Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「VIDEOPHOBIA」は代表作になった、監督の宮崎大祐がWeb番組で語る

ナタリー

20/12/26(土) 10:00

左から宮崎大祐、MCを務めたライターの折田侑駿。

「VIDEOPHOBIA」の監督を務めた宮崎大祐がWeb番組「活弁シネマ倶楽部」に出演。現在、同番組がYouTubeで公開されている。

「VIDEOPHOBIA」は大阪・鶴橋を舞台にモノクロで撮り上げた“サイバースリラー”。自身の情事と思われる映像がネット上で拡散していくことで、徐々に精神を失調する29歳の女性・愛の姿を描く。番組で宮崎は、大きな反響を呼んでいる本作について「現時点での自分の代表作になったかなと。これからの作品でもっと広がりを生み出すことができる、その礎が築けたように思います」とコメント。そして「わりと今、『アングスト/不安』だとか、得も言われぬ“不安を煽る系の映画”が世の中的には受け入れられている感じがあって。そういった文脈で本作も受け入れられたのかなと」と分析した。

(c)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む