Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『HiGH&LOW THE WORST』

リアルサウンド

19/10/4(金) 15:00

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は編集部最弱の島田が『HiGH&LOW THE WORST』をプッシュします。

『HiGH&LOW THE WORST』

 『HiGH&LOW』シリーズと不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』がクロスオーバーした本作。正直、『HiGH&LOW』シリーズには疎かった自分ですが、本作はシリーズ入門編にも打ってつけの作品と言えるのではないでしょうか?

 『HiGH&LOW THE WORST』では、各一派が覇権を競う一大戦国時代を迎えた鬼邪高校と、鳳仙学園のメンバーが、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃され、時を同じく鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件をきっかけに、ぶつかり合います。個性派揃いだが圧倒的力を持つ鬼邪高校と、一枚岩に組織化された“殺し屋”鳳仙学園。まさに頂上決戦なのです。

 鬼邪高校と鳳仙学園の双方を知っている人ほど熱くなれるのは間違いありませんが、知らなくとも各々のキャラクターの濃さに持っていかれること必至です。川村壱馬の、主役ならではの少年っぽさにきっと目を奪われますし、飄々とした雰囲気と真剣な眼差しを併せ持つことができるのは山田裕貴だからこそ。トレードマークの灰色の学ランを着用し、幹部以外は全員スキンヘッドという独自のルールがある鳳仙学園において、一人フェミニンな魅力を発揮する志尊淳は、数多の俳優が揃う本作でも孤高の存在としてミステリアスな空気を放っています。

 学園×アクションというジャンルは、ドラマや映画、漫画などのメディアで一定の地位を確立したと言えますが、『HiGH&LOW THE WORST』はその中でもアクションがとにかくズバ抜けています。拳を上げたくなるような派手さはありつつも、決してやり過ぎな感じがしないリアリティとの塩梅が絶妙です。思わず、プロテインをネットで注文しそうになります。

 また、ビジュアルの新鮮味も興味深いところ。鳳仙学園は灰色の学ランですが、鬼邪高校はそれぞれのパーソナリティーにあったカラフルなファッションが特徴的で、生徒たちの服装の着こなしを見ているだけでも、かなり楽しめます。これも『HiGH&LOW THE WORST』ならではと言えるかもしれません。

 ストーリーも家族・友情・青春……と様々なテーマが並行に描かれながらも、混線することなく、観た人各々がその時に考えていることによって、見え方や感想が変わってくると思います。リアルサウンド映画部では、評論家の方々による座談会記事も掲載しているので、是非そちらも読んでみてください(参考:『HiGH&LOW THE WORST』評論家座談会【前編】「川村壱馬くんは『高橋ヒロシ漫画』感がすごい」) 。

※高橋ヒロシの「高」はハシゴダカが正式表記。

■公開情報
『HiGH&LOW THE WORST』
全国公開中
企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭
アクション監督:大内貴仁
脚本:高橋ヒロシ/平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓
出演:
【鬼邪高校・全日制】川村壱馬、吉野北人、福山康平、鈴木昂秀、龍、佐藤流司、うえきやサトシ、神尾楓珠、中島健、前田公輝
【鬼邪高校・定時制】山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将
【鳳仙学園】志尊淳、塩野瑛久、葵揚、小柳心、荒井敦史、坂口涼太郎
【希望ヶ丘団地 幼馴染】白洲迅、中務裕太、小森隼、富田望生、矢野聖人
企画制作:HI-AX
配給  松竹
製作:『HiGH&LOW』製作委員会
(c)2019 高橋ヒロシ(秋田書店) /「HiGH&LOW」製作委員会

アプリで読む