Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「土曜プレミアム『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』」に出演する(左から)バナナマン設楽、川口春奈、石橋貴明、吉沢亮、バナナマン日村。(c)フジテレビ

石橋貴明「またすごい新人が現れた」細かすぎるモノマネをバナナマンと賞賛

ナタリー

19/12/11(水) 5:00

今週12月14日(土)に「土曜プレミアム『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』」(フジテレビ・関西テレビ系)が放送され、石橋貴明とバナナマンが出演するほか、多くの芸人が「細かすぎて伝わらないモノマネ」を披露する。

昨年11月、装いも新たに放送された「細かすぎて伝わらないモノマネ」が今年も登場。このたび出場するのは、博多華丸、次長課長・河本、レイザーラモンRG、チョコレートプラネット松尾、阿佐ヶ谷姉妹ら総勢約59組だ。石橋とバナナマン、川口春奈、吉沢亮が見つめる中でモノマネを繰り出し、優勝の栄冠を勝ち取るのは果たして常連組かニューカマーか。

先日都内スタジオで行われた収録後、石橋は「またすごい新人が現れた」、バナナマン設楽は「新旧織り交ぜて、ずっと盛り上がった大会」、日村は「“細かすぎて伝わってる”と思いますよ!」とそれぞれ賞賛。この番組の特色について聞かれると、石橋が「モノマネの切り取り方。本来ならウケないようなところをやるけど、自分では『ここが面白い』という」と話したあと、「出る人としゃべれない」という設楽の話を受けて「優勝者インタビューもできない潔さ」と基本的に出場芸人とのやりとりがないことを挙げた。

ちなみに設楽から「モノマネで貴さんが憧れたのは?」と聞かれた石橋は「衝撃的だったのはコロッケ。当時は形態模写だけだった。『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ)でほぼ同期」と振り返る。昭和のネタから最新ニュースまでが細かすぎるモノマネの題材となり、設楽が「昭和のネタは、やってる本人もそんなに知らないと思う(笑)」と言うほど幅広いネタの数々を、石橋やバナナマンの反応と併せて楽しもう。

土曜プレミアム「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」

フジテレビ・関西テレビ系 2019年12月14日(土)21:30~23:40
<出演者>
石橋貴明 / バナナマン / 川口春奈 / 吉沢亮
出場芸人:博多華丸 / 次長課長・河本 / エハラマサヒロ / レイザーラモンRG / チョコレートプラネット松尾 / 阿佐ヶ谷姉妹 / キンタロー。 / 山本高広 ほか
※サッカー中継延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。

アプリで読む