Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鈴木惣一朗&直枝政広「Soggy Cheerios」の新AL12月発売、優河ら参加

CINRA.NET

19/10/28(月) 18:05

Soggy Cheeriosのニューアルバム『iii』が、12月11日にリリースされる。

鈴木惣一朗(World Standard)と直枝政広(カーネーション)によるユニットであるSoggy Cheerios。『iii』は2013年リリースの『1959』、2015年リリースの『EELS & PEANUTS』に続く3枚目のアルバムとなる。

参加アーティストは優河、中森泰弘(ヒックスヴィル、ましまろ)、平泉光司(COUCH)、谷口雄(ex森は生きている)ら。ボーナストラックには今年5月にかもめ児童合唱団のリリース記念ライブでコラボレーションした“あたらしいともだち”の音源を収録。

アルバム発売に先駆けて、11月18日に東京・下北沢の風知空知でプレライブを開催。12月6日にはカーネーションのツアー『LIFE GOES ON』の東京公演にオープニングアクトとして出演する。

鈴木惣一朗のコメント

ソギー・チェリオスのサードアルバムが、どういう内容になるのか?ぼくと直枝くんは、あえて細かく話さなかった。けれど、ある日の電話で、直枝くんがポツリと言った。2019年の夏の気持ちを、そのまま、曲にすればいいんだよ。独り言のように言った。そして、その言葉が、ぼくのこころに強く引っかかる。互いに寄せ合った曲は、過去でも未来でもなく、紛れもなく今という時間を、ザックリと切り取ったかのよう。だからこそ、きっぱりと。ぼくは。このアルバムが、今、一番好きだ。

直枝政広のコメント

これまでの2作は、相方から与えられた歌詞を元に曲を作って歌うのがルールだったけれど、今回は完全分業制。とはいえ、デモは歌詞がついた弾き語りを原則とし、アレンジは現場でゼロから考える。それがソギー流。「今日は何が起こるのかな」と考えながらスタジオへ向かう時が楽しい。だから作業中は驚きや笑いが絶えなかった。時間さえあれば3枚組だって作ることができた。何歳になろうが物作りはやめられないし、発見だらけだし、年々良くなっている。このアルバムにはそんな喜びや確信がたくさん詰まっている。

アプリで読む