Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「WHOLE」は使命感から生まれた映画、川添ビイラル「私たちが作るしかない」

ナタリー

川添ビイラル

「WHOLE/ホール」で監督を務めた川添ビイラルのコメントが到着した。

本作は“ハーフ”と呼ばれる2人の青年、春樹と誠が出会い、葛藤を抱えながら友情を築いていく様子を描く物語。海外の大学を辞め生まれ故郷の日本にやってきた春樹にサンディー海、母親と2人で暮らす建設作業員の誠に川添ビイラルの弟である川添ウスマンが扮し、伊吹葵、菊池明明、尾崎紅、中山佳祐、松田顕生も出演した。

日本人の母とパキスタン人の父のもと、日本で生まれ育った川添ビイラル。彼は日頃からハーフの偏ったイメージに違和感を抱いていたそうで「『私たちが作るしかない』という使命感から生まれた映画です」と本作を紹介し、「ミックス・ルーツの方々の経験や葛藤を日々の日常を通して描いている」と見どころを語る。そして「ダイバーシティー(多様性)やインクルージョン(多様性の受け入れ)というテーマについて、間接的に触れているので、映画を楽しみながら、いろいろ感じ取っていただければうれしいです」とメッセージを送った。

「WHOLE/ホール」は、10月15日より東京・アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。本作は第14回大阪アジアン映画祭でJAPAN CUTS Award / スペシャル・メンションを受賞した。

(c)078

アプリで読む