Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ダウントン・アビー」 (c)2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc

映画「ダウントン・アビー」2020年1月公開、クローリー邸の面々にまた会える

ナタリー

19/10/4(金) 8:00

イギリスの同名ドラマシリーズの映画版「ダウントン・アビー」が2020年1月10日に東京・TOHOシネマズ 日比谷ほかで公開決定。ポスターと予告編も解禁となった。

ゴールデングローブ賞やエミー賞など数々の受賞を果たしてきた同ドラマシリーズ。20世紀初頭を舞台に、大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族クローリー家とその使用人たちの生活が愛憎交えて描かれた。

映画版はテレビシリーズ最終回から2年後、1927年の物語。英国国王夫妻の「ダウントン・アビー訪問」という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンを呼び戻し、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることになる。YouTubeで公開中の予告編では、ロイヤルファミリーの滞在に沸き立つクローリー邸の面々の姿が確認できる。

キャストにはドラマに引き続き、ヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、エリザベス・マクガヴァン、マギー・スミス、イメルダ・スタウントン、ペネロープ・ウィルトンらが勢ぞろい。「ダウントン・アビー」の生みの親でありドラマシリーズの脚本を担当してきたジュリアン・フェローズが脚本を手がけ、マイケル・エングラーが監督を務めた。

アプリで読む