Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

THE ROB CARLTON Banquet hall「STING OPERATION」より。(撮影:今西徹)

“クライムサスペンス風コメディ”にリメイク、TRC「STING OPERATION」開幕

ナタリー

19/6/28(金) 16:13

THE ROB CARLTON「STING OPERATION」が、本日6月28日に兵庫・神戸アートビレッジセンター KAVCホールで開幕する。

「STING OPERATION」は、高級ホテルのスイートルームを舞台に、おとり捜査(STING OPERATION)に臨む捜査員たちを描いた、同劇団の2014年初演作「スティング・オペレーション」を新たに作り直した作品。出演者には初演時のキャストに加え、新キャストの大石英史、御厨亮が名を連ねた。

作・演出を手がける村角太洋は、開幕に際し「これは『再演』ではありません。『リメイク』です」と前置きしつつ、「前回は『限りなくコメディに近い芝居』でしたが、今回は『限りなくクライムサスペンス風コメディに近い芝居』ということでクライムサスペンス感があるように致しました」と初演との違いについて述べた。上演時間は約1時間50分で、公演は6月30日まで。

なお本作は、関西から演劇の新しい潮流を生み出すことを目指す、KAVC舞台芸術プログラムディレクター・ウォーリー木下の新企画「KAVC FLAG COMPANY 2019 - 2020」の一環として上演される。

村角太洋コメント

これは「再演」ではありません。
「リメイク」です。
前回は「限りなくコメディに近い芝居」でしたが、今回は「限りなくクライムサスペンス風コメディに近い芝居」ということでクライムサスペンス感があるように致しました。
そのせいか、気合が入りすぎて台本が1万文字増えました。
ですが不思議なことに上演時間はそれほど変わりませんでした。
その理由はまだ解明できておりません。
「密度と腕が上がったのでないか」ということにしておきたいと思います。
皆様、ぜひ劇場にお越しください。

THE ROB CARLTON Banquet hall「STING OPERATION」

2019年6月28日(金)~30日(日)
兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール

作・演出:村角太洋
出演:村角ダイチ、満腹満、ボブ・マーサム、高阪勝之、伊勢村圭太、大石英史、御厨亮

アプリで読む