Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

地下鉄サリン事件の被害者が加害者に迫る『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』

CINRA.NET

21/1/29(金) 16:00

©2020 Good People Inc.

ドキュメンタリー映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』が3月20日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作は、1995年3月20日にオウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件の被害者であるさかはらあつし監督が、今なおオウム真理教の後続団Alephを信仰する広報部長・荒木浩と対峙するドキュメンタリー。通勤途中で被害にあったさかはら監督と荒木が共にゆかりの地を訪ね、対話を繰り返す姿が映し出される。

さかはら監督はPTSDと神経への後遺症を抱えながら考え抜いた末、「地下鉄サリン事件とオウム真理教」に向きあう決意をし、真相を伝えるため妥協しない姿勢で臨み、撮影から完成までに5年の時を費やしたという。初長編監督となる同作は『IDA(国際ドキュメンタリー協会)長編ドキュメンタリー賞』ショートリストに選出。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開された。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む