)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

アプリで読む