Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

指揮者 大友直人が明かす、羽田健太郎作『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』の誕生秘話

リアルサウンド

19/5/9(木) 13:00

 国民的人気アニメ『宇宙戦艦ヤマト』のテーマモチーフ(作曲:宮川泰)を用い、天才作編曲家・ピアニストの“ハネケン”こと羽田健太郎が35歳で完成させた唯一のシンフォニー『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』の最新ライブ盤が発売された。

 『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』は、1984年5月4日にNHK交響楽団×大友直人指揮にて初演され、LP/CDでリリース。今作が音源化されるのは、2009年のセッション録音盤を経て、2019年の羽田健太郎生誕70周年を記念して約10年ぶりのこと。

 羽田健太郎が35歳で作曲した唯一の交響曲を初演時から指揮し続け、スコアの隅々まで読み解いて知り尽くしているマエストロ・大友直人に、20世紀・名交響曲のひとつの誕生にまつわる物語を聞いた。(東端哲也)

「『宇宙戦艦ヤマト』はあり得ないような豪華なプロダクション」

――穏健で温かみのある雰囲気の中にも、作品の本質を見出そうとする鋭い姿勢と威厳が滲み出ている……指揮者として大友さんの佇まいは、まさに“艦長”といったところですね。

大友直人(以下、大友):それはたいへん光栄です(笑)。

――でも、この『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』を(今は無き)五反田簡易保険ホールにてNHK交響楽団(以下、N響)の演奏で初演された1984年当時は、まだ20代の半ばぐらいだったとか……。

大友:そうです、デビュー間もない、駆け出しの頃ですね。自分が『ヤマト』の音楽に関わったのは1983年公開の映画『宇宙戦艦ヤマト 完結編』(劇場用・第4作目)から。『完結編』は今、思い返してみても、あり得ないような豪華なプロダクションでした。あれは西﨑(※このアニメの生みの親である西﨑義展プロデューサー)さんが、もう全エネルギーを注ぎ込んで、最終作のつもりで完成させた総決算映画。その後、長いブランクを経て2009年に『復活篇』というのがありましたが、彼がまだ健康で栄華を極めていた時代の、最後の金字塔だったんじゃないかと思います。

――今でこそ、ベルリン・フィルやウィーン・フィルのようなクラシックの世界的な名門オーケストラも、ジョン・ウィリアムズ作曲の『スター・ウォーズ』の音楽を演奏会でとりあげていますが、あの時代、日本が誇るN響がアニメ(※当時はまだテレビまんが、まんが映画と呼んでいた)の音楽を演奏するのはすごく画期的なことだったのではないでしょうか?

大友:おっしゃる通り、まさに前代未聞でした。でもそれが可能になったのには理由があって、実は劇場版『ヤマト』サントラのレコーディングの現場には、かなり多くのコアなN響のプレイヤーが参加していたんです。弦楽器のセクションなどもほとんどがN響の人でしたよ。ですからすでにそのメンバーたちと西﨑さんの間には強い信頼関係というか絆があって、むしろ彼らが積極的に動いて、事務局などを説得して実現したことは間違いないと思います。とにかく、西﨑さんという人はプロダクションを牽引する、ある種“怪物”のようなものすごい圧倒的なパワーを持っていて、周りの人間がみんなその情熱に惹き込まれるというか、振り回されていましたから。

――『宇宙戦艦ヤマト』は、日本のアニメーション史に偉大な礎を築いた画期的なシリーズで、その後の“アニメブーム”の先駆けであったわけですが、大友さんが『ヤマト』の音楽に関わるようになったきっかけを教えて下さい。

大友:私は世代的に“アニメファン”ではなかったのですが、『ヤマト』の音楽、特にメインテーマは大人も子どもも、あの頃の日本人ならみんな知っていて、頻繁に耳にしていました。レコーディングに関わるようになったのは、前述のように当時のクラシックシーンをリードしているような演奏家たちの多くがこのプロダクションに参加していて、「フルオケ(フルオーケストラ)でやってるから、指揮をしてみないか」と声をかけてもらったのがきっかけだったと記憶しています。もちろん現場にはポピュラーミュージックのミュージシャンたちも沢山いました。私自身も学生時代からポップス系の仕事をクラシックと並行してやらせていただいていて、ピアニストとして活躍されていた羽田健太郎さんとも、そちらの方面のスタジオでお会いしたのが最初でした。

――『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』プロジェクトの話を最初に耳にしたのは?

大友:恐らく、映画『完結編』が完成したあたりから西﨑さんの掛け声で動き出したと思います。西﨑さんはクラシックの愛好家でしたし、音楽に対してもの凄いこだわりのある方で、その熱意も半端じゃなかった。『ヤマト』の音楽をいわゆるBGM集というか、サントラアルバムとして残すだけでは不十分だと考えていて、何か別のアプローチを模索していた。その発想から、具体的にはフルオーケストラのための(4楽章形式を持つクラシックの)交響曲のような作品を作りたいという結論に至ったのではないでしょうか。

「羽田さんは基本的に凄く几帳面な方だった」

――『ヤマト』の音楽は1974年放送のテレビ第1シリーズ以来一貫して、ザ・ピーナッツなどのヒット曲で知られ、和製ポップスの開拓者のひとりである巨匠・作曲家の宮川泰さんが手掛けていて、羽田さんは劇場版第2弾『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年8月公開)のLPレコードから、ピアニストとして録音に加わり、映画『完結編』は宮川さんと共作で正式な音楽担当に起用されたと聞いております。『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』は、この二人のコラボレーション作品ともいうべき、交響曲としては非常にユニークなものですね。

大友:確かにかなり特殊なバックグラウンドを持っていますが、この作品に関しては、やはり羽田健太郎さんの書いた交響曲と言って差し支えないものと思います。宮川さんと羽田さんは本当に仲がよかったですね。もちろん世代的には宮川さんの方が大先輩ですが、同業者としても音楽家としても、心からお互いを尊敬し合っているのがよくわかりました。私は宮川さんが「N響を使って演奏するようなシンフォニーを書くのはやはり自分には難しい。だから、音楽大学でクラシックの勉強をした羽田さんにお願いしたかった」とおっしゃっていたのを実際に何度も耳にしています。それと西﨑さんの意気込みもあって、羽田さんが大抜擢されたのだと思います。

――当時、羽田さんは他の仕事を全て断り、作曲に半年以上を費やして書き上げられたと聞いております。

大友:それはもう、大変なプレッシャーだったと思いますよ。羽田さんは基本的に凄く几帳面な方で「とにかく僕は、毎日コツコツ作曲やらないとだめなタイプなんだよ。だからカレンダーを作って日割りして、この日はここまでって計画たてて書いてるんだよね……」っておっしゃっていた。なので、この作品は宮川さんの書いたモチーフを使用しつつも、隅から隅までどの小節も羽田さんの努力の結晶だと言い切れます。

――クラシックの作曲家はモーツァルトにしてもベートーヴェンにしても殆どが大昔の人ですから、同時代で存命のコンポーザーと一緒に作品を世に送り出す経験って、指揮者としては特別のことですね。

大友:本当にそう。いちばんやりがいのある仕事です。しかもそれが初演以降も折りに触れて演奏され続けて、今回こうして新しい録音もリリースされるというのはこの上なく幸せなことです。

「クラシックの閉塞感に風穴を開ける作品になってほしい」

――初演はNHK交響楽団と。その後、2009年に劇場版第5弾『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』公開に先立ち、東京交響楽団の定期演奏会で25年ぶりの再演。また日本フィルハーモニー(以下、日フィル)によるセッション録音も行われました。それら全てを大友さんが指揮されています。

大友:といっても実際に演奏された回数は多くはない。できれば一刻も早く、私以外の指揮者で、海外も含めていろんな場所でオーケストラのレパートリーとしてとりあげて欲しい。それだけの魅力とクオリティを持った作品ですから。

――初演では羽田さん本人がピアノで参加していたので、第4楽章のピアノ譜は(自分で演奏するのを前提としていて)細かく書かれていなかったというのも、同時代のコンポーザーピアニストによる作品ならではのエピソードですね。そのため、2007年に羽田さんが亡くなられた後は、初演時の音源と映像からピアノパートを採譜したとか?

大友:そうなんですよ。ただ2009年の日フィルによるセッション録音でもそうやって採譜したものを横山(幸雄)さんに演奏してもらったのですが、実際にはかなり横山さんのアドリブが入っているのがわかります……それも、羽田さん風の。オマージュを捧げていて本当に指の回し方とかそっくりなんです。ただ、横山さんの方が速い(笑)。

――では、スコアの隅々まで読み解いて、この曲を知り尽くしている大友さんから見た『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』の魅力とは何でしょう?

大友:それは羽田さん自身が若い頃からずっと持っておられた信念でもあると思うのですが、素晴らしい音楽というものは、いつも聴く人の心を捉え、揺り動かすものであるということに尽きます。この作品を指揮していて毎回思うのは、斬新さとか現代性とかを超越したところから、音楽の魅力が立ち昇って来るという点です。もともとは1970年代のアニメ作品から生まれた作品ですが、それを全く知らない世代が触れても、そこから十分いろんなものを感じとることができる。

――今回リリースされたばかりの新しいCDは、2017年に完全な形で発見された直筆スコアをもとに、2018年8月25日に行われたミューザ川崎シンフォニーホールでの、東京交響楽団(東響)のコンサート『名曲全集』に組み込まれた演奏をライブ録音したものですね。当日のプログラムにはモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」などもあり、この楽曲が『ヤマト』音楽の特集ではなくクラシック作品として扱われていたことも印象的です。

大友:時間に淘汰されてなおレパートリーとして弾き継がれている、という意味では、歴史の長さは圧倒的に違いますがモーツァルトの交響曲と同じということなのです。この作品に対して、何かしらのストレスを感じるプレイヤーは恐らく誰もいないと思いますよ。リハーサルからすっと音楽の中に入っていくことができるはずです。

――ソリストも2009年のセッション録音と同じ最強メンバーが、9年の歳月を経てパワーアップして再集結しています。現在のオペラ界で輝かしいキャリアを重ねつつあるソプラノの小林沙羅が慈愛をたたえた歌声を披露する第3楽章、共に人気ソリストである大谷康子(ヴァイオリン)×横山幸雄(ピアノ)の二人が絶妙な掛け合いを繰り広げる第4楽章は特に必聴です!  東響のホームグラウンドでもある会場は終演後にブラボーの嵐となり、6分にも及ぶ惜しみない拍手が続いたそうですね。

大友:第1級のソリストたちによる熱量の高い演奏になりました。これだけのメンバーを集めるのは難しいとは思いますが、私としてはぜひ、いろんな団体がこの曲に挑戦してくれることを願っています。特に東京だけでなく全国から、そして海外からも!

――今や日本のサブカルチャーとしてのアニメは世界的なブームですから、期待は高まります。

大友:それに先ほども言ったように、クラシック作品として普遍性をもって海外でも通用すると思います。実際、2009年に東京芸術劇場で25年振りに再演した時には、パリのオーケストラで首席ヴィオラ奏者を務めているフランス人の友人にも非常に好評でしたし、沖縄の琉球交響楽団で演奏した時には、国際交流でハワイのオーケストラから来ていたホルン奏者の女性も「いい曲だから、ハワイでも演奏したい」と気に入ってくれていました。クラシックの世界はどこも閉じこもりがちな傾向があるので、この作品がその閉塞感に風穴をあける存在になってくれたら嬉しいです。

――最後に、ひとつだけお聞きしたいことが……今回のライブ録音では第4楽章が初めて、羽田さんの直筆スコア通りのオリジナルエンディング版が採用されたということですが。初演で同楽章が西﨑プロデューサーの強いリクエストによって変更が加えられたいきさつについて教えて下さい。

大友:それが実に西﨑さんらしいエピソードなのですが、リハーサル演奏が終わった後で、彼が「どうしても締めが物足りないのが気になる、最後にもう1回だけヤマトらしいテーマを入れたい」と言い出して、それに羽田さんが譲歩したかたちで、その場で変更が加えられたという、いきさつです。普通ならあり得ない話ですが、あの場には有無を言わさない雰囲気があった。いろんな意味で凄い人でした……羽田さんも宮川さんもそうでしたが。3人ともすでに亡くなられて久しいですが、そんな凄い皆さんが活力に満ち、本当に輝いていたのがあの時代でした。彼らが音楽に託した夢と希望と、途方もないエネルギーを、このCDから皆さんが感じとっていただけたら幸いです。

(取材・文=東端哲也/写真=林直幸)

■リリース情報
『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』〔UHQCD〕
テーマ・モチーフ:宮川 泰/羽田健太郎
¥3,000+税
大友直人 指揮/東京交響楽団
大谷康子(ヴァイオリン) 横山幸雄(ピアノ))小林沙羅(ヴォカリーズ)
録音:2018年8月25日 ミューザ川崎シンフォニーホール
配信情報はこちら

<収録曲>
1.羽田健太郎:交響曲 宇宙戦艦ヤマト
第一楽章 誕生
2.羽田健太郎:交響曲 宇宙戦艦ヤマト
第二楽章 闘い 〈スケルツォ〉
3.羽田健太郎:交響曲 宇宙戦艦ヤマト
第三楽章 祈り 〈アダージョ〉
4.羽田健太郎:交響曲 宇宙戦艦ヤマト
第四楽章 明日への希望 〈ドッペルコンチェルト〉

■イベント情報
羽田健太郎作曲『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』配信記念!“イベント限定サラウンド音源”試聴イベント

羽田健太郎作曲『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』のハイレゾ配信を記念して、今後発売未定の“5.0chサラウンド版『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』”の試聴会を実施。スペシャルトークゲストとして指揮者の大友直人氏が参加。e-onkyo musicにて『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』をご購入頂いた方の中から、抽選で25名様を招待します。

スペシャルトークゲスト:大友直人(指揮者)
日程:2019年6月16日(日)
時間:13:00 開場 13:30 開演 15:00終演予定 (多少前後する可能性があります)
場所:都内某所(詳細はご当選連絡時にお知らせいたします)
参加費:無料 (※すでにご購入頂いている方も対象となります。)
応募期間: 5月15日(水)まで
応募方法:詳細はこちらから
※当選された方には、2019年5月16日以降にメールにてお知らせいたします。
※サイン会はございません

『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』特設サイト

アプリで読む