Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

SUPER BEAVERが今、“アイラヴユー”を届けたい人とは? 未曾有の2020年を経て完成した最新アルバムを語る

リアルサウンド

21/2/4(木) 12:00

 昨年春にメジャー再契約を果たしたSUPER BEAVERから、約2年ぶりとなるニューアルバムが届いた。12月に開催した横浜アリーナでの無観客配信ライブ『SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダSP~全席空席、生配信渾身~ @横浜アリーナ』のラストで告知された『アイラヴユー』というタイトルを目にした瞬間、「今SUPER BEAVERが伝えるべきメッセージはこれしかない」という確かな手応えを感じたのを覚えているが、その手応えをさらに深めてくれるような作品である。

SUPER BEAVER 「アイラヴユー」MV

 バンドとしての経験、そのなかで見出してきた自分たちの矜持、コロナ禍の心境や世の中の空気、すべての物語が「アイラヴユー」というシンプルなキーワードのもとに合流し、力強く鳴っている。常に「人」と向き合い音楽を鳴らし続けてきた彼らだからこそ、あらゆることが変化した今においても、目の前の「人」に向けていちばん純粋でタフな言葉と音を届けることができるーーという意味で、まさにSUPER BEAVERそのもののようなアルバムだと思う。メンバー4人に、たっぷり語ってもらった。(小川智宏)

「今できることはちゃんと全部やれた」横浜アリ公演

ーー横浜アリーナでの無観客配信ライブ2デイズ、おつかれさまでした。ああいう形でやってみて、いかがでしたか?

上杉研太(Ba/以下、上杉):まずは、本当にやってよかったっていうのが実感としてありますね。2020年は、こういう状況の中でも止まらずに、ちゃんと自分たちの最前線をアウトプットするにはどうすればいいかということをすごく話し合って考えてやってきた1年でもあったと思うんです。その1年のいろんな思いをひとつ形にできた気がしたというか。

ーー夏に新木場STUDIO COASTで収録したライブを配信していました(2020年7月11日『SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダSP 〜LIVE document〜』)。あれとは根本的に違うものになりましたよね。

柳沢亮太(Gt/以下、柳沢):最初の新木場で、人がいないところで4人だけで演奏するっていうことがどういう感覚なのかっていうのがまずわかったし、その先に野音(日比谷野外大音楽堂)のライブを生配信して。それはもちろん人が目の前にもいてくれたんですけど、それを同時に生配信で全国に届けるっていうことがどういう感覚になるのかっていうのもすごく感じられましたし。その間にまさか2本目のツアーまで全部飛ぶなんて思ってなかったですけど、その中でも何度も会話をして、いろんな考え方を交わして。やっぱり、予定していたツアーをただ「なし」にはしたくない、じゃあ横浜アリーナをやってみようよって思えた。それは本当に段階を経て、何度も何度も会話を重ねた結果だと思うんです。いろんな経験の最終地点という感じはしますね。

藤原”32才”広明(Dr/以下、藤原):配信ならではのこともいろんな人の知恵を借りてやれましたし、今年考えてることが出せたのかなと。満足してるっていうとちょっとまた語弊があるんですけど、今できることはちゃんと全部やれたかなっていう気持ちですかね。

ーー名前も覚えてもらえたしね(※藤原の名前を渋谷が覚えていない、というのがMCの定番ネタだったが、横浜アリーナの1日目でついに渋谷が名前を覚えるというやり取りがあった)。

藤原:そうですね(笑)。

柳沢:何よりの収穫だね。

渋谷龍太(Vo/以下、渋谷):…………。

藤原:あ、もう忘れました? また忘れちゃったよ(笑)。

(『アイラヴユー』は)初めてリスナーとして人に薦めたくなる一枚に

ーーはははは。またがんばりましょう(笑)。ぶーやん(渋谷)はMCで、「みんなが歌っても我々には届かない」って言っていましたよね。嘘でも「届いてるよ」って言いたくなるし、実際言っている人もたくさんいるけど、そこで正直に「届かない」って言うのが、らしいなあと思いました。

渋谷:そうなんですよね。届いてる感覚っていうのを実際感じるような瞬間もあったんですけど、それをまやかしだって自分の中で判断するっていうのはすごく大事なことだなと。やっぱり聞こえてないものは聞こえてないし、伝わってないものは伝わってないから、そこをはっきりと言った上で全力でやる。で、受け取る側からも発信してもらうけど、それが実際に届いてないっていうことを実感してもらう。そうやって、配信と生の現場は絶対に違うんだよっていう「隔たり」をはっきりさせることっていうのは、音楽家としてとても大事なことだと思ったんですよね。

ーーそしてそんな配信ライブの最後にアルバム出しますってアナウンスがあって。そこで届けられた言葉が『アイラヴユー』っていうのは、ちょっとかっこよすぎんじゃないかと思いましたけど(笑)。

柳沢:ははははは!

渋谷:よくできてましたね、流れ的にね。

SUPER BEAVER 「突破口」 MV

ーーでも音源聴かせてもらったら、まさに『アイラヴユー』としか言いようのない作品になっていて。素晴らしいアルバムだなと思ったんですけど、作り終えてどうですか?

渋谷:今回のアルバム、初めてリスナーとして人に薦めたくなったんですよね。今までは作り手として「こういうものができました、聴いてください」って思ってたんですけど、今回はリスナーとして他の人にも聴いてほしいって感覚。それは作り手が薦めるよりもピュアだと思うし、力が強いと思っていて。なぜそうなったのかはわからないですけど、アルバムを聴いて、いちリスナーとして純粋に感動したっていうのがあったので。不思議な感覚ですね。2020年の名盤1枚を選んでくださいみたいなお仕事をいくつかいただいているんですけど……これ、2021年リリースだから選べなかったけど、このアルバムは2020年のマスターピースだと思ってるんすよ。その感覚を持ったのは初めてですね。

藤原:めちゃくちゃいいじゃないですか。最高じゃないですか。

渋谷:でも、なぜここで今自分がリスナー側に裏返ったのかっていうきっかけがまったくわからないんです。ただ、マジで1曲1曲聴くんですよね。

徹底的に無駄を排除して作り上げた説得力のあるサウンド

ーーなるほどね。そうやって感じたというのは大事なポイントのような気がしますので、また後で話したいですね。柳沢さん、今回のアルバムについての手応えは?

柳沢:まずはシンプルにすごくいいアルバムができたな、よかったなって思ってますね。今回はかなり長い制作期間というかインターバルがあったんですけど、その期間中にやっぱりいろんなことがあったので。影響されるまいと思ってましたが、どうしたって普通に生活していても入ってくる部分はあるし、曲を作った時期もバラバラなぶん、SUPER BEAVERのこの数年の活動、思考そのものみたいなものがぎゅっとなったなっていう気がしていて。すごく無駄のない形でそれを抽出したみたいな感覚があります。

上杉:すごく感覚的な話ですけど、ベースとギターとドラムと歌と、歌詞とメロディとっていうのが全部横並びみたいな。なんか歌があるところとないところの印象がいい意味で変わらないっていう、それだけの説得力を持った音作りができていると思います。この曲にはこの音色がとか、この曲だから各楽器のバランス感はこうでなければならないとか、そういう感覚的なところまで追求して、だからこそこの楽器を使うんだとか、だからこそこのスタジオで録るんだとか、そういうレベルまでやったんです。今まではスタジオ入ってドーンって録って、後から「あそこはこうした方が良かったかもな」みたいな部分もあったりしたけど、今回はそれがないんですよ。

SUPER BEAVER 「パラドックス」MV

ーーなるほど。この状況もあったからこそ、より精度高く詰めていけたっていう。だから、聴いていてすごくシンプルに聞こえるんですよね。

上杉:その「シンプルに聞こえた」っていうのがまさにそうだと思うんですけど、徹底的に無駄を排除できたんです。3つの楽器のアンサンブルだけでどこまで説得力を持てるグルーヴが作れるのかっていうところで、そうやって1回俯瞰的に見るっていうことがすごく大事だなって。

まだ思い浮かんでいない人にまで“アイラヴユー”を届けたい

ーーその「俯瞰で見る」というのはこの時期だからこそできたというのもあるし、バンドとしていろいろな経験を重ねてきた10年があったからというのもあるし。今のSUPER BEAVERのひとつのキーワードだと思います。さっきぶーやんが言っていた「人に薦めたくなる」というのも、作った自分とは違う視点を持てたからだと思うんですよ。

渋谷:そうですね。もう1人の自分っていうか、そういうスピリチュアルなことはあんまり言いたくないんですけど(笑)、ちゃんと作品に感動しなければ歌いたくないっていうのはどこかで思っているから。だから結構聴こえ方が変わるんですよね、毎日聴いていて。それは自分がちゃんといち人間としてこのアルバムと向き合えた結果なのかなっていうのは思いましたね、今。

ーーうん。あと、たぶん受け取る側のことがちゃんと見えている、はっきりとイメージできているということでもあるのかなと思います。だからそっち側にいくこともできるというか。

渋谷:うん。何ていうか、想像力以上のものを持てるようになってきた気は正直しているんですよね。不思議な感覚ですけど、誰かに届いてる「かもしれない」じゃなくて、「届いてる」という実感。そう言葉にしてしまうときれいごとに近いですけど、この感覚としてしか捉えられないし、嘘はついてない。片鱗はずっとあったんすけど、それがより具体的になってきたのかなっていう感覚は確かにあるかもしれないです。

ーー実際、このアルバムには「誰か」がいますよね。『アイラヴユー』というタイトルだって、「ユー」がいないと成立しないわけで。

渋谷:そうですね、確かに。なんかちょっと腑に落ちた感じがします。

ーーこの『アイラヴユー』という言葉は具体的に誰かを思い浮かべながら選んだんですか? それとも、もっと大きな意味をもたせている?

柳沢:浮かんでいたし、浮かばない人にまで届けたいと思っていましたね。やっぱり、コロナに関わらず、僕らは対「人」でずっとやってきたバンドだったんですけど、そんな中でもいろんなものがこの1、2年で変わって。10年間ぐらい自分たちでやってきて、自分たちで選んでメジャーと再契約したわけですけど、その選択の裏には人の顔があるし、その具体性みたいのはすごく強かったと思うんです。僕たちが『アイラヴユー』という言葉をかけたいなって思う対象はそこにも絶対いるし、その思いを歌にしたいって、ものすごく強く思ったんです。だからそういう意味では浮かんでるし、その思いをまだ浮かべられてない人にまで届けたいという気持ちもありました。

ーーわかりました。ヤナギ(柳沢)的に今回制作でこだわったところはどんなところですか?

柳沢:個人的に初めて言ったのはスタジオのことですね。どこがいいっていうよりは、いくつか分けて録らせていただけたら嬉しいなと思っていて。そんなところ、今まではあんまりわかんなかったんですけど、やっぱり録るところによって音が違うのかもしれないっていうことにようやく気づいて(笑)。それはどっちがどうっていうよりは、漠然と一聴したときに、いい意味で耳触りが違うようにしたいなって思ってたんですよ。それがまとまったときに、何かこう、大きな球体のようなエネルギーを持ったものにしたいなって。だからスタジオもスタッフにおまかせというよりは、漠然としたイメージだけど持ち寄りながら、最初からヒロ(藤原)とも「ドラムはどういう鳴りがいい?」とか会話したりして。

なんとなくやるっていうのが一番やばい

ーーああ、なるほど。理想に近づけていくというよりは、それこそちゃんと細かいところまで意思を込めていく、そのことが大事だったんですね。だから背伸びしてたり、無理やり新しいことをやろうとかっていうことは一切なくて、曲が求めているものというか、曲がそうあるべき姿っていうものに対して精度高く、素直にやっていくっていう。

柳沢:そうですね。今回は、曲を作ってる段階からわりとメンバーが干渉してきてくれてたっていうのはすごく感じるんです。デモができたよっていうときの感想しかり、アレンジの部分で、「こういうの試したいんだけど」っていうものをスタジオに入る前から投げてくれたりとか、アルバムの曲が揃いかけてるときに、「もうちょっとこういう曲ってあったらなおいいと思うんだけど、どう思う?」って相談をヒロ(藤原)がしてきたりっていうのもあって。それは逆も然りなんですけど、メンバー同士、それぞれの持ち場に対してのアイデアみたいなのは、これまで以上にもらったような気がします。「どうやったら今のSUPER BEAVERは余すことなく表現できるだろうか」ということをそれぞれがそれぞれの立ち位置ですごく考えながらできたアルバムだなって思う。

藤原:ま、いつも干渉してるんですけどね。「干渉」って(笑)。

柳沢:干渉っていう言葉はあれだけど。

藤原:何だろう、今まではやっぱり引き出しを増やす作業だったと思うんですよね。でも、その使い方がわかってないところもあったというか。この色はこういうのに似合うんだよなとか、こうやって使うといいんだよなっていうのが2019年とか2020年頭ぐらいからちゃんとわかるようになってきて、自分の強い部分とか得意なことがもっと得意になった感じがして。武器の使い方を知ったみたいな感じなんですかね。

ーーそれも、自分で自分が見えているというか、まさに客観で見ることができているっていうことのような気がしますけどね。

藤原:そうかも。そういうことになるんですかね、確かに。

ーー僕、このアルバムでどの曲が一番好きかと言われたら、じつは圧倒的に「時代」なんです。これこそ俯瞰しているからこそできた、すごい曲だなと思ってるんですけれども、これはどういうところから生まれてきて、作っていった曲なんですか?

柳沢:「時代」は、できたタイミングとしては今回の中でいちばん古いんじゃないかな。その当時は、特別大きなことを言いたいというよりは、もっと生活に由来しているものにフォーカスを当てるきっかけになるような楽曲を作りたいなと思ったんです。決して世間的に目立つようなものだったりはしないけど、すべてのものが絡み合って日常や生活があるとしたときに、そこで押し潰されそうだったり、疎外感や孤独感みたいなものを感じている人がもしどこかにいるなら、そういう人に届く歌を作れたらいいなっていうのが、純粋な思いでした。

ーー〈時代とはあなただ〉っていうのは、もう、歴史に残る名文句なんじゃないかって思うんですが。

上杉:言い切ったなあと思いますよね。

渋谷:ちょっと怖い部分ですけどね、そうやってひとつの答えのように出しちゃうっていうのは。あなたとは時代っていう……まあ、ニアリーイコールでいいと思ってるんですけど。断定とは少し違う部分、可能性の一つですね、これは。

ーーというか、〈時代とはあなただ〉って、要するに『アイラヴユー』ってことだなと思う。

柳沢:本当、そうですね。毎日忙しいお父さんお母さんとか、わからないけど、先生とか友達との付き合いが大変な子どもとか……職業とかじゃなく、生活の中のもの。それがすごく歌になったなと思っていて。なんでそういうことを言いたかったかっていうとたぶん、今おっしゃったように、「アイラヴユー」ってことなんだと思います。音も、楽団感みたいなイメージだったんです。いろんな音が、ひとり、またひとりと集まってくる感じみたいなのはイメージしながら作っていました。いろんな音色をみんなで奏でるような、そういうのが世界観としてすごくあったなって思います。

ーーわかりました。2021年、ライブもすでにスケジュールされています。豊洲PITでの3回のライブ『15th Anniversary 都会のラクダSP〜ラクダの決着、豊洲3本勝負!〜』ではお客さんを入れつつ無料配信もやるという、あまり他では見ないやり方ですよね。

渋谷:自分たちでこの1年間配信ライブをやってみたり、観る側としても30は行ってないけど、それぐらいの数は観て。その中で思ったのは、ぼちぼち、配信ライブって有料コンテンツとして使えなくなってくるんじゃないかっていうことで。だから配信に関しては、先の見通しもちょっとわからないですけど、また生でできるようになったときにそれに付随する副産物みたいな形に落ち着くのがいいのかなって自分としては思ってるんです。おそらく配信じゃ絶対に満足できないであろう人がライブを選ぶような形になってくると思うし、逆に配信で満足される人もいるだろうし。そこの棲み分けがうまくできたらいいなって思ったので、実際に生で見られる現場と、無料で観られる現場っていうのを作ろうかなと思いました。

ーー今回のアルバム、曲もそうだし、ライブのひとつひとつ、やることのすべてにちゃんと意味と意思をもってっていうのも、SUPER BEAVERの美学ですよね。

渋谷:そうですね。なんとなくやるっていうのが一番やばいと思ってるんで。明確に自分が見たいものがあるって思うがゆえにやらないと、それが行動を起こす側の人間としてのマナーかなと思ってるんで。自分の中で理由を設けるっていうのは大事だと思ってますね。

■リリース情報
SUPER BEAVER
New Album『アイラヴユー』
2021年2月3日(水)発売

【初回生産限定盤A(CD+BD】
SRCL-11665~6 ¥4,500(税込)
購入はこちら

[Disc1 / CD]
1.今夜だけ
2.ハイライト (ABEMA配信番組『主役の椅子はオレの椅子』主題歌)
3.突破口  (TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』第2クール オープニングテーマ)
4.mob
5.自慢になりたい
6.パラドックス
7.アイラヴユー
8.予感 -Album mix- (カンテレ・フジテレビ系 火曜よる9時連続ドラマ
『僕らは奇跡でできている』主題歌)
9.時代
10.ひとりで生きていたならば (映画『水上のフライト』主題歌)
11.さよなら絶望

[Disc2 / 特典Blu-ray Disc]
・2020年12月9日 無観客生配信LIVE映像「SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダSP~全席空席、生配信渾身~ @横浜アリーナ」
・Album『アイラヴユー』制作ドキュメント映像

【初回生産限定盤B(CD+DVD)】
SRCL-11667~8 ¥4,000(税込)
購入はこちら

[Disc1 / CD]
全11曲収録(通常盤、初回生産限定盤Aと共通)

[Disc2 / 特典 DVD]
初回生産限定盤Aと共通

【通常盤(CD)】
SRCL-11669 ¥3,000(税込)
購入はこちら

<収録曲>
全11曲収録(初回生産限定盤A、初回生産限定盤Bと共通)

SUPER BEAVER結成15周年特設サイト

■ライブ情報
『SUPER BEAVER 『アイラヴユー』Release Tour 2021 ~ 愛とラクダ、15周年ふりかけ ~』

2月3日(水)【東京都】 Zepp Tokyo
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888  [平日12:00~15:00]

2月10日(水)【愛知県】 Zepp Nagoya
2月11日(木・祝)【愛知県】 Zepp Nagoya
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション:052-320-9100 [12:00~16:00]

2月19日(金)【大阪府】 Zepp Osaka Bayside
2月20日(土)【大阪府】 Zepp Osaka Bayside
問い合わせ:GREENS:06-6882-1224  [平日11:00~19:00]

2月28日(日)【福岡県】 Zepp Fukuoka
3月1日(月)【福岡県】 Zepp Fukuoka
問い合わせ:キョードー西日本:0570-09-2424 [月~土 11:00-17:00]

3月5日(金)【北海道】 Zepp Sapporo
3月6日(土)【北海道】 Zepp Sapporo
問い合わせ:WESS: 011-614-9999 [月~金 11:00-15:00]

3月11日(木)【神奈川】 KT Zepp Yokohama
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888  [平日12:00~15:00]

3月12日(金)【東京都】 ZeppHaneda
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888  [平日12:00~15:00]

『SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダSP ~ ラクダの里帰り ~』

2021年3月26日(金)【大阪府】LIVE SQUARE 2nd LINE
OPEN 18:00 / START 18:30
問い合わせ:GREENS:06-6882-1224  [平日11:00~19:00]

2021年3月27日(土)【愛知県】名古屋CLUB UPSET
OPEN 16:30 / START 17:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション:052-320-9100 [12:00~16:00]

2021年3月30日(火)【東京都】shibuya CYCLONE
OPEN 18:00 / START 18:30
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888  [平日12:00~15:00]

『SUPER BEAVER 都会のラクダSP 行脚 ~ラクダフロムライブハウス~』
2021年4月7日(水)【千葉県】千葉LOOK
OPEN 18:00 / START 18:30
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888  [平日12:00~15:00]

2021年4月8日(木)【東京都】shibuya eggman
OPEN 未定 / START 未定
問い合わせ:shibuya eggman 03-3496-1561

※shibuya eggman公演に関してはeggmanとSUPER BEAVERの共催イベントとなる為、詳細やチケット情報は後日eggman側からアナウンス致します。

■関連リンク
SUPER BEAVER OFFICIAL HP
Twitter
Instagram

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む