Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BALLISTIK BOYZ 加納嘉将に続く才能も EXPG STUDIO SENDAI『THE STAGE』レポ

リアルサウンド

19/9/9(月) 18:20

 EXILEらが所属する事務所、LDHが運営する総合エンタテインメントスクール・EXPG STUDIO BY LDHの生徒たちによる発表会『EXPG STUDIO BY LDH presents THE STAGE 2019』が9月7日、宮城・仙台PITにて開催され、未来のアーティストを目指す生徒たちが渾身のパフォーマンスを披露した。

 EXPG STUDIO BY LDHは、2003年にEXILE HIROが次世代アーティストの育成とダンスシーンの発展を目指して設立、創成期にはEXILE AKIRAやEXILE TETSUYAらがインストラクターとして従事していた。年々規模を拡大し、現在では国内12校、海外3校の全15校を展開するエンタテインメントスクールに成長、全国各校から次世代のアーティストを多数輩出している。 同公演は、2003年より『EX SHOW』の名称でスタートし、LDHならではのライブ運営のノウハウを活かした本格的なショーケースとして発展。2018年からは『THE STAGE』と名称を変更し、各校それぞれの特色を活かしたステージングを繰り広げている。

 今回、発表会を行ったEXPG STUDIO SENDAIは、2017年にオープンした東北初のEXPG STUDIOで、翌2018年にはBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEの加納嘉将を輩出するなど、早くも東北の新たな才能を発掘する場として存在感を示しつつある。

 90年代から独自のクラブミュージックシーンが育まれてきた仙台らしく、ライブは幻想的なハウスナンバー・Shallou「Fictions」に合わせたパフォーマンスでスタート。息の合ったタイトなステップで観客たちを魅了した後は、女子生徒たちがブリティッシュ・ソウル界の新鋭グループ・Solomons Garden「Let You In」に合わせてメロウなヒップホップダンスを披露。その後も90年代NYヒップホップのフレイバーを感じさせるダンスや、マイケル・ジャクソンへオマージュを捧げたダンスなど、各ジャンルに特化したパフォーマンスが続く。KRUMPのコーナーでは、Jr.ⓇAG POUNDのメンバー・鈴木瑠偉がパワフルなムーブを披露する一幕も。クールで洗練されたパフォーマンスは、EXPG STUDIO SENDAIならではの特色といえそうだ。

 VOCALクラスの生徒たちが出演する「REGULAR VOCAL STAGE」からは、EXPG STUDIOらしく、LDH所属アーティストのカバーの披露も。EXILE「Carry On」やスダンナユズユリー「TEN MADE TOBASO」 などが歌われた。KIDSクラスの生徒たちによる可愛らしいパフォーマンスの後は、アクターコースの生徒たちによる寸劇も行われ、VOCAL候補生によるDREAMS COME TRUE「何度でも」のソロ歌唱も披露された。

 後半では全クラスの生徒たちが登場。DJがパーティーチューンを次々と投下し、PKCZ®の「CHAIN BREAKER」やHONEST BOYZ®「HeartBreakerZ」 では、キレのあるラップを披露した。EXILE「New Jack Swing」や三代目 J SOUL BROTHERS「O.R.I.O.N.」などのダンスナンバーで盛り上げた後は、いよいよ大団円へ。E-girls「Saturday Night 〜ロックな夜に魔法をかけて〜」に合わせたチアダンスやBALLISTIK BOYZ「NU WORLD」に合わせた選抜メンバーのパフォーマンスが披露され、ラストは三代目 J SOUL BROTHERS「Yes we are」で出演した全生徒がステージに上がり、観客たちにお礼をした。EXPG STUDIO SENDAIからはこの先、独特のカラーを持ったアーティストが生まれる可能性がありそうだ。

 『THE STAGE 2019』は今後、10月13日までEXPG STUDIO各校で順次開催される。

■『THE STAGE 2019』公演情報

『EXPG STUDIO FUKUOKA』9月15日@福岡市立中央市民センター
『EXPG STUDIO MATSUYAMA』9月16日@松前総合文化センター
『EXPG STUDIO OSAKA』10月12日@岸和田市立浪切ホール 大ホール
『EXPG STUDIO TAIPEI』10月13日@中油國光會議廳

『THE STAGE 2019』特設ページ

アプリで読む