Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

松本白鸚「時平の七笑」で初役に挑む、尾上菊五郎ら出演「十月大歌舞伎」スタート

ナタリー

「十月大歌舞伎」チラシ

「十月大歌舞伎」が、昨日10月2日に東京・歌舞伎座で開幕した。

第1部には「天竺徳兵衛新噺 小平次外伝」と、舞踊「俄獅子」がラインナップ。「天竺徳兵衛新噺」は、江戸時代にインドへと渡った実在の人物・天竺徳兵衛の物語に、四世鶴屋南北の怪談話を入れ込んだ作品だ。同作では、市川猿之助が小平次とおとわの2役を勤めるほか、坂東巳之助が馬士多九郎、中村米吉が妹おまき、尾上松也が尾形十郎を演じる。また、91歳の市川寿猿も庄屋満寿兵衛役で登場。「俄獅子」では、松也、坂東新悟、市川笑也が華やかな舞を披露した。

第2部は、松本白鸚と中村歌六が出演する「天満宮菜種御供『時平の七笑』」で幕開け。劇中では、身に覚えのない謀反の疑いをかけられた菅原道真(歌六)と、藤原時平(白鸚)の物語が展開する。時平は道真をかばおうとするが、謀反のあらぬ証拠が出てきてしまい……。今回、白鸚は時平役に初役で挑み、上演には、白鸚自身のアイデアを盛り込んだ新たな演出も組み込まれている。続く「太刀盗人」では、すっぱの九郎兵衛役の尾上松緑と、田舎者万兵衛役の中村鷹之資が太刀を巡り争う、コミカルな舞踊劇が繰り広げられる。

第3部の「松竹梅湯島掛額」には、紅屋長兵衛役で尾上菊五郎、八百屋お七役で尾上右近、小姓吉三郎役で中村隼人、丁稚長太役で寺嶋眞秀、下女お杉役で中村梅花、長沼六郎役で片岡亀蔵、釜屋武兵衛役で河原崎権十郎、月和上人役で市川團蔵、母おたけ役で中村魁春が出演。本作は、叶わぬ恋に嘆くお七を助けようと、菊五郎演じる長兵衛が不思議な粉・お土砂を使って活躍する、喜劇的な「吉祥院お土砂の場」と、右近演じるお七が、文楽人形の動きをまねた“人形振り”で、その激情を表現する「火の見櫓の場」で構成されている。「六歌仙容彩『喜撰』」では、喜撰を初役で演じる中村芝翫が、祇園のお梶役の片岡孝太郎らと軽快な舞で魅せた。公演は10月27日まで。

「十月大歌舞伎」

2021年10月2日(土)~27日(水)
東京都 歌舞伎座

第1部

一、「三代猿之助四十八撰の内『天竺徳兵衛新噺 小平次外伝』」

作:四世鶴屋南北「彩入御伽草」より
脚本:奈河彰輔
補綴・演出:石川耕士
演出:市川猿翁

出演
小平次 / 女房おとわ:市川猿之助
馬士多九郎:坂東巳之助
妹おまき:中村米吉
奴磯平:市川男寅
百姓正作:嵐橘三郎
庄屋満寿兵衛:市川寿猿
尾形十郎:尾上松也

二、「俄獅子」

出演
鳶頭:尾上松也
芸者:坂東新悟
芸者:市川笑也

第2部

一、「天満宮菜種御供『時平の七笑』」

作:初代並木五瓶
補綴:今井豊茂

出演
藤原時平:松本白鸚
頭の定岡:大谷友右衛門
藤原宿祢:大谷廣太郎
三好清貫:澤村宗之助
春藤玄蕃:松本錦吾
左中弁希世:大谷桂三
判官代輝国:市川高麗蔵
菅原道真:中村歌六

二、「太刀盗人」

作:岡村柿紅

出演
すっぱの九郎兵衛:尾上松緑
田舎者万兵衛:中村鷹之資
従者藤内:尾上左近
目代丁字左衛門:坂東彦三郎

第3部

一、「松竹梅湯島掛額」

作:福森久助

出演
紅屋長兵衛:尾上菊五郎
八百屋お七:尾上右近
小姓吉三郎:中村隼人
丁稚長太:寺嶋眞秀
下女お杉:中村梅花
長沼六郎:片岡亀蔵
釜屋武兵衛:河原崎権十郎
月和上人:市川團蔵
母おたけ:中村魁春

二、「六歌仙容彩『喜撰』」

出演
喜撰法師:中村芝翫
所化:片岡亀蔵
同:中村松江
同:坂東亀蔵
同:市村竹松
同:中村玉太郎
同:市村橘太郎
同:中村吉之丞
祇園のお梶:片岡孝太郎

無断転載禁止

アプリで読む