Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

中村佳穂(撮影:森建二)

中村佳穂BANDがリキッドで驚異的パフォーマンス、馬喰町バンドや和太鼓奏者と盛大な祭り

ナタリー

19/7/19(金) 16:25

中村佳穂が7月13日に東京・LIQUIDROOMでワンマンライブ「LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY 中村佳穂」を行った。

昨年11月の最新アルバム「AINOU」発売後、日本テレビ系「バズリズム02」やテレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」で紹介されたり、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が立ち上げた音楽賞「APPLE VINEGAR -Music Award-」の第2回大賞を受賞したりと、音楽ファンの間で瞬く間に注目の的となった中村。LIQUIDROOMは中村にとって過去最大規模の会場ながらもチケットは即日ソールドアウトとなり、数多くの観客が彼女のライブを体感するため会場に足を運んだ。

バンドメンバーの荒木正比呂(Key / レミ街)、深谷雄一(Dr / レミ街、egoistic 4 leaves)、西田修大(G)、MASAHIRO KITAGAWA(Syn, Cho)と共にステージに登場した中村はピンスポットを浴びると、鍵盤の弾き語りでライブを開始。観客がじっと耳を傾ける中、中村は歌うこと、人前で演奏することへの思いを即興で歌に変えて伝えていく。自信が持てなくても楽しく歌うことこそが自分の使命だと考え、まっすぐに歌い続けてきたという中村は、徐々に演奏に込める力を強めていくと「楽しそうに聴いてくれる皆さん、“いいね”って言ってくれる人が私の頼り……ということは、今ここにいる人たちが私の勇気になっているということ! すべて私の歌になる!」と高らかに歌唱。「改めまして京都から来ました! 中村佳穂です!」と名乗りを上げ、場内に大きな歓声を響かせた。

中村は「GUM」の演奏を開始し、「みんな!」のかけ声からバンドメンバーとグルーヴィなバンドアンサンブルを展開。続く「アイアム主人公」では「ダウン!」「アップ!」の指示で演奏のテンポを落としたり上げたり、「ストップ!」と叫んで静寂を生み出したりとバンドの音を自由自在に操ってみせる。中でも観客を驚かせたのはキメの連発。バンドメンバーは中村が思いつきで指定する回数だけキメを打ち、中村が「44!」と叫べば、44回キメをそろえて何事もなかったかのように元の演奏に戻るという驚異的な演奏技術を見せつけた。

その後「Fool For 日記」で場内にトリップ感を生み出した中村が、即興のパフォーマンスの中で「歌って!」と叫ぶと、KITAGAWAがソウルフルな歌声を響かせる「get back」へ。続いて静かに始まった「SHE'S GONE」では、どんどんと迫力を増していくサウンドがオーディエンスを圧倒した。ここでバンドメンバーが一旦退場すると、中村はソロで「忘れっぽい天使」や「シャロン」を歌唱。切なげな歌声を観客にじっくりと聴かせていく。続けて中村が「You may they」を歌い始めると、バンドメンバーがステージに帰還し、その勢いのまま「きっとね!」に突入。場内に爽快な盛り上がりをもたらした。

約10分間の休憩後、中国の民族風衣装に着替えた中村とバンドメンバーに加えて馬喰町バンドの武徹太郎(ギター六線、太鼓)と織田洋介(Contrabass)がステージに登場。初披露となる新曲2曲でコラボパフォーマンスを繰り広げた。続けて弾き語りのソロパフォーマンスを行った中村が手にした提灯を点灯させると、同じく提灯を持ったバンドメンバーが太鼓を叩きながら現れる。一気に場内がにぎやかになる中、スタートした新曲「LINDY」では、和太鼓奏者もライブに参加。ステージ中央に設置された八丈太鼓がエネルギッシュに打ち鳴らされる中、中村が「祭りタイム!」と叫ぶと、太鼓を抱えた武が客席に降りていき、狂騒はさらに加速していった。そして本編ラストに披露されたのは「そのいのち」。中村佳穂BAND+馬喰町バンド+和太鼓という特別な編成で演奏される、いつにも増して壮大なサウンドが観客の心を大きく揺さぶった。

アンコールで中村は、次回のライブが7月26日から28日に新潟・苗場スキー場で行われる野外ロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL '19」のステージであることを語ると、2016年のフジロックでもパフォーマンスした「口うつしロマンス」を披露。最後は最新アルバム表題曲「AINOU」を力強く歌い上げ、大きな拍手と歓声に包まれながらステージをあとにした。

またライブ中、中村は10月23日に東京・草月ホール、11月14日に大阪・BIGCATでワンマンライブを行うことを発表。中村のオフィシャルサイトでは7月21日23:59まで東阪ライブのチケットの先行予約を受け付けている。

LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY 中村佳穂
2019年7月13日 LIQUIDROOM セットリスト

01. アドリブソロ(※中村佳穂ソロ)
02. GUM
03. アイアム主人公
04. Fool For 日記
05. get back
06. SHE'S GONE
07. バラード(※中村佳穂ソロ)
08. You may they
09. きっとね!
10. 新曲(※中村佳穂BAND+馬喰町バンド)
11. 新曲(※中村佳穂BAND+馬喰町バンド)
12. バラード(※中村佳穂ソロ)
13. LINDY(※中村佳穂BAND+馬喰町バンド+太鼓)
14. 太鼓ソロ(※太鼓ソロ)
15. そのいのち(※中村佳穂BAND+馬喰町バンド+太鼓)
<アンコール>
16. 口うつしロマンス 
17. AINOU 

中村佳穂 自主企画

2019年10月23日(水)東京都 草月ホール
2019年11月14日(木)大阪府 BIGCAT

アプリで読む