Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

山田うんが振付で初参加、Noism0&Noism1のダブルビル公演「境界」

ナタリー

Noism0 / Noism1「境界」チラシ表

Noism0 / Noism1「境界」が12月から来年1月にかけて、新潟・東京・高知で上演される。

これはNoism0とNoism1によるダブルビル公演。「Endless Opening」を振り付けるのは、Co.うんの山田うん。本作は山田にとって、外部の舞踊団に振り付ける初めての作品となる。上演に向けて山田は「2021年は『鎮魂』をテーマに作品を手掛けています。2019年に設定したシーズンテーマです。5月に『あの世とこの世の橋』をテーマに僧侶の方々との共作『Bridge』、7月に『死んだらみんなどこ行くの?』をテーマにした 子ども向けの『オバケッタ』を発表しました。今回の『Endless Opening』もその流れの中に位置しています」と語っている。

金森穣が演出振付を担当する「Near Far Here」は、距離 / 接触、此岸 / 彼岸、生 / 死、過去 / 未来、光 / 影などをキーワードにした作品だ。金森は「今私に言えるのは、現時点で語れるもの(想定可能なもの)など、創りたくない、ただそれだけである」とコメントしている。

公演は12月17日から19日まで、新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場、24日から26日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、来年1月10日に高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホールにて上演される。チケットは10月23日に一般発売スタート。

山田うんコメント

私がCo.山田うん以外の舞踊団に振付をするのは初めてです。

俳優、歌手、体操選手、または老若男女の一般市民や障がい者やダンスを学ぶ学生など、いろいろな人々 とダンスを作ったり振り付けたりする機会はありましたが、同じメソッドで鍛え上げられた舞踊家たち、いつも圧倒的 なNoismに出会う、ということは、私にとって大きな事件です。数えきれない刺激を受け、これまで出会わなかったエネルギーが生まれるでしょう。

2021年は「鎮魂」をテーマに作品を手掛けています。2019年に設定したシーズンテーマです。5月に「あの世とこの世の橋」をテーマに僧侶の方々との共作「Bridge」、7月に「死んだらみんなどこ行くの?」をテーマにした 子ども向けの「オバケッタ」を発表しました。今回の「Endless Opening」もその流れの中に位置しています。

生きていくということは毎日少しずつ死んでいくこと。夢や希望は宙吊りのまま、現実の扉はどんどん勝手に開いていくもの。私たちが今、力強くわかっていることは「わからない」ということ。何かが終わる前に聞こえてくる始まりの音。音のような風。私が気付かないうちに、私が消えていくこと。野辺に仰向けになりながら、生まれ、分断され、消えていく雲を眺めているときのような。

金森穣コメント

今此処とは何処のことか

新作のタイトルは「Near Far Here」。私なりに訳すれば「近くて、遠い、此処」ということになる。果たして此処とは何処か。それが定まらない限り、何が近くて、何が遠いのかを理解することはできない。けれど今私たちが生きているこの情報社会が(その社会を生きる私たちが)、地球の裏側の出来事を“近い事”として理解し、目の前で繰り広げられる出来事(そこに生きる人々)のことを“遠い事”、すなわち自らに関係のない物事と捉えていることに、疑問を持つ人はいないだろう。

そこに輪をかけてコロナである。「今此処」を他者と共有することは避けられ、日々感染者数に翻弄され、目に見えないウイルスに怯える日々。そうかと思うと「コロナ慣れ」。危機感を抱き続けることにも、数字に一喜一憂することにも慣れてしまう。 慣れとは生物にとって、環境適応サインであると同時に、戦い続けることへの疲弊のサインでもある。

心の疲弊によってもたらされる、何を言っても、何をしても無駄だという虚無感は、目の前の出来事にも、遠くの世界の出 来事にも、今此処であるところの自分自身についてさえも、想像する力(問う力)を奪ってしまう。そうして「私とは誰か」を問うことを止めた人々は、他者の人生に介入(それも匿名で)することによって、なんとか世界との繋がりを保持しようとする。

私とは誰のことか

「今此処」であることと切り離せない実演芸術に携わる者として、この事態をどう理解すればいいだろうか。そんなことを悶々と考えながら、バロック音楽を聴いていて感動した。そしてふと、隠れキリシタンに想いを馳せた。彼の国では音楽が信仰と切り離せなかった時代。此処日本では江戸時代=キリシタン弾圧の時代である。遠い国の信仰に魂を揺さぶられ、生まれた(近い)国の人々に弾圧された人々。その人たちの信じたもの、その志に興味を抱いた。そして今、遠い国の、遠い時代の音楽や人々に感動し、今此処にいる私とは、一体誰なのだろうかということにも。

現時点で語れるものは創りたくない

プレスリリースに必要だからと、広報から演出ノートを頼まれて書いたのが、上記の文章である。このような混沌とした自らの状態、創作に際するインスピレーションを、何とか言語化(整理)してみた。あるいは上記の問いとは別の問いが、明日にも生まれるかもしれない。今私に言えるのは、現時点で語れるもの(想定可能なもの)など、創りたくない、ただそれだけである。

Noism0 / Noism1「境界」

2021年12月17日(金)~19日(日)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

2021年12月24日(金)~26日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2022年1月10日(月・祝)
高知県 高知市文化プラザかるぽーと 大ホール

演目

「Endless Opening」
演出振付:山田うん
出演:Noism1

「Near Far Here」
演出振付:金森穣
出演:Noism0

アプリで読む