Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

成田空港に到着したアーノルド・シュワルツェネッガー。

シュワルツェネッガーが日本到着、ファンサ終え「日本に来るのはいつもうれしい」

ナタリー

19/11/4(月) 19:44

「ターミネーター:ニュー・フェイト」の日本公開に先駆け、キャストのアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエスが来日した。

「ターミネーター2」の正統な続編である「ターミネーター:ニュー・フェイト」。ジェームズ・キャメロンがプロデューサーとして参加し、オリジナルキャストであるシュワルツェネッガーとハミルトンが、それぞれターミネーターT-800とサラ・コナーを演じた。

「ターミネーター」シリーズでシュワルツェネッガーとハミルトンがそろって日本でプロモーションを行うのは、今回が初めて。千葉・成田空港で約200人のファンに迎えられた4人は、大歓声を浴びながら写真撮影や握手に応じる。シュワルツェネッガーは「日本に来るのはいつもとてもうれしいよ。今まで日本には映画のプロモーションでも、プライベートの休暇としても、州知事としても来たことがある。今回もいい時間を過ごせることを楽しみにしているよ」とコメントし、空港をあとにした。

「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、11月8日より全国ロードショー。4人は明日11月5日に行われる来日記者会見、6日開催のジャパンプレミアに出席する予定だ。

(c)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

アプリで読む