Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

クロエ・グレース・モレッツが“釣られた”と知る重要シーンが 『グレタ GRETA』本編映像公開

リアルサウンド

19/11/7(木) 16:00

 11月8日に公開される映画『グレタ GRETA』より、本編映像が公開された。

参考:映像はこちらから

 イザベル・ユペールとクロエ・グレース・モレッツが初共演にしてW主演を果たす本作は、『クライング・ゲーム』のニール・ジョーダンが監督を務めたスリラー。ニューヨークの高級レストランでウェイトレスとして働くフランシス(クロエ・グレース・モレッツ)は、帰宅中の地下鉄の座席に誰かが置き忘れたバッグを見つける。持ち主は、都会の片隅にひっそりと孤独に暮らす未亡人グレタ(イザベル・ユペール)。彼女の家までバッグを届けたフランシスは、彼女に亡き母への愛情を重ね、年の離れた友人として親密に付き合うようになる。しかしその絆は、やがてストーカーのようなつきまといへと発展し、フランシスは友人のエリカ(マイカ・モンロー)とともに恐ろしい出来事に巻き込まれていく。

 このたび公開された本編映像は、グレタの家に訪れたフランシスが、自分が届けたものと同じ大量のバッグを見つけるシーン。バッグを持ち主に届けたフランシスの善意は裏切られたどころか、自分をひっかけるための“釣り餌”だったことを知る。

 モレッツにとってこの場面は特に思い入れの強いシーンだという。その理由として、モレッツは「裏切られていたことを悟るだけじゃなく、グレタが実は恐ろしい人間だったと知り、傷つくだけでなく恐怖すら覚える瞬間なの。そこにあるのは利用されていた悲しみや、何かを奪われたという感覚よ」とコメントを寄せている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む