Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ミュージカル「アナスタシア」仮チラシ

ミュージカル「アナスタシア」上演決定、W主演に葵わかな&木下晴香

ナタリー

19/7/1(月) 10:29

ミュージカル「アナスタシア」の上演が決定した。来年2020年3月に東京・東急シアターオーブ、4月に大阪・梅田芸術劇場 メインホールで公演が行われる。

本作は、1998年公開のアニメ映画「アナスタシア」から着想を得て制作された新作ミュージカル。17年から19年にかけアメリカ・ニューヨークのブロードウェイで上演され、その後もスペイン、ドイツなどで上演が重ねられている。

本国のクリエイティブスタッフが集結する今回は、主演のアーニャ役に葵わかなと木下晴香がキャスティングされた。

出演に向けて葵は「ブロードウェイからいらっしゃるクリエイティブチームの皆さんと、海外作品ならではのダイナミックさを作りながら、日本にしかない繊細さをプラスしていけたらと思います」、木下は「日本初演の舞台に参加させていただくのは初めてで、今までと少し違うワクワクと緊張がありますが、素晴らしいクリエイティブチームの皆さん・キャストの皆さんと、この作品にもっと深く触れる日々をとても楽しみにしています」と意気込みを語っている。

チケットの先行予約の案内は、9月13日まで受け付け中だ。

葵わかなコメント

日本初演、アジア初演のこの作品に携わることが出来てとても光栄です。アーニャは力強い美しさを持った女性です。
記憶がないという孤独の中で、夢と希望を持って愛を探す冒険に出ます。楽曲、衣装、舞台装置、どれもお話の世界観を感じるとても素敵なものです。ブロードウェイからいらっしゃるクリエイティブチームの皆さんと、海外作品ならではのダイナミックさを作りながら、日本にしかない繊細さをプラスしていけたらと思います。「アナスタシア」を通して皆様にお伝えできるものがありますように。

木下晴香コメント

楽曲を聴いて心奪われたのが、この作品との最初の出会いでした。それから作品を知れば知るほど魅了されている今、こうしてアーニャを演じる機会を頂けたこと、本当に嬉しいです。日本初演の舞台に参加させていただくのは初めてで、今までと少し違うワクワクと緊張がありますが、素晴らしいクリエイティブチームの皆さん・キャストの皆さんと、この作品にもっと深く触れる日々をとても楽しみにしています。この作品は、アーニャの人生を軸として、成長や家族、恋心、信じるもの……その輝きや温もりに気づける魅力が詰まった作品です。素晴らしい舞台をお届けできるよう、全力で努めます。よろしくお願い致します!

ミュージカル「アナスタシア」

2020年3月
東京都 東急シアターオーブ

2020年4月
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

脚本:テレンス・マクナリー
音楽:ステファン・フラハティ
作詞:リン・アレンス
振付:ペギー・ヒッキー
演出:ダルコ・トレスニャク
出演:葵わかな、木下晴香 ほか

アプリで読む